0000000000652

親子丼のカロリー・糖質は?食材のダイエット効果と痩せる食べ方を紹介

親子丼というと、高カロリー・高糖質なイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?しかし、親子丼に使用される鶏肉や卵はダイエット効果が豊富で食べ方次第では痩せることも可能です。親子丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質な親子丼でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2xu9SHw

親子丼は、鶏肉や玉ねぎなどの食材をめんつゆなどの割り下で煮込みながら、それを卵でとじて、ご飯に乗せた人気の食べ物です。

親子丼という名前の由来は、親子である鶏肉と卵を使用している丼ということからと言われています。

そんな、自宅でも簡単に作れる献立としてお馴染みの親子丼ですが、やはり高カロリー・高糖質になっており、ダイエット中は敬遠されがちな食べ物です。

しかし、親子丼にも食材由来のダイエット効果があり、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

今回は、親子丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

親子丼のカロリーは?

http://amba.to/2xuOzFH

親子丼のカロリーは、お店や作り方、食材、味付けなどによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約684kcal」で、100gあたりに換算すると「約146kcal」ほどと言われています。

親子丼以外の丼もののカロリー(100gあたり)

  • カツ丼:約200kcal
  • 天丼:約169kcal
  • 牛丼:約185kcal

このように比較してみると、親子丼のカロリーが低いですが、あくまでも高カロリーな丼ものの中で比較した場合の話であり、食べ物全体で比べると親子丼は十分高カロリーと言うことができます。

カツ丼や牛丼は、豚肉や牛肉を使用しているため、鶏肉を使用した親子丼より高カロリーになっており、天丼は油で揚げた天ぷらを使用しているので、親子丼よりもカロリーが高くなってしまうのです。

親子丼の糖質量は?

http://bit.ly/2wzXxVM

親子丼の糖質量は、カロリーと同様に、お店や作り方、食材、味付けなどによって異なりますが、1人前あたりの平均値は「約107.4g」で、100gあたりに換算すると「約23.7g」と高糖質です。

親子丼以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • カツ丼:約26.5g
  • 天丼:約26g
  • 牛丼:約26.5g

このように比較してみると、一見親子丼の糖質量は低いように思えますが、食べ物全体の中で比較すると親子丼は十分高糖質と言うことができるのです。

親子丼の糖質量のほとんどをご飯の糖質が占めており、卵や豚肉などには糖質がほとんど含まれていないため、ご飯の量を調節することで、糖質の量も調節することができます。

親子丼には食材由来のダイエット効果があった!

http://bit.ly/2vqWnqw

卵や鶏肉のたんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

親子丼に使用される卵や鶏肉には、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で良質な筋肉が作られるのをサポートしてくれる働きがあると言われており、体で良質な筋肉が作られると、体の基礎代謝をアップすることができ、1日における消費カロリーを多くすることができるので、痩せやすくなると言われています。

ダイエット中に筋肉をつける行為は、体重が増えるイメージがあり、避けられがちなのですが、体の基礎代謝を高めることに繋がるので、ダイエット中こそ適度な筋肉をつけるのが賢明です。

鶏肉のカルニチンが脂肪燃焼を促してくれる

親子丼の具材として使用される鶏肉には、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪を、脂肪を燃焼しエネルギーに変えてくれる「ミトコンドリア」という組織まで運んでくれる働きがあります。

ミトコンドリアに体脂肪が運ばれることで、効率的にかつ効果的に体脂肪を燃焼することができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

鶏肉のビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

親子丼に使用される鶏肉には、「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効的な成分です。

本来、食べ物や飲み物から糖質を摂取すると、インスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンには、体に脂肪を蓄えてしまう働きもあると言われており、太る原因となるのですが、ビタミンB1を摂取することで、糖質の代謝が促され、その結果インスリンの分泌を抑えることができるので、太りにくくすることができるのです。

ダイエット中に親子丼を食べる際の注意点

http://bit.ly/2xuGLE3

お店の親子丼のカロリーに注意

最近では、なか卯や丸亀製麺などの安くて美味しい親子丼を食べれるチャーン店も増えてきましたが、お店で食べる親子丼のカロリーは通常の親子丼よりも高くなっていることが多いので注意するようにしましょう。

お店の親子丼は、味や風味を良くするために油や調味料などを普通よりも多く使用していることが多く、カロリーや糖質が高くなってしまっています。

ダイエット中はできるだけ、お店の親子丼ではなく、自宅でヘルシーな親子丼を作って食べるようにしましょう。

どんぶりは茶碗よりもご飯の量が増えてしまう

ダイエット中に親子丼を食べる際の注意点として、どんぶりは茶碗よりもご飯の量が増えてしまうという店も挙げられます。

どんぶりは茶碗よりも多いため、何も考えずにご飯を盛ってしまうと、気づかないうちに、ご飯を食べすぎてしまい、摂取カロリーがオーバーしていたということに繋がります。

ダイエット中は、ご飯の量を減らすなどの工夫が必要です。

簡単な親子丼のダイエット効果を高めて痩せやすくする食べ方・方法

http://bit.ly/2w6m0Pe

胸肉ではなく、ささみで親子丼を作る

一般的に親子丼に使用する鶏肉の部位は胸肉なのですが、ダイエット効果を高める方法としてささみの部位を使用する方法をおすすめします。

  • 鶏胸肉のカロリー(100gあたり):約191kcal
  • ささみのカロリー(100gあたり):約105kcal

このように比較してみると、ささみの方が胸肉よりもカロリーが低いと言うことができます。

普段の胸肉をささみにするだけで、親子丼のカロリーを大幅にカットすることができるので、オススメの方法です。

豆腐親子丼にアレンジ

親子丼のダイエット効果を高める方法として、「豆腐親子丼」にアレンジする方法もおすすめです。

豆腐親子丼の作り方は簡単で、普段作っている親子丼に豆腐を入れるだけ。

豆腐を折入れることで、豆腐がカサ増しとなり、ご飯や鶏肉の量を減らすことができる上に、豆腐のダイエット効果を期待することができるので、おすすめのアレンジメニューなのです。

豆腐のダイエット効果

  • 大豆サポニンがコレステロール値を下げてくれる
  • 鉄分が基礎代謝をアップしてくれる
  • カルシウムが脂肪吸収を抑えてくれる

高カロリー・高糖質な親子丼にもダイエット効果があるので食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ここまで、親子丼のカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方・コツなどを紹介しました。

親子丼は、ご飯や鶏肉をたくさん使用しているのでカロリーや糖質が高くなってしまっていますが、ダイエット効果が豊富な卵や鶏肉などを使用しているメニューでもあるので、食べ方次第では痩せることができるのです。

卵と鶏肉は出汁の効いたつゆとの相性が抜群で、ダイエット中も食べたくなる食べ物です。

ダイエット中の食べたい物を我慢することは、ストレスが溜まってダイエットに良くないと言われているので、上手に食生活に取り入れていきたいですよね。

ダイエット中に親子丼を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「胸肉ではなくささみを使用する」、「豆腐親子丼にアレンジする」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集