shutterstock_141140251

ライ麦パンのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食材に変える食べ方

ライ麦パンは、食パンなどの他のパン類と比較してもカロリーには大差はありませんが、ダイエット効果が豊富なので、食べ方さえ間違えなければ痩せることができます。今回は、ライ麦パンのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなライ麦パンでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2tZeHv0

ライ麦パンという、ダイエットをしている人の主食におすすめのパンをご存知でしょうか?

別名ドイツパンとも呼ばれるているパンです。

茶色の固めのパンで、食パンのようにふっくらしておらず天然酵母によって膨らませるため少し固めで噛みごたえがあり酸味があるのが特徴です。

このライ麦パンは、高カロリーですが、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方さえ間違えなければ痩せることも可能と言われています。

今回は、ライ麦パンのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエットにおける注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ライ麦パンのカロリーは?

http://bit.ly/2uT0qxa

ライ麦パン100gあたりのカロリーは、「約188kcal」と高カロリーです。

ライ麦パン以外のパン類のカロリー(100gあたり)

  • 食パン:約264kcal
  • フランスパン:約279kcal

このように比較すると、一見ライ麦パンのカロリーは低いように見えますが、あくまでも高カロリーなパン類の中で比較した時の話であり、全食品で見るとライ麦パンは十分高カロリーと言うことができます。

あた、ライ麦パンの中には食べやすいように小麦を混ぜているものもあるのですが、やはり100%ライ麦のものの方が断然低カロリーですのでこちらを選ぶことがおすすめです。

ライ麦パンの糖質量は?

http://bit.ly/2vdtfqD

ライ麦パンの糖質量は100gあたり「47.1g」と約半分が糖質でできていて、高糖質と言うことができます。

ライ麦パン以外のパン類の糖質(100gあたり)

  • 食パン:約44g
  • フランスパン:約54.8g

このように比較してみても、ライ麦パンの糖質量が高いということがわかります。

さらに、ジャムやマーガリンなどを使用することで、より高糖質になってしまうということも忘れないでください。

ライ麦パンのダイエット効果・メリット

http://exci.to/2f2QFc8

食物繊維が便秘を解消してくれる

カロリーでは食パンと大差がないライ麦パンですが、「食物繊維」は食パンの約1.5倍の量が含まれていると言われています。

食事制限をするダイエットでは便秘に悩まされる人もいるかと思いますが、ライ麦パンに含まれる食物繊維の整腸作用という、腸内環境を整えてくれる働きによって、便秘が解消されるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

グルテンが含まれていないので血糖値の上昇が緩やか

ライ麦100%のパンは、「グルテン」という成分を含んでおらず、グルテンが含まれていないことにより、血糖値が緩やかに上がるため糖質が体に蓄えられにくくなります。

食パンなどの小麦粉が原料のパンには、グルテンが豊富に含まれており、このグルテンによって血糖値が上昇しやすく、体に体脂肪がつきやすいのですが、ライ麦パンは太りにくいパンなのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

ライ麦パンには、「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあり、ダイエットに非常に効果的と言われています。

本来、糖質が摂取されると、インスリンというホルモンの働きによって、糖質が体脂肪に変換されるのですが、ビタミンB1を摂取することで、体脂肪になる前に糖質を代謝してくれるので、太りにくい体質になることができます。

ライ麦パンの注意点・デメリット

http://exci.to/2tTK9a1

水分や油分をきちんと摂取しないと便秘になる

先ほど、ライ麦パンには食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消に効果的と紹介しましたが、水分や油分をきちんと摂取しないと、反対に便秘になることに繋がり、太りやすくなるので注意するようにしましょう。

食物繊維には、体内の水分や油分を吸収する性質があるため、水分や油分をきちんと摂取しないと体内で水分が不足してしまい、便秘になってしまうのです。

小麦粉がブレンドされているライ麦パンに注意

ライ麦パンには、小麦を含んだものとライ麦100%のものがあります。

小麦が含まれているものは半分は食パンと同じであるので、カロリーや糖質が高めになってしまいます。

成分表示があれば強力粉や小麦と書かれていますので確認するようにしましょう。

ライ麦パンのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tZ9xPM

朝食で食べる

ライ麦パンは固めのパンで噛みごたえがあるため、満足感を得られやすい食べ物です。

そのため、食べるタイミングとして朝のご飯時をおすすめします。

朝食でしっかり満足感を得られないとお昼には空腹状態になりカロリーのあるしっかりしたランチを選んでしまいたい誘惑にかられてしまいます。

日頃から、朝食はしっかり取るように心がけたいですね。

サンドイッチがおすすめ

また癖のある味が苦手な方や、そのまま食べることに飽きてしまうこともあると思いますので、サンドイッチにして食べることもおすすめします。

トマトやレタスなどの野菜とチーズや卵などの良質なたんぱく質をとれば栄養もしっかりとれます。

挟むだけのこのサンドイッチは脂質、糖質、タンパク質、食物繊維も摂れる大変お手軽なバランスのとれたメニューになります。

高カロリーなライ麦パンで食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2nCCduw

ライ麦パンのカロリー・糖質を紹介しました。

紹介した通り、ライ麦パンは高カロリー・高糖質で、一見ダイエットには向いていないと思われがちですが、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方さえ間違えなければ痩せることも可能と言われいます。

ライ麦パンは低カロリーというわけではないものの、ダイエット効果がご飯や食パン、麺類などの主食と比較しても豊富に含まれているので、置き換えることで、痩せやすい体を手に入れることができます。

ダイエット中にライ麦パンを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「朝食で食べる」、「サンドイッチ」で食べるなどのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集