A46848654_m-e1450498648304

雑炊のカロリー・糖質は?ダイエット向きのメニューに変える食べ方

雑炊はだし汁にご飯や具材を入れて煮込んだ料理なので、高カロリー・高糖質です。しかし、ダイエット効果も含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、雑炊のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな雑炊でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2wlJn7l

雑炊は、だし汁にご飯と具材を入れて煮込んだ料理のことで、よく鍋の締めとして食べられることが多い食べ物です。

そんな雑炊は、ご飯を使用しているため、高カロリー・高糖質になっており、一見ダイエットには不向きと思われがちですが、ダイエット効果も豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、雑炊のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

雑炊のカロリーは?

http://bit.ly/2vdWUhj

雑炊100gあたりのカロリーは、「約139kcal」で、1人前あたり(約235g)に換算すると「約328kcal」と言われています。

雑炊以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ご飯:約168kcal
  • うどん:約105kcal
  • そば:約81kcal

このようにうどんやそばと比較してみても、雑炊のカロリーが高いということがわかります。

白いご飯よりも雑炊の方が高カロリーと思われがちですが、ご飯がだし汁やスープを吸って膨らむため、量が多くなり、その分カロリーが低くなっているのです。

雑炊の糖質量は?

http://bit.ly/2fksje1

雑炊100gあたりの糖質量は、「約16g」で、1人前あたり(約235g)に換算すると「約62g」と言われています。

雑炊以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ご飯:約36.8g
  • うどん:約55.6g
  • そば:約58g

このように他の炭水化物と比較すると、雑炊は低糖質ですが、全食品で比較すると雑炊は十分高糖質です。

ご飯よりも雑炊の糖質量が少ないのは、カロリー同様雑炊にすることで水分を吸って膨らむためです。

雑炊のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uhZKEu

体を温め、基礎代謝をアップしてくれる

雑炊は温かい食べ物なので、雑炊を食べることで体を温めてくれます。

体が温められることで、体の器官の働きが活発になるので、体の基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができると言われています。

体の基礎代謝がアップすると、1日における消費カロリーを多くすることができるので、ダイエットの強い味方になってくれるのです。

ご飯が膨らみ、満腹感が高い

雑炊はご飯をだし汁やスープに入れて煮込んだメニューなので、ご飯がそのだし汁やスープを吸って膨らみます。

その結果、少量の雑炊で満腹感を得ることができるので、摂取カロリーを抑えることができ、痩せやすい体を作ることができるのです。

卵のアミノ酸で脂肪が燃えやすくなる

雑炊を作る際に、卵を入れることが多いと思いますが、この卵には「アミノ酸」という成分が豊富に含まれていると言われています。

このアミノ酸には、脂肪分解酵素である「リパーゼ」という成分の働きを活発にしてくれる働きがあるので、体脂肪が燃えやすい体を作ってくれるのです。

ただし、卵はコレステロールが高い食べ物でもあるので、食べ過ぎてしまうと、病気や肥満の原因になるので、1日2個までにするようにしましょう。

雑炊の注意点・デメリット

http://bit.ly/2uyqa00

具材のカロリーや糖質に注意

ダイエット中の雑炊の注意点として、使用する具材によってカロリーや糖質が非常に高くなってしまうという点です。

雑炊はダイエット効果が豊富ですが、カロリーは高く、さらにそこに高カロリーな具材を使用すると、よりカロリーが高くなり、ダイエット効果の多さをカロリー量が勝ってしまい、太る原因になります。

お肉などの高カロリーな食材を入れ過ぎないということが重要です。

塩分量に注意

ダイエット中の雑炊の注意点として、雑炊の塩分量も挙げられます。

雑炊のだし汁やスープには塩分が多く使用されていることが多く、食べ過ぎて体内の塩分濃度が高くなると、食欲を増進してしまったり、体にむくみを生じさせる原因になってしまいます。

ダイエット中はカロリーや糖質だけでなく、塩分量にも注意するようにすると太りにくい体を作ることができると言われています。

雑炊のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2wz8tyX

こんにゃく米で作る

雑炊のダイエット効果を高める食べ方として、雑炊に使用するお米をこんにゃく米に変える方法をおすすめします。

お米をこんにゃく米にすることで、カロリーや糖質量をカットできるだけでなく、こんにゃく米に含まれる「食物繊維」によって、便秘を解消することができ、体の老廃物や毒素を排出し、痩せやすい体を作ることができるのです。

具材を野菜中心にする

雑炊のダイエット効果を高める食べ方として、雑炊の具材を野菜中心にするという方法もおすすめです。

具材を野菜中心にすることで、お肉などの高カロリーな食材の量を減らすことができ、カロリーをカットできる上に、野菜に含まれるダイエット効果を期待することができるのです。

「食物繊維」による便秘解消効果、「カリウム」によるむくみ解消効果を期待できるため、ダイエットに効果的なのです。

高カロリーな雑炊でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2wgCFOW

雑炊のカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、雑炊はご飯を使用した食べ物なので、高カロリー・高糖質でダイエットには不向きと思われがちですが、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われています。

雑炊は野菜やきのこ類、肉類、魚介類など、様々な具材を使用することができるので、ダイエットのみならず、健康や美容にも良いと言われているので、上手に食生活に取り入れたい食べ物なのです。

ダイエット中に雑炊を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「こんにゃく米を使用する」、「具材を野菜中心にする」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集