img-products

ごまのカロリー・糖質は?意外な数値と痩せる食べ方・太る食べ方

ごまは、低カロリー・低糖質なイメージを持たれることが多いのですが、実は高カロリー・高糖質です。しかし、ごまにはダイエット効果が豊富にあり、食べ方次第では痩せることも可能です。今回はごまのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胡麻(ごま)は意外にも高カロリー・高糖質な食べ物

http://bit.ly/2vDKe2o

ゴマといえば、栄養素が豊富に含まれており、ダイエットだけでなく、健康や美容にも良いと注目されており、サプリなどにも使用されているほど効果が高い食材です。

ダイエット効果もあるごまは、低カロリー・低糖質なイメージを持たれがちですが、実は高カロリー・高糖質な食べ物なので、食べ方を間違えてしまうと太る原因になってしまうのです。

今回は、ごまのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ごまのカロリーは?

http://bit.ly/2wIyCiB

ごまには、黒ごまや白ごま、金ごまなどの種類がありますが、カロリー自体に差はほとんどなく、100gあたり「約578kcal」で、大さじ1杯あたりに換算すると「約52kcal」と非常に高カロリーです。

ごまの加工品のカロリー(100gあたり)

  • 炒りごま:約599kcal
  • 練りごま:約699kcal
  • すりごま:約578kcal
  • ごま油:約921kcal

このように見てみると、ごまのカロリーは高いということがわかります。

一度に100gのごまを食べることはなかなかないですが、少量でもかなり高いカロリーになってしまいます。

ごまはご飯やおかずなどに振りかけて食べることも多いですが、気軽に食べれることで、ついつい食べ過ぎてしまい、太ることに繋がるので注意するようにしましょう。

ごまの糖質量は?

http://bit.ly/2wgMMGn

ごま100gあたりの糖質量は、「約5.9g」ほどと比較的高糖質です。

ごまには、黒ごまや白ごま、金ごまなどの種類がありますが、それぞれの糖質量には差がほとんどありません。

ごまの加工品の糖質量(100gあたり)

  • 炒りごま:約6.6g
  • 練りごま:約6g
  • すりごま:約5.9g
  • ごま油:0g

このように見てみても、ごまの糖質量が高いということがわかります。

低糖質に見られることが多いごまなので、ついつい食べ過ぎてしまうこともあるのですが、実際は糖質量が多いので、そのことは頭に入れて食べるようにしてください。

ごまのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2wHZaAm

ゴマリグナンが肝機能を高め脂肪燃焼を促してくれる

ごまには、「ゴマリグナン」という成分が豊富に含まれています。

このゴマリグナンには、肝機能を高めてくれる働きがあると言われており、肝機能が高まることで、体の働きが活発になるので、その結果基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができるようになるのです。

リノール酸・オレイン酸がコレステロール値を下げてくれる

ごまには、「リノール酸」や「オレイン酸」という成分が豊富に含まれています。

このリノール酸、オレイン酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的なのです。

また、血中のコレステロール値が下がると、血液がサラサラになるため、血行が促進され、基礎代謝がアップす、痩せやすい体になるというダイエット効果もあります。

セサミンが基礎代謝を高めてくれる

ごまには、「セサミン」という成分も豊富に含まれています。

このセサミンには抗酸化作用という、体を若返らせてくれる働きがあり、ダイエットに非常に効果的です。

私たちの体は日々、活性酸素という物質によって傷つけられ、老化しています。

体が老化すると、体の働きが鈍くなるため、基礎代謝が落ち、太りやすい体になってしまいます。

そこで、若返り効果のあるセサミンを摂取することで、活性酸素を撃退することができるので、体が若返り、その結果基礎代謝を高めることができ、痩せやすい体を作ることができるのです。

ダイエット中のごまの注意点・デメリット

http://bit.ly/2wn8o2z

脂質が50%以上含まれている

ダイエット中のごまの注意点として、ごまには脂質が50%以上含まれているという点が挙げられます。

ごまは高カロリーな上に、半分以上が脂質のため、カロリー以上に太りやすくなっているのです

いくらダイエット効果が豊富なごまとはいえ、食べ過ぎには注意したいですね。

どんな料理にも合う

ダイエット中のごまの注意点として、どんな料理にも合うという点が挙げられます。

どんな料理にも合うというのは、食べ物としてはメリットなのですが、ダイエット中はデメリットになってしまいます。

どんな料理にも合うがために、ついつい食べすぎてしまい、カロリーオーバーしてしまうということに繋がりやすいのです。

ごまのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2x3w2Ua

すりごまで食べる

ごまのダイエット効果を高める食べ方として、すりごまで食べるという方法がおすすめです。

まず、ごまをすって潰した、すりごまにすることで、硬いごまの殻をごまの中身と引き離すことができ、その結果ごまの栄養素が体に吸収されやすくなり、ごまのダイエット効果を最大限に摂取することができるのです。

ダイエット中は、炒りごまではなくすりごまで食べるようにしましょう。

野菜サラダに振りかけて食べる

ごまのダイエット効果を高める食べ方として、野菜サラダに振りかけて食べる方法もおすすめです。

野菜サラダに振りかけて食べるのが良い理由は、サラダに使用される野菜に含まれるダイエット効果とごまのダイエット効果が相まって、より高いダイエット効果を期待することができるためです。

野菜には、便秘解消効果のある「食物繊維」やむくみ解消効果のある「カリウム」などの栄養素が豊富に含まれており、ダイエットに良い食べ物なのです。

高カロリー・高糖質なごまでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ごまのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

ごまは、低カロリー・低糖質なイメージを持たれやすいのですが、実は意外にも高カロリー・高糖質な食べ物だったのです。

しかし、そんな高カロリー・高糖質なごまにはダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

ごまはダイエットだけでなく、健康や美容にも良いと言われており、ダイエット中でも積極的に摂取したい食材です。

ダイエット中にごまを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「すりごまで食べる」、「野菜サラダに振りかけて食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集