3e9c0003bf0ba60983bce9bd1ba24005

塩パンのカロリー・糖質は?意外な数値とダイエット向きにする食べ方

塩パンとは塩味がきいたシンプルなパンで、材料や作り方から低カロリーに思われがちですが、実は高カロリーです。しかし、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることもできます。塩パンのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな塩パンでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2nBQt5w

さくさくでモチモチの生地にほんのり塩味がきいたシンプルな塩パン、好きなパンの一つに挙げる方は多いのではないでしょうか。

塩パンは、塩・バター・小麦粉というシンプルな材料で作られているため、低カロリーと思われがちですが、実は他のパンと比べても高カロリーと言われています。

しかし、そんな塩パンにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、塩パンのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

塩パンのカロリーは?

http://bit.ly/2nBQt5w

塩パンのカロリーは、1個30gあたり「約130kcal」と高カロリーです。

塩パン以外のパンのカロリー(30gあたり)

  • バターロール:約95kcal
  • 食パン:約80kcal
  • クロワッサン:約150kcal
  • フランスパン:約80kcal

このように比較してみても、塩パンのカロリーが高いということがわかります。

シンプルな材料、作り方の塩パンは低カロリーと思われがちですが、バターを非常に多く使用しているため、このようなカロリーになっているのです。

塩パンの糖質量は?

http://bit.ly/2uglXyU

糖質量は炭水化物から食物繊維を引いた値になりますが、塩パンの場合炭水化物の量が多く食物繊維の量が少ないため、糖質量も比較的高く、1個30gあたり「約18.5g」となります。

塩パン以外のパンの糖質量(30gあたり)

  • バターロール:約14g
  • 食パン:約13.3g
  • クロワッサン:17g
  • フランスパン:約18g

このように比較してみても、塩パンの糖質量が高いということがわかります。

糖質が高いと言われるパン類の中でも、塩パンは特に高糖質なのは、バターを豊富に使用して作られているためです。

ダイエット中は糖質量にも注意して食べるようにしましょう。

塩パンのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uhZUeY

腹持ちが良い

ダイエット中の塩パンのメリットとして、腹持ちが良いということが挙げられます。

塩パンには、バターが使用されているので、脂質が含まれており、その脂質によって腹持ちが良くなっています。

腹持ちが良いということは、すぐにお腹が空くということを防げ、食事や間食の量を減らすことができるので、ダイエットに効果的なのです。

バターがコレステロール値を下げてくれる

塩パンに使用されるバターには、「DHA」や「EPA」といった不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

このDHAやEPAには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的なのです。

塩パンの注意点・デメリット

http://bit.ly/2vwYWvq

GI値が高く、太りやすい

ダイエット中の塩パンの注意点として、「GI値」が高いということが挙げられます。

GI値とは、摂取した際の血糖値の上昇具合を数値にて表したもののことで、この数値が高ければ高いほど血糖値が上がりやすいと言われています。

体内で血糖値が上昇すると、血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌されるのですが、このインスリンには糖質を体脂肪に変える作用もあるため、太りやすい体を作ってしまいます。

塩パンはこのGI値が高いため、他の食べ物と比べると体脂肪がつきやすいと言われています。

塩分量に注意

ダイエット中の塩パンのデメリットとして、塩分量が多いと言う点も挙げられます。

塩パンを食べ過ぎることで、体内の塩分濃度が高くなってしまい、その結果食欲を増進したり、体にむくみを生じさせる原因などになる恐れがあります。

ダイエット中はカロリーや糖質だけでなく、塩分量にも注意すうようにすると太りにくくすることができると言われています。

塩パンのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2vEN0HD

飲み物はコーヒーにする

塩パンのダイエット効果を高める食べ方として、一緒に飲む飲み物はコーヒーにするという方法が挙げられます。

コーヒーには、「カフェイン」という成分が含まれており、このカフェインには脂肪燃焼効果があり、痩せることができます。

カフェインを摂取するだけで、解消しにくい体脂肪を効率的にかつ効果的に解消することができるので、ダイエットに効果的な成分なのです。

野菜を一緒に食べる

塩パンのダイエット効果を高める食べ方として、野菜を一緒に食べる方法もおすすめです。

野菜を一緒に食べることで、低カロリーな野菜で満腹感を出し、高カロリーな塩パンの摂取量を減らすことができるため、1日の摂取カロリーをカットすることができるのです。

また、野菜に含まれる「食物繊維」による便秘解消効果、「カリウム」によるむくみ解消効果を期待することができるため、より痩せやすくなると言われています。

高カロリーな塩パンでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2vEN0HD

今回、塩パンのカロリーから糖質量まで見てきましたが、その他のパンと比べても意外とカロリーも糖質量も高いことがわかりました。

一見シンプルな材料を使っているので低カロリーでダイエットに向いていると思われる塩パンですが、カロリーだけでなく塩分量も高いので食べ方には特に気を付けなければいけません。

しかし、そんな塩パンにもダイエット効果が含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

ダイエット中に塩パンを食べる際は、今回紹介した「飲み物はコーヒーにする」、「野菜を一緒に食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集