_ORP3834_content

カフェオレのカロリー・糖質は?ダイエット中に注意したい太る飲み方

カフェオレは日本でも親しまれている飲み物です。カフェオレは低カロリー・低糖質な上にダイエット効果もあり、ダイエット向きの飲み物ですが、太る要素もあり飲み方次第では太る原因にもなります。カフェオレのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める飲み方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなカフェオレでも飲み方次第では太る?

http://bit.ly/2tQ5Do9

カフェオレとは、コーヒーと牛乳を1:1の割合で混ぜた飲み物のことで、コーヒーの苦味と牛乳のクリーミーさが相性抜群の飲み物です。

そんなカフェオレですが、低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果が含まれているので、ダイエット向きの飲み物と言われています。

しかし、カフェオレにも太る要素が含まれているので、飲み方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

今回は、カフェオレのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める飲み方などを紹介します。

カフェオレのカロリーは?

http://bit.ly/2uN3D2X

カフェオレのカロリーですが、使用する牛乳の質や量、砂糖の量によって異なります。

一般的なカフェオレのコップ一杯分となる200mlあたりのカロリーは、「約97kcal」と低カロリーです。

カフェオレ以外の飲み物のカロリー(200mlあたり)

  • カフェラテ:約120kcal
  • カフェモカ:約250kcal
  • コーヒー:約8kcal
  • 牛乳:約138kcal

このように比較してみても、カフェオレのカロリーが低いことがわかります。

ただし、砂糖やガムシロップを入れたり、牛乳の割合を多くしたりすると高カロリーになることもあるので注意するようにしましょう。

カフェオレの糖質量は?

http://bit.ly/2eZB390

カフェオレの糖質量ですが、一般的な比率の1:1で作ったカフェオレの場合、200mlの糖質は、「約5.4g」となります。

カフェオレ以外の飲み物の糖質量(200mlあたり)

  • カフェラテ:約7.8g
  • カフェモカ:約18g
  • コーヒー:約1.4g
  • 牛乳:約9.6g

このように比較してみると、カフェオレは低糖質ということがわかります。

ただし、カロリー同様に砂糖やガムシロップ、牛乳の量によっては高糖質になってしまう場合もあるので、注意が必要です。

カフェオレのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uMtSq5

カフェインが脂肪燃焼してくれる

カフェオレに使用されるコーヒーには、「カフェイン」という成分が含まれています。

このカフェインには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に高い効果を発揮してくれるのです。

カフェインを適量摂取することで、頑固な体脂肪を効率良く燃焼することができるので、おすすめの成分です。

クロロゲン酸が脂肪を分解してくれる

カフェオレのコーヒーには、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」という成分も豊富に含まれています。

このクロロゲン酸には、体に蓄積された体脂肪を分解・排出してくれる働きがあると言われており、ダイエットにおいて有効な役割を持つ成分です。

カフェオレには、カフェインの脂肪燃焼効果とクロロゲン酸の脂肪分解効果のダブルで体脂肪に働きかけてくれるので、非常に高い効果を発揮してくれます。

カルシウムが脂肪吸収を抑えてくれる

カフェオレに使用される牛乳には、「カルシウム」が豊富に含まれています。

このカルシウムには、摂取された脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあると言われており、ダイエットに効果的です。

脂肪分の吸収を抑えてくれるので、太りにくい体を作ることができるのです。

カフェオレの注意点・ダイエット的なデメリット

http://bit.ly/2vXTfnt

砂糖やガムシロップのカロリーに注意

先ほども紹介しましたが、カフェオレに使用する砂糖やガムシロップのカロリーや糖質に注意するようにしましょう。

砂糖やガムシロップなどを入れることで、低カロリーなカフェオレが高カロリーになってしまうということに繋がるので、ダイエット中はできるだけ砂糖やガムシロップを入れないで飲む、量を減らすなどの工夫が必要です。

市販のカフェオレに注意

ダイエット中は、市販のカフェオレにも注意するようにしましょう。

コンビニやスーパー、自動販売機などで売っているカフェオレは、牛乳の割合が高くなっていたり、砂糖やガムシロップなどが普通のカフェオレと比べると多くなっている商品が多いです。

その結果、カロリーや糖質量が高くなってしまい、太りやすくなる原因になってしまうのです。

カフェオレのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2ubqQbq

コーヒーは無糖、牛乳は低脂肪乳で

カフェオレのダイエット効果を高める飲み方として、コーヒーは無糖、牛乳は低脂肪乳で飲む方法をおすすめします。

コーヒーは無糖、牛乳は低脂肪乳で飲むことで、最大限にカロリーや糖質を抑えることができ、太りにくくすることができるのです。

ホットで飲む

カフェオレのダイエット効果を高める飲み方として、ホットカフェオレで飲む方法もおすすめです。

なぜ、カフェオレをホットで飲むとダイエット効果が高まるのかというと、ホットで飲むことで、体を温めることができ、その結果体の働きが活発になるので、体の基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができるためです。

ダイエット中はできるだけ、アイスカフェオレではなく、ホットカフェオレで飲むようにしましょう。

低カロリーなカフェオレでも飲み方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2nCCduw

カフェオレのカロリー・糖質量を紹介しました。

カフェオレは低カロリー・低糖質な上にダイエット効果も含まれているので、ダイエットに向いている飲み物と言えます。

しかし、そんなカフェオレにも太る要素が含まれているので、飲み方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

ダイエット中にカフェオレを飲む際は、今回紹介した「コーヒーは無糖、牛乳は低脂肪乳で」、「ホットで飲む」などのダイエット効果を高める飲み方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集