taRvnnWH8jqXnon

レバーのカロリーは?ミラクルダイエット効果と注意したい太る食べ方

高カロリーなイメージがある肉類ですが、レバーは低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富でダイエット向きの食材です。しかし、太る要素もあるので、食べ方次第では太ってしまいます。今回は、レバーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリー・低糖質なレバーでも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2gu5661

レバーというと、肝臓の部位のことを指し、そのまま刺身で食べたり、焼いたり、炒めたり、煮たり様々な食べ方がある食材です。

そんなレバーは、低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエットに効果的と言われていますが、太る要素もあり、食べ方次第では太ってしまうことにも繋がります。

レバーは、その栄養の豊富さから、ダイエットだけでなく、健康や美容にも効果があると言われており、積極的に摂取したい食べ物です。

今回は、レバーの種類別のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

レバーのカロリーは?

http://bit.ly/2vCmTSJ

レバーの種類別のカロリー(100gあたり)

  • 鶏レバー:約111kcal
  • 牛レバー:約132kcal
  • 豚レバー:約128kcal

レバーの種類別のカロリーを紹介しました。

種類によって差があり、鶏レバーが一番低カロリーと言うことができます。

レバー以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 鶏ささみ:約105kcal
  • 鶏もも肉:約200kcal
  • 鶏胸肉:約191kcal
  • 牛ロース:約468kcal
  • 牛ヒレ:約223kcal
  • 牛もも:約246kcal
  • 豚ロース:約263kcal
  • 豚もも:約183kcal
  • 豚ヒレ:約115kcal
  • 豚ばら:約386kcal

このように比較してみても、レバーのカロリーが低いということがわかります。

ただし、調理法や味付けなどによっては、高カロリーになってしまうこともあるので、注意するようにしましょう。

レバーの糖質量は?

http://bit.ly/2wujaFB

レバーの種類別の糖質量(100gあたり)

  • 鶏レバー:約0.6g
  • 牛レバー:約3.7g
  • 豚レバー:約2.5g

レバー以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 鶏ささみ:0g
  • 鶏もも肉:0g
  • 鶏胸肉:0g
  • 牛ロース:約0.2g
  • 牛ヒレ:約0.6g
  • 牛もも:約0.4g
  • 豚ロース:約0.2g
  • 豚もも:約0.2g
  • 豚ヒレ:約0.2g
  • 豚ばら:約0.1g

このように比較すると、レバーの糖質量は高いように思われがちですが、肉類自体の糖質量は非常に低いと言われており、その中で比較した場合の話です。

レバーの糖質量は全食品で比較すると、十分低糖質と言うことができるのです。

レバーに含まれるダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vVUkel

鉄分が基礎代謝を高めてくれる

レバーには、「鉄分」という成分が豊富に含まれていると言われています。

鉄分というと、貧血に予防・解消効果が真っ先に思い浮かびますが、実はダイエット効果もある成分なのです。

鉄分には、血液中の酸素量を増やす働きがあると言われており、血液中の酸素量が増えることで、体の細胞や器官まで酸素が行き渡りやすくなるため、その結果体の働きが活発になり、基礎代謝がアップします。

基礎代謝がアップすることで、1日における消費カロリーを多くすることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

カルニチンが脂肪燃焼を促してくれる

レバーには、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体脂肪の素である脂肪酸を筋肉組織(ミトコンドリア)に届けてくれる働きがあり、そこで燃焼されるため、脂肪燃焼効果があります。

カルニチンを摂取するだけで、なかなか解消することができない体脂肪を効率良く燃焼することができるので、おすすめの成分です。

ビタミンB2が糖質の代謝を促してくれる

レバーには、「ビタミンB2」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB2には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果を発揮してくれます。

本来、食べ物や飲み物から糖質を摂取すると、体内の血糖値が上昇します。

この血糖値を下げようと、膵臓から「インスリン」というホルモンが分泌され、インスリンの働きによって血糖値は下がるのですが、インスリンには体に脂肪を蓄える働きもあるため、太りやすくなってしまいます。

そこで、ビタミンB2を摂取していることで、その糖質を脂肪になる前に代謝してくれるので、肥満になりにくくすることができるのです。

ダイエット中にレバーを食べる際の注意点・デメリット

http://bit.ly/2wuDgzC

レバーがコレステロールが高い食べ物

レバーは低カロリー・低糖質な食べ物ですが、コレステロールが高い食べ物と言われています。

レバーはコレステロールが高いので、食べ過ぎてしまうと、体内のコレステロール値が高くなり、その結果中性脂肪が増え、肥満の原因となってしまいます。

また、コレステロール値が高くなると、肥満だけでなく、様々な病気のリスクを高める原因となってしまうので、食べ過ぎに注意するようにしましょう。

お腹を壊しやすい

レバーは肉類の中でも、ホルモンという内臓の部位なので、お腹を壊しやすい食べ物でもあります。

特にレバ刺しなど、生で食べる食べ方は特にお腹を壊しやすくなってしまいます。

お腹を壊すと下痢をしてしまい、下痢をすることで、太りやすい体を招くことに繋がるので、注意するようにしましょう。

レバーのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2eRBYFA

鶏レバーがおすすめ

レバーのダイエット効果をた高める食べ方として、鶏・牛・豚の中でも鶏レバーを選ぶ方法がおすすめです。

なぜ、牛や豚よりも鶏のレバーが良いかというと、鶏レバーはカロリーが牛や豚よりも低いからです。

どのレバーも低カロリーですが、鶏レバーを選ぶことで特にカロリーを抑えることができるので、ダイエットに効果的なのです。

焼いて食べるのがおすすめ

レバーのダイエット効果を高める食べ方として、焼いて食べる方法がおすすめです。

レバーには、焼く調理法以外にも、煮たり、炒めたり、たくさんの調理法があるのですが、レバーは焼く調理法にすることで、他の調理法よりもカロリーを抑えることができるので、焼いて食べることをおすすめします。

ただし、その際のタレや塩の量には注意するようにしましょう。

タレには多くのカロリーが含まれていますし、塩には食欲を増進してしまう働きがあるので、タレや塩の摂り過ぎには注意するようにしましょう。

低カロリー・低糖質なレバーでも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2kc6n3b

レバーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、レバーは低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれているので、ダイエットに効果的な食材です。

しかし、そんなレバーにも太る要素があるので、食べ方次第では太る原因になるので注意するようにしましょう。

ダイエット中にレバーを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「鶏レバー選ぶ」、「焼いて食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集