929-15

鶏胸肉のカロリー・糖質は?ダイエット中の痩せる食べ方・レシピ

鶏胸肉は、鶏肉の中でも高カロリーな部位ですが、低糖質な上にダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、鶏胸肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質な鶏胸肉でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2wET6bO

鶏胸肉は、焼いたり、ゆでたり、炒めたり、煮たり、蒸したり、様々な調理法があり、食べる機会が多く人気の鶏肉の部位です。

そんな鶏胸肉は、鶏肉の部位の中でも高カロリーで、ダイエットには向いていないと思われがちなのですが、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

今回は、鶏胸肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

鶏胸肉のカロリーは?

http://bit.ly/2wET6bO

鶏胸肉のカロリーは、100gあたり「約191kcal」ほどと言われており、高カロリーと言うことができます。

鶏胸肉を使用した主な料理のカロリー(100gあたり)

  • 唐揚げ:約290kcal
  • 照り焼き:約200kcal
  • 親子丼:約146kcal
  • チャーシュー:約172kcal
  • ソテー:約277kcal

鶏胸肉以外の鶏肉の部位のカロリー(100gあたり)

  • もも肉:約200kcal
  • ささみ:約105kcal
  • レバー:約111kcal

このように比較してみても、鶏胸肉のカロリーが高いと言うことがわかります。

高カロリーと言われている鶏肉の中でも鶏胸肉は特に高カロリーなので、食べ方に注意しなければあっという間に太る原因になるので注意するようにしましょう。

鶏胸肉は、他の部位と比べて脂がたくさんのっているので、このように高カロリーになっていると言われています。

鶏胸肉の糖質量は?

http://bit.ly/2gk4rYq

鶏胸肉の糖質量は、「0g」と糖質が含まれていません。

鶏胸肉以外の鶏肉の部位の糖質量(100gあたり)

  • もも肉:0g
  • ささみ:0g
  • レバー:約0.6g

鶏胸肉や鶏もも肉、ささみなどの部位には糖質が含まれておらず、レバーには糖質が含まれていますが、それでも大変低い値となっています。

基本的に鶏肉には、ほとんど糖質が含まれていないと言われており、糖質制限ダイエットに向いていると言われています。

鶏胸肉のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vndZsd

タンパク質が基礎代謝を高めてくれる

鶏胸肉には「タンパク質」という成分が豊富に含まれています。

このタンパク質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、良質な筋肉作りをサポートしてくれるのです。

筋肉をつけると体重が重くなるというイメージがあるかもしれませんが、筋肉をつけることで、体の基礎代謝がアップし、1日における消費カロリーを高くすることができるので、ダイエットの強い味方になってくれるので、ダイエット中こそ適度な筋肉をつけることが重要と言われています。

カルニチンが脂肪燃焼を促してくれる

鶏胸肉には、「カルニチン」という成分も豊富に含まれていると言われています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪の燃焼を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に一役買ってくれる成分です。

このカルニチンは体脂肪を燃焼してエネルギーに変える組織である「ミトコンドリア」まで、体脂肪を運んでくれます。

そのことで、体の体脂肪が燃焼され、痩せることができるというわけです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

鶏胸肉には「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB1には、食べ物や飲み物から摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、体に脂肪がつくのを予防してくれます。

糖質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きで、糖質は脂肪として体に蓄えられるのですが、ビタミンB1を摂取していることで、脂肪に変わる前に糖質を代謝することができるので、肥満の予防に効果的なのです。

ダイエット中の鶏胸肉の注意点・デメリット

http://bit.ly/2gm83Jj

味が淡白なので、濃い味付けになりがち

ダイエット中の鶏胸肉の注意点・デメリットとして、鶏胸肉は味が淡白なので、濃い味付けになりがちという点が挙げられます。

醤油やみりんなどの調味料をたくさん使用することで、鶏胸肉のカロリーが高くなってしまい、太りやすくなってしまうので、味付けには注意が必要です。

鶏肉はヘルシーというイメージがあり、ついつい食べ過ぎてしまいがち

ダイエット中の鶏胸肉の注意点・デメリットとして、鶏肉はヘルシーというイメージがあり、ついつい食べ過ぎてしまうという点も挙げられます。

確かに鶏肉は、牛肉や豚肉などと比べると低カロリーでヘルシーですが、食べ物全体で見ると十分高カロリーと言うことができるので、ヘルシーと思い込んで食べ過ぎてしまうと、あっという間に太る原因になるので、注意するようにしましょう。

鶏胸肉のダイエット効果を最大限高める食べ方・アレンジレシピ

http://exci.to/2vnpKyL

スープの具材として食べるのがおすすめ

鶏胸肉のダイエット効果を高める食べ方として、スープの具材として食べる方法がおすすめです。

スープが良い理由は、焼いたり炒めたりしてしまうと、鶏胸肉のダイエット成分が溶け出してしまい、効果が半減してしまうためです。

スープにすることで、溶け出した成分もスープとして摂取することができるので、無駄なくダイエット成分を摂取することができるのです。

また、スープにすることで体が温まり、基礎代謝がアップするので、痩せやすい体を作ることができるという効果もあります。

皮を取って食べるとカロリーダウンできる

鶏胸肉のダイエット効果を高める食べ方として、皮を取って食べる方法もおすすめです。

  • 皮ありの鶏胸肉100gあたりのカロリー:約191kcal
  • 皮なしの鶏胸肉100gあたりのカロリー:約108kcal

このように、皮を取り除くことで、カロリーを約半分ほどにカットすることが可能なのです。

ダイエット中はできるだけ、皮を取り除いて食べるようにすると、太りにくくすることが可能なのです。

高カロリー・高糖質な鶏胸肉でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

鶏胸肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、鶏胸肉は鶏肉の部位の中でも高カロリーな部位ですが、ダイエット効果も豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

鶏肉はヘルシーというイメージからついつい食べすぎてしまう方も多いです。

確かに、鶏肉は牛肉や豚肉などと比べると低カロリーですが、全食品で比べると十分高カロリーなので、食べすぎてしまうと太る原因になります。

鶏胸肉には栄養素が豊富に含まれており、ダイエットだけでなく健康や美容にも良いとされているので、ダイエット中でも積極的に食べたい食べ物です。

ダイエット中に鶏胸肉を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「スープで食べる」、「鶏皮を取って食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集