e1dc87b79120c4f7c07b46ae9e85096f

おはぎのカロリー・糖質は?意外な数値と痩せる食べ方・太る食べ方

おはぎは昔から日本の縁起物として親しまれてきた食べ物ですが、高カロリー・高糖質です。しかし、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、おはぎのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太るイメージのおはぎでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2v5cM92

おはぎは、古くから日本の縁起物として、お彼岸によく食べられる食べ物です。

おはぎは、もち米をあんこで包んだ食べ物なので、高カロリー・高糖質になっており、ダイエット中に食べてはいけない食べ物と思われがちです。

確かに、おはぎのもち米やあんこは高カロリーですが、それぞれにダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

今回は、おはぎのカロリー・糖質量から、どのようなダイエット効果があるのか、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める方法まで紹介していきます。

おはぎとぼたもちの違いは?

http://bit.ly/2v58pKP

みなさんは、おはぎとぼたもちの違いの違いをご存知ですか?

おはぎとぼたもちは基本的に同じ食べ物なのですが、食べる時期によって名前が使い分けられているのです。

おはぎ(お萩):萩の季節、秋のお彼岸に食べるもののこと

ぼたもち(牡丹餅):牡丹の季節、春のお彼岸に食べるもののこと

このように、おはぎとぼたもちは食べる季節によって使い分けられ、同じ食べ物なのでカロリーや糖質量に違いはありません。

おはぎのカロリーは?

http://bit.ly/2veQJZm

おはぎのカロリーは、作り方やレシピ、原料などによって異なりますが、1個あたり「約180kcal」で、100gあたりに換算すると「約268kcal」と非常に高カロリーです。

おはぎ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • みたらし団子:約197kcal
  • ずんだ餅:約203kcal
  • 大福:約242kcal

このように比較してみても、おはぎのカロリーが高いということがわかります。

おはぎは、高カロリーなもち米に高カロリーなあんこを使用しているため、このように高カロリーになっているのです。

おはぎの糖質量は?

http://bit.ly/2wn9Dko

おはぎの糖質量はカロリー同様、作り方やレシピ、原料などによって異なりますが、平均的に1個あたり「約36.9g」で、100gあたりに換算すると「約45.3g」と、約半分が糖質でできているということがわかります。

おはぎ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • みたらし団子:約44.9g
  • ずんだ餅:約36g
  • 大福:約50.4g

このように比較してみても、おはぎの糖質量が高いということがわかります。

おはぎは、糖質が高いもち米やあんこをたくさん使用しているため、糖質が高くなっており、そのためカロリー以上に太りやすい食べ物でもあるので注意が必要です。

おはぎの意外なダイエット効果とは?

http://bit.ly/2xsetKg

もち米やあんこの食物繊維が便秘を解消してくれる

おはぎに使用されるもち米やあんこには、「食物繊維」が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整え、便秘を解消してくれる働きがあるため、ダイエットに効果的と言われています。

便秘が解消されるとなぜ、ダイエットに効果的かというと、便秘になることで、体に老廃物や毒素が溜め込まれやすくなるのですが、食物繊維によって便秘が解消されると、老廃物や毒素が排出されやすくなるので、痩せやすい体を作ることができるためです。

あんこのサポニンがコレステロール値を下げてくれる

あんこには、「サポニン」という成分が豊富に含まれています。

このサポニンは、あんこの原料である小豆由来の成分ですが、あんこに調理してもサポニンの効果を受けることができます。

サポニンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満を解消することができるのです。

あんこのポリフェノールが基礎代謝をアップしてくれる

あんこには、小豆由来の成分である「ポリフェノール」も豊富に含まれています。

このポリフェノールには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあります。

私たちの体は日々、活性酸素という物質によって傷つけられ、老化しているのですが、体が傷つけられると、体の働きが鈍くなり、その結果基礎代謝が落ち、太りやすくなってしまいます。

そこで、ポリフェノールを摂取することで、その活性酸素を撃退してくれるので体が若返り、基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができるのです。

ダイエット中に気を付けたいおはぎの注意点・デメリット

http://bit.ly/2wxVaTc

きな粉やずんだのおはぎに注意

ダイエット中に気を付けたいおはぎの注意点・デメリットとして、きな粉やずんだを使用したおはぎが挙げられます。

基本的におはぎはあんこを使用しているのですが、中にはきな粉やずんだを使用したおはぎも存在しています。

しかし、きな粉やずんだはあんこよりも高カロリーと言われており、おはぎのカロリーをより高くしてしまうことになります。

ダイエット中はできるだけ、きな粉やずんだではなく、あんこのおはぎを選ぶようにすると良いでしょう。

消費期限に短さに注意

ダイエット中に気を付けたいおはぎの注意点・デメリットとして、消費期限が短いということが挙げられます。

おはぎを買い溜めしたり、作り置きする方も多いのですが、おはぎはもち米とあんこという消費期限が短い食材を使用しているため、消費期限が短い食べ物です。

消費期限が短いので、作られてから時間が経ったおはぎを食べてしまうと、下痢をし、太りやすい体を招く原因になってしまうので注意するようにしましょう。

おはぎの消費期限は、季節や気温、湿度、糖度によって異なりますが、作られたその日中に食べきるようにすると良いと言われています。

おはぎのダイエット効果を高める食べ方・コツ

http://bit.ly/2wmOB5K

つぶあんのおはぎを食べる

おはぎのダイエット効果を高める方法として、こしあんのおはぎではなくつぶあんのおはぎを選ぶ方法がおすすめです。

なぜつぶあんが良いかというと、こしあんは小豆の皮の部分を取り除いて調理されているため、皮に含まれる食物繊維が失われてしまうためです。

一方でつぶあんには、小豆の皮が残っているので、皮に含まれる食物繊維も摂取することができるので、ダイエットにより効果的なのです。

飲み物は緑茶を選ぶ

おはぎのダイエット効果を高める食べ方として、飲み物は緑茶を選ぶ方法がおすすめです。

おはぎの飲み物が緑茶が良い理由は、緑茶には「カテキン」という成分が豊富に含まれており、このカテキンには摂取された脂肪が体に吸収されるのを防いでくれる働きがあると言われており、太りにくくしてくれるためです。

また、緑茶は冷たいものではなく、温かいものを選ぶと、体温が上がり、その結果基礎代謝も上がるので、より痩せやすくなると言われています。

太るイメージのあるおはぎでも食べ方を間違えなければ痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

おはぎのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方について紹介しました。

おはぎは、もち米とあんこをメインに使用している食べ物のため、カロリーや糖質が高くなってしまいます。

しかし、その高カロリーなもち米やあんこにも、それぞれダイエット効果があるため、食べ方を間違えなければ痩せることもできると言われています。

ダイエット中におはぎを食べる際は、今回紹介した「きな粉やずんだのおはぎのカロリー」、「消費期限が短い」などの注意点をよく守り、「つぶあんのおはぎを選ぶ」、「飲み物は緑茶を選ぶ」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集