11cb64e3142978a3ec4f9968e3dca2cb

どら焼きのカロリー・糖質は?小豆由来のダイエット効果と痩せる食べ方

どら焼きはあんこを生地で包んだ和菓子であり、高カロリー・高糖質ですが、小豆由来のダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、どら焼きのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質などら焼きでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2wPhBDA

どら焼きは高カロリーなあんこを高カロリーな生地で包んだ和菓子なので、非常に高カロリーな上に、糖質も高く、ダイエットには向いていないと思われがちです。

しかし、どら焼きのあんこにはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

今回は、どら焼きのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

どら焼きのカロリーは?

http://bit.ly/2weEGy1

どら焼きのカロリーは、レシピや作り方などによって異なりますが、平均的に1個あたり「約172kcal」で、100gあたりに換算すると「約271kcal」と高カロリーです。

どら焼き以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ホットケーキ:約266kcal
  • たい焼き:約232kcal
  • ショートケーキ:約308kcal

このように比較してみても、どら焼きのカロリーが高いということがわかります。

生クリームや砂糖を多く使用するショートケーキなどの洋菓子と比べると、和菓子であるどら焼きは低カロリーですが、それでも食べ物全体で見ると十分高カロリーと言うことができます。

どら焼きの糖質量は?

http://bit.ly/2vo1pcg

どら焼きのカロリーは、作り方やレシピなどによって異なりますが、平均的に1個あたり「約33.2g」で、100gあたりに換算すると「約55.4g」と高糖質です。

どら焼き以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ホットケーキ:約44.3g
  • たい焼き:約40.3g
  • ショートケーキ:約24g

このように比較してみても、どら焼きの糖質量が高いということがわかります。

どら焼きの半分以上が糖質で出来ているということであり、糖質だけでなくカロリーも高いので、食べ方には注意しなければなりません。

どら焼きの意外なダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vFrNtx

あんこのポリフェノールが基礎代謝を高めてくれる

どら焼きのあんこに使用される小豆には、「ポリフェノール」という成分が豊富に含まれています。

このポリフェノールには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあると言われており、ポリフェノールの抗酸化作用で体が若返ると、体の働きが活発になるため、基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができるのです。

あんこのサポニンが脂肪吸収を抑えてくれる

どら焼きのあんこには、「サポニン」という成分も豊富に含まれています。

このサポニンには、摂取された脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的です。

体でサポニンが不足すると、脂肪分を摂取してもそのまま体に体脂肪として蓄えられてしまうので、日頃からサポニンを摂取することを意識するようにしましょう。

あんこの食物繊維が便秘を解消してくれる

どら焼きのあんこには、「食物繊維」が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘解消効果を期待することができます。

便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出することができるので、デトックス効果を期待することができ、痩せやすくすることができるのです。

ダイエット中のどら焼きの注意点・デメリット

http://bit.ly/2wP4IcT

チョコレートやカスタードクリームなどの種類のカロリーに注意

ダイエット中のどら焼きの注意点・デメリットとして、チョコレートやカスタードクリームなどの種類のカロリーが高いという点が挙げられます。

どら焼きには、あんこ以外にもチョコレートやカスタードクリームなどの種類も存在しており、あんこのどら焼きよりも高カロリーになっているものも多いです。

ダイエット中はできるだけ、あんこのどら焼きを選ぶようにすると、太りにくくすることができます。

あんこの量に注意

ダイエット中は、どら焼きのあんこの量に注意するようにしましょう。

中には、あんこがぎっしりと詰まっているどら焼きもありますが、どら焼きのカロリーの大半をあんこのカロリーが占めているということを忘れてはいけません。

ダイエット中はできるだけ、あんこの量が少ないどら焼きを選ぶようにすると、太りにくくすることができます。

どら焼きのダイエット効果を高める食べ方・コツ

http://bit.ly/2vFGPzn

つぶあんのどら焼きを選ぶ

どら焼きのダイエット効果を高める食べ方として、こしあんのどら焼きよりもつぶあんのどら焼きを選ぶ方法がおすすめです。

こしあんよりもつぶあんが良い理由は、こしあんは製造過程で小豆の皮を取り除いて作るのですが、小豆の皮にも食物繊維が豊富に含まれているので、こしあんだと皮の食物繊維を摂取することができません。

しかし、つぶあんは小豆の皮をそのまま使用しているので、皮に含まれる食物繊維も摂取することができるので、ダイエットに効果的なのです。

飲み物は緑茶にする

どら焼きのダイエット効果を高める食べ方として、飲み物は緑茶にする方法もおすすめです。

緑茶には、「カテキン」という成分が豊富に含まれており、このカテキンには摂取された脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的なのです。

また、冷たい緑茶ではなく、温かい緑茶を選ぶことで、体が温められ、基礎代謝が上がるので、1日における消費カロリーを高くすることができるので、より効果的になります。

高カロリー・高糖質などら焼きでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

どら焼きのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

どら焼きは高カロリー・高糖質な和菓子であり、ダイエットには向いていないと思われがちですが、小豆由来のダイエット効果も期待することができ、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

ダイエット中ほど、どら焼きなどのスイーツを食べたくなるものです。

これはダイエットのストレスから甘いものを欲しているためで、これが蓄積されてしまうと暴飲暴食の原因になり、反対に太る原因になるため、時には甘いものも食べて、ダイエット中のストレスを溜めないようにすることが大切です。

ダイエット中にどら焼きを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「つぶあんのどら焼きを選ぶ」、「飲み物は緑茶にする」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集