76412454_624

さけるチーズのカロリー・糖質は?ダイエット向きに変える食べ方・コツ

さけるチーズが、おやつやおつまみなど様々な食べ方があり、万能な食べ物ですが、高カロリーです。しかし、チーズ由来のダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることも可能です。さけるチーズのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなさけるチーズでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2vnzEQn

いつでも手軽に食べられるチーズとして話題のさけるチーズは、おやつやお酒のおつまみなどとして食べられることが多い食べ物です。

そんなさけるチーズはチーズの一種であるため、高カロリーな上に、太る要素も多く、ダイエットには向いていないと思われがちですが、チーズ由来のダイエット効果もあるため、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、さけるチーズのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

さけるチーズのカロリーは?

http://bit.ly/2v4gxYJ

雪印メグミルクから販売されているさけるチーズには、「プレーン」、「スモーク」、「とうがらし」、「ローストガーリック」、「バター醤油」の5種類がありますが、味によってカロリーに違いはなく、全て1本(25g)あたり「約80kcal」です。

わかりやすく100gあたりに換算すると、「約320kcal」なので、高カロリーと言うことができます。

さけるチーズ以外のチーズのカロリー(100gあたり)

  • カッテージチーズ:約100kcal
  • プロセスチーズ:約339kcal
  • モッツァレラチーズ:約250kcal
  • クリームチーズ:約350kcal
  • マスカルポーネチーズ:約434kcal
  • チェダーチーズ:約420kcal
  • ゴーダチーズ:約380kcal

この中で比較すると、さけるチーズのカロリーは低いように見えますが、あくまでも高カロリーなチーズ類の中で比較すると低カロリーということであり、全食品で見るとさけるチーズは十分高カロリーと言うことができます。

さけるチーズの糖質量は?

http://bit.ly/2vyCLFr

チーズはもともと低糖質食品であり、さけるチーズについても例外ではありません。

雪印メグミルクから販売されているさけるチーズには、「プレーン」、「スモーク」、「とうがらし」、「ローストガーリック」、「バター醤油」の5種類がありますが、味によって糖質量に違いはなく、全て1本(25g)あたり「0.2g」ほどです。

100gあたりに換算すると、「約0.8g」と低カロリーになっています。

さけるチーズ以外のチーズの糖質量(100gあたり)

  • カッテージチーズ:約1.9g
  • プロセスチーズ:約1.3g
  • モッツァレラチーズ:約4.2g
  • クリームチーズ:約2.3g
  • マスカルポーネチーズ:約4.5g
  • チェダーチーズ:約1.4g
  • ゴーダチーズ:約1.5g

このように比較してみても、さけるチーズの糖質量が低いということがわかります。

もともとチーズ自体には糖質がほとんど含まれておらず、さけるチーズを加工した際の調味料などの糖質が加わってしまう形です。

さけるチーズのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vvqbWA

たんぱく質が基礎代謝をアップしてくれる

さけるチーズには、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、良質な筋肉作りには欠かせない成分なのです。

ダイエット中に筋肉をつけると、体重が重くなるイメージがあり、ダイエット中に筋肉をつけるのは避けられがちなのですが、筋肉をつけることで、体の基礎代謝がアップし、1日における消費カロリーを高くすることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです、

ビタミンB群が糖質や脂質の代謝を促してくれる

さけるチーズには、「ビタミンB群」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB群には、摂取された糖質や脂質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に高い効果を発揮してくれる成分なのです。

本来、糖質や脂質を摂取すると、体に体脂肪として蓄積されるのですが、このビタミンB群を摂取することで、糖質や脂質が体脂肪になりにくくしてくれるので、太りにくい体を作ることができます。

カルシウムが脂肪吸収を抑えてくれる

さけるチーズには、「カルシウム」も豊富に含まれています。

このカルシウムには、歯や骨の強化、イライラの解消効果だけでなく、脂肪吸収を抑えてくれるというダイエット効果もあったのです。

カルシウムが摂取された脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれるので、肥満の予防に効果的と言われています。

さけるチーズの注意点・デメリット

http://bit.ly/2wqVMWI

塩分量に注意

ダイエット中のさけるチーズの注意点として、さけるチーズに含まれる塩分量が挙げられます。

さけるチーズには味付けのために塩分がたくさん使用されており、食べ過ぎることで、体内の塩分濃度が高くなってしまいます。

体内の塩分濃度が高くなると、食欲を増進してしまったり、体にむくみをs投じさせてしまったりの原因になるので、塩分の摂り過ぎに注意するようにしましょう。

お酒のカロリーに注意

さけるチーズをお酒のおつまみとして食べる方も多いです。

そんな方は、お酒のカロリーにも注意が必要です。

お酒にもカロリーが含まれており、高カロリーなさけるチーズがより高カロリーになってしまう原因になります。

ダイエット中は「お酒を控える」、「ハイボールなどの低カロリーなお酒を選ぶ」などの工夫が必要です。

さけるチーズのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2u9qffj

1日1本までにする

さけるチーズのダイエット効果を高める食べ方として、さけるチーズは1日1本までにする方法がおすすめです。

さけるチーズを1日1本までにすると、摂取カロリーを80kcalに抑えることができ、糖質や塩分量もカットすることができるので、太りにくくすることができるのです。

ただし、ローストガーリック味には、ニンニクによる食欲増進効果があるので、注意が必要です。

さけるチーズサラダがおすすめ

さけるチーズのダイエット効果を高める食べ方として、さけるチーズサラダもおすすめです。

さいたさけるチーズを、野菜サラダにトッピングして食べるという簡単なメニューなのにも関わらず、野菜に含まれる「食物繊維」によって便秘を解消し、痩せやすい体を作れるだけでなく、野菜によって満腹感が高くなり、腹持ちが良くなるので、食事や間食の量を減らすことができるので、おすすめのアレンジレシピです。

高カロリーなさけるチーズでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2wgCFOW

さけるチーズのカロリー・糖質量を紹介しました。

さけるチーズは高カロリーであることは確かですが、低糖質であるのはダイエットに向いています。

また、たんぱく質、ビタミンB群、カルシウムなどダイエット成分も豊富に含まれているので、食べ方さえ間違えなければ痩せることができる食べ物です。

ダイエット中にさけるチーズを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「1日1本まで」、「さけるチーズサラダで食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集