x20170412-izakaya-hayashi-rice-300.jpg.pagespeed.ic.J92ARA6L2C

ハヤシライスのカロリー・糖質は?ダイエット中の痩せる食べ方・レシピ

ハヤシライスは牛肉や野菜をデミグラスソースやトマトソースで煮込んだ料理で、高カロリー・高糖質ですが、具材由来のダイエット効果があり、食べ方次第では痩せることもできるのです。ハヤシライスのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などの紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なハヤシライスでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2giUw5d

ハヤシライスとは、牛肉や野菜類、キノコ類をデミグラスソースとトマトソースで煮込んで、それをご飯にかけた人気の食べ物のことです。

ハヤシライスは、最近では食べれるお店も増えてきて、さらにレトルトのハヤシライスも販売されているので、自宅で簡単に作ることができる上に、残りのハヤシライスでリメイクしやすいということもあり、食卓の定番というご家庭も多いのではないでしょうか?

そんなハヤシライスは、高カロリー・高糖質なので、ダイエットには向いていないと重アレファチですが、使用される具材にはそれぞれダイエット効果があり、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、ハヤシライスのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ハヤシライスのカロリーは?

http://exci.to/2xG361i

ハヤシライスのカロリーは、作り方やレシピ、味付けなどのよって異なりますが、平均的に1人前あたり「約804kcal」で、100gあたりに換算すると「約162kcal」と高カロリーです。

ハヤシライス以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • カレーライス:約167kcal
  • クリームシチュー:約88kcal
  • ビーフシチュー:約112kcal
  • ハッシュドビーフ:約117kcal

このように比較してみても、ハヤシライスのカロリーが高いということがわかります。

やはり、ハヤシライスは、牛肉をデミグラスソースやトマトソースで煮込み、それを高カロリーなご飯にかけた料理なので、このように高い値になっているのです。

ハヤシライスの糖質量は?

http://bit.ly/2vCxpEE

ハヤシライスの糖質量は、作り方やレシピ、味付けによって異なりますが、1人前あたり平均的に「約59g」で、100gあたりに換算すると「約12g」と高糖質です。

ハヤシライス以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • カレーライス:約24g
  • クリームシチュー:約3.8g
  • ビーフシチュー:約3.9g

このように比較してみても、ハヤシライスの糖質量が高いということがわかります。

高糖質なご飯がハヤシライスの糖質量の大半を占めており、カロリーと共に高いため、何も考えずに食べてしまうとあっという間に太る原因になるので注意が必要です。

ハヤシライスにもダイエット効果があった!

http://bit.ly/2xG9fL8

牛肉のカルニチンが脂肪燃焼してくれる

ハヤシライスに使用されることが多い牛肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効的な働きをしてくれます。

カルニチンを摂取するだけで、なかなか解消することができなかった体脂肪を効率良く燃焼してくれるので、おすすめの成分です。

玉ねぎのケルセチンがコレステロール値を下げてくれる

ハヤシライスに具材としてよく使用される玉ねぎには、「ケルセチン」という成分が豊富に含まれています。

このケルセチンには、血液中のコレステロール値を下げて、血液をサラサラにしてくれる働きがあると言われており、その結果体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的です。

また、血液がサラサラになり、血行が促進されると、体の基礎代謝がアップするので、1日における消費カロリーを高くすることができるので、痩せやすい体を作るというダイエット効果もあります。

マッシュルームのカリウムがむくみを解消してくれる

ハヤシライスに具材として使用されることの多いマッシュルームには、「カリウム」という成分が豊富に含まれており、ダイエットの大敵である頑固なむくみを解消してくれると言われています。

人の体がむくむのは、余分な水分が体の部位に蓄積することによるものと言われていますが、カリウムには利尿作用があり、尿と一緒にこの余分な水分を排出してくれるので、なかなか解消することが難しいむくみを効率良く解消することができるのです。

ダイエット中にハヤシライスを食べる際の注意点・デメリット

http://bit.ly/2xqbhjd

付け合わせのご飯のカロリーに注意

ダイエット中にハヤシライスを食べる際の注意点として、付け合わせのご飯のカロリーが高いという点が挙げられます。

ご飯は炭水化物であり、カロリーだけなく糖質も高い食べ物なので、ハヤシライスがより高カロリー・高糖質になってしまう原因になります。

ダイエット中はできるだけ、ご飯の量を減らす工夫をすることが必要です。

お店のハヤシライスはカロリーが高いので注意

ダイエット中のハヤシライスの注意点として、お店のハヤシライスはカロリーが高いという点が挙げられます。

お店で注文するハヤシライスは、味や風味を良くするために、通常のハヤシライスよりも油や調味料が多く使用されていることが多いです。

そのため、カロリーだけでなく、糖質量も普通にハヤシライスを作って食べるよりも高くなってしまうのです。

ダイエット中はできるだけ、自宅でハヤシライスを作って食べるようにしましょう。

ハヤシライスのダイエット効果を高める食べ方・アレンジレシピ

http://bit.ly/2xG0BMD

肉の量を減らし、野菜やキノコの量を増やす

ハヤシライスのダイエット効果を高める食べ方として、肉の量を減らし、野菜やキノコの量を増やすという方法がおすすめです。

高カロリーな肉の量を減らし低カロリーな野菜やキノコを増やすと、満腹感はそのままに、カロリーを抑えたハヤシライスにすることができますし、それぞれの野菜やキノコに含まれるダイエット効果を期待することができるので、よりダイエット効果が高まるのです。

ただし、肉にも脂肪燃焼効果などのダイエット効果があるので、全部抜いてしまうとダイエット効果を期待できなくなってしまうので、少しの量は残すようにしましょう。

こんにゃく米を使用する

ハヤシライスのダイエット効果を高めるアレンジレシピとして、ご飯にこんにゃく米を混ぜて食べる方法がおすすめです。

低カロリー・低糖質なこんにゃく米をご飯に混ぜることで、満腹感はそのままで高カロリー・高糖質なご飯の量を減らすことができるので、ダイエットに効果的なのです。

高カロリー・高糖質なハヤシライスでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ハヤシライスのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、ハヤシライスは高カロリー・高糖質なので、ダイエットには向いていないと思われがちなのですが、ハヤシライスに使用されることの多い牛肉、玉ねぎ、マッシュルームなどにはダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることができると言われています。

また、他にもたくさんの野菜などの具材を入れることができる料理なので、ダイエットだけでなく健康や美容にも良いと言われているのです。

今回紹介した注意点をよく守り、ダイエット効果を高める食べ方を実践して、上手にハヤシライスを食べてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集