koshian

あんこのカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せるための食べ方

あんこはどら焼きやたい焼き、もちなど様々な食べ方がある和菓子です。あんこは小豆を砂糖で煮詰めているので高カロリー・高糖質ですが、ダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることも可能です。あんこのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あんこは高カロリー・高糖質な和菓子

http://bit.ly/2wMiz2E

あんこは、小豆を煮て砂糖を加えたお菓子で、どら焼きやもち、たい焼きなどの和菓子に使用されることの多い食べ物です。

あんこは砂糖で煮ているので、高カロリー・高糖質な食べ物と言われており、ダイエット中は食べるを避けられがちですが、あずきにはダイエット成分が豊富に含まれており、食べる量や食べ方さえ間違えなければ痩せることができると言われているのです。

あんこのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

あんこのカロリーは?

http://bit.ly/2xihb5A

あんこのカロリーは、レシピや作り方などによって異なりますが、100gあたりの平均的な値は「約249kcal」ほどと高カロリーです。

あんこ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • きな粉:約437kcal
  • ずんだ:約170kcal
  • カスタードクリーム:約176kcal
  • 生クリーム:約433kcal

このように比較してみても、あんこのカロリーが高いということがわかります。

もともと高カロリーなあずきを原料としており、さらに砂糖で煮詰めているのでこのようにカロリーが高くなっているのです。

あんこの糖質量は?

http://bit.ly/2xi5Oeh

あんこの糖質は、レシピや作り方などによって異なりますが、100gあたりの平均値は「約20.3g」と高糖質です。

あんこ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • きな粉:約14.1g
  • カスタードクリーム:約24.7g
  • 生クリーム:約3.1g

このように比較してみても、あんこの糖質量が高いということがわかります。

あんこの糖質量が高いのは、小豆と砂糖の糖質量によるものだと言われています。

カロリーと共に、糖質量も高いあんこは、食べ方に注意しないとあっという間に太る食べ物です。

あんこの意外なダイエット効果

http://bit.ly/2wud20W

ポリフェノールが基礎代謝を高めてくれる

あんこには、小豆由来の成分である「ポリフェノール」が豊富に含まれています。

ポリフェノールには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあり、老化した体がポリフェノールの抗酸化作用で体が若返ることで、体の働きが活発になり、その結果1日における消費カロリーを高くすることができるので、ダイエットに非常に効果的な成分です。

サポニンがコレステロール値を下げてくれる

あんこには、「サポニン」という成分も豊富に含まれています。

このサポニンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、サポニンの働きでコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満にお悩みの方におすすめの成分です。

血液中のコレステロール値が下がると、ダイエット効果だけでなく、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの深刻な病気のリスクも低減できると言われています。

食物繊維が便秘を解消してくれる

あんこには、「食物繊維」が豊富に含まれていると言われています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えて、便秘を解消してくれる働きがあると言われており、ダイエットにおいて非常に高い役割を担っています。

食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積されてきた老廃物や毒素を排出しやすくなるので、痩せやすくなるのです。

ダイエット中にあんこを食べる際の注意点・デメリット

http://bit.ly/2xi5Z9r

食べ過ぎると便秘になる恐れがある

ダイエット中のあんこの注意点として、食べ過ぎると便秘になる恐れがあるという点が挙げられます。

先ほど、あんこには食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消に効果的と紹介しましたが、この食物繊維には、お腹の中の水分を吸収する性質があり、食物繊維を摂り過ぎるとお腹の中の多くの水分が失われてしまうので、反対に便秘になってしまうのです。

あんこの食べ過ぎには注意するようにしましょう。

市販のあんこのカロリーに注意

ダイエット中のあんこのデメリットとして、市販のあんこはカロリーが高いものが多いという点です。

市販のあんこは、甘さを出すために、通常よりも砂糖を多く使用しているものが多いのですが、砂糖が多く使用されているということは、カロリーや糖質が高くなっているということでもあります。

コンビニやスーパーで売られているあんこはお手軽で良いのですが、ダイエット中はできるだけ自宅で作ると太りにくくすることができます。

あんこのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2iv7tJX

こしあんよりもつぶあんを選ぶ

あんこのダイエット効果を高める方法として、こしあんのあんこよりもつぶあんのあんこを選ぶ方法がおすすめです。

こしあんはなめらかさ出すために、小豆の皮を取り除いて作られているのですが、小豆の皮にも食物繊維が豊富に含まれており、皮を取り除くことで摂取できる食物繊維量が減ってしまいます。

そのことから、ダイエット中は小豆の皮の食物繊維も摂取できるつぶあんで食べるのがおすすめです。

どら焼きやパンなどではなく、そのまま食べる

あんこのダイエット効果を高めるレシピとして、どら焼きやパン、もちなどではなくそのまま食べる方法がおすすめです。

あんこは様々な食べ方がありますが、どら焼きやパン、もちなどで食べるとやはりカロリーが高くなってしまい、太りやすくなってしまいます。

ダイエット中は、あんこをそのまま食べるようにすると、太りにくくすることができると言われています。

高カロリー・高糖質なあんこでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

あんこのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、あんこは高カロリーな小豆を高カロリーな砂糖で煮詰めているため、カロリーが非常に高くなってしまっています。

あんこは高カロリー・高糖質なので、ダイエット中に食べることは避けられがちなのですが、小豆由来のダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることができると言われています。

ダイエット中は甘い物は絶対食べてはいけないという思い込みから、我慢する方も多いのですが、我慢することでストレスが溜まってしまい、反対に太るということにもなるため、適度に甘い物を食べることは大切なのです。

ただし、あんこは賞味期限や消費期限が短く、過ぎたものを食べてしまうと下痢をし、太りやすい体を招いてしまうので注意するようにしましょう。

ダイエット中にあんこを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「こしあんよりもつぶあんを選ぶ」、「どら焼きやパンなどではなくそのまま食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集