background4

鶏肉のカロリー・糖質は?ミラクル効果で効果的にダイエットする方法

鶏肉というと、ヘルシーで低カロリーというイメージを持たれがちですが、実は高カロリーです。しかし、低糖質な上にダイエット効果も豊富で、食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、鶏肉の部位別のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな鶏肉でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2wKtfwJ

鶏肉というと、焼き鳥やフライドチキン、照り焼き、トマト煮など様々な調理法があり、食べる機会が多い食材です。

大根やなす、ピーマンなど、多くの食材との相性も良く、食卓の定番というご家庭も多いかもしれません。

そんな鶏肉ですが、高カロリーでダイエットには向いていないと思われがちですが、低糖質な上にダイエット効果も豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、鶏肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエットにおける注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

鶏肉のカロリーは?

http://bit.ly/2vNVzRR

鶏肉の部位別のカロリー(100gあたり)

  • もも:約200kcal
  • 胸:約191kcal
  • ささみ:約105kcal
  • せせり:約215kcal
  • 皮:約497kcal
  • 手羽元:約197kcal

鶏肉は部位によってカロリーに差はありますが、全体的に見て、高カロリーと言うことができます。

鶏肉を使用した料理のカロリー(100gあたり)

  • 鶏の唐揚げ:約290kcal
  • 鶏の照り焼き:約200kcal
  • チキンソテー:約277kcal

鶏肉以外の食べ物のカロリー(100gaあたり)

  • 牛もも:約246kcal
  • 牛ロース:約411kcal
  • 牛バラ:約517kcal
  • 牛ヒレ:約223kcal
  • 豚もも:約183kcal
  • 豚ロース:約263kcal
  • 豚ヒレ:約115kcal

このように比較してみると、鶏肉のカロリーは低いように見えますが、あくまでも高カロリーな肉類の中で比較した場合の話であり、全食品で比較すると十分高カロリーと言うことができます。

さらに、調理法ではより高カロリーになってしまうので、食べ方に注意が必要なのです。

鶏肉の糖質量は?

http://bit.ly/2wKiafa

鶏肉の部位別の糖質量(100gあたり)

  • もも:約0.1g
  • 胸:約0.1g
  • ささみ:約0.1g
  • せせり:約0.1g
  • 皮:約0.1g
  • 手羽元:0g

このように、鶏肉は非常に低糖質な食べ物なので、糖質制限ダイエットに向いている食べ物なのです。

鶏肉以外の食べ物の糖質量(100gaあたり)

  • 牛もも:0g
  • 牛ロース:約0.2g
  • 牛バラ:約0.1g
  • 牛ヒレ:約0.6g
  • 豚もも:約0.1g
  • 豚ロース:約0.1g
  • 豚ヒレ:約0.1g

このように比較しても、鶏肉の糖質は低いと言うことができます。

低糖質と言われている肉類の中でも、特に低糖質な鶏肉は、低糖質ということで、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、カロリーは高いので、注意するようにしましょう。

鶏肉に含まれるダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2wJuyvL

タンパク質が基礎代謝をアップして痩せやすい体を作ってくれる

鶏肉には、「タンパク質」という成分が豊富に含まれています。

このタンパク質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、良質な筋肉作りをサポートしてくれる成分です。

「筋肉=体重が増える」というイメージをお持ちの方も多く、ダイエット中は筋肉をつけることは避けられがちなのですが、筋肉には体の基礎代謝をアップしてくれる働きがあるため、1日の消費カロリーを多くすることができるので、痩せやすくしてくれるのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

鶏肉には、「ビタミンB1」という成分が豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な成分なのです。

本来、食べ物や飲み物から糖質を摂取すると、体内の血糖値が上昇します。

この血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、インスリンの働きによって血糖値は下がるのですが、インスリンには糖質を体脂肪に変え、太らせる働きもあるため、肥満の原因になります。

普段からビタミンB1を摂取していることで、この糖質の代謝をしてくれるので、太りにくくしてくれます。

イミダゾールペプチドも基礎代謝を高めてくれる

鶏肉には、「イミダゾールペプチド」という成分も豊富に含まれています。

このイミダゾールペプチドには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあると言われており、ダイエットに役立ってくれます。

私たちの体は、活性酸素という物質によって日々傷つけられ、老化しています。

体が老化すると、働きが鈍くなり、その結果基礎代謝が落ち、痩せにくくなります。

そこで、若返り効果のあるイミダゾールペプチドを摂取することで、活性酸素を撃退してくれるので、体が若がえり、基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができるのです。

ダイエット中に鶏肉を食べる際の注意点・デメリット

http://bit.ly/2vNArep

味が淡白で、味付けを濃くしがち

ダイエット中に鶏肉を食べる際の注意点として、味付けが濃くなりがちという点が挙げられます。

鶏肉は比較的淡白な味わいなので、ついつい濃い味付けにしてしまいがちですが、味付けを濃くするとカロリーや糖質が自ずと上がってくるため、太りやすくなってしまいます。

揚げる調理法はNG

ダイエット中に鶏肉を食べる際の注意点・デメリットとして、揚げる調理法は高カロリーで太りやすいとう点も挙げられます。

唐揚げやチキンカツなどの、油で揚げる調理法は鶏肉がより高カロリーになってしまう原因になるので、ダイエット中はできるだけ、避けるようにしましょう。

鶏肉のダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2w2e68F

皮を取って食べるとカロリーをカットできる

鶏肉のダイエット効果を高める食べ方として、皮を取って食べる方法がおすすめです。

  • 皮ありの鶏胸肉100gあたりのカロリー:約191kcal
  • 皮なしの鶏胸肉100gあたりのカロリー:約108kcal

胸肉を例に比較してみると、このように皮があるだけでかなりのカロリー量が加わるということがわかります。

ダイエット中は皮を取って食べてあげると、カロリーをカットすることができ、ダイエット効果が高まるのです。

塩味の焼き鳥で食べる

鶏肉のダイエット効果を高めるレシピとして、塩味の焼き鳥で食べる方法がおすすめです。

焼き鳥にすることで、カロリーを最大限に抑えることができますし、網の上で焼くことで、余分な脂を落とすことができ、さらにカロリーを抑えることができるのです。

ただし、タレは高カロリーなので、塩で食べるようにしましょう。

ささみがおすすめ

先ほど、鶏肉の部位別のカロリーを紹介しましたが、ささみが一番低カロリーな部位でした。

そのため、ダイエット中はささみを選んで食べてあげると、より痩せやすくなると言われています。

ささみは、様々な料理との相性も抜群なので、おすすめです。

高カロリーな鶏肉でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

鶏肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める方法などについて紹介しました。

鶏肉は肉類の中では低カロリーで、ヘルシーなイメージがありますが、あくまでも高カロリーな肉類の中で比較した時の話であり、全食品で比較すると、十分高カロリーと言うことができます。

ただし、鶏肉は低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれているので、食べ方さえ間違えなければ痩せることも可能なのです。

ダイエット中に鶏肉を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「皮を取って食べる」、「塩味の焼き鳥で食べる」、「ささみの部位を選ぶ」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集