9cfa596734d59c93aa73fcec47e40a35

コーヒーゼリーのカロリー・糖質は?注意したい太る食べ方・注意点

コーヒーゼリーは、低カロリー・低糖質な上にダイエット効果が豊富で、ダイエット向きの食材と言われていますが、太る要素も含まれており、食べ方次第では太る原因にもなります。今回は、コーヒーゼリーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなコーヒーゼリーでも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2uN2V60

コーヒーゼリーとは、コーヒーを使用したゼリーのことで、幅広い年齢層の方に食べられるデザートです。

コーヒーゼリーはケーキやプリンなどほかのスイーツに比べてカロリーや糖質が少なく、ダイエット効果も豊富に含まれているので、ダイエット向きの食材と言われています。

しかし、そんなコーヒーゼリーにも太る要素が含まれており、食べ方次第では太る原因にもなるので、注意が必要です。

今回は、コーヒーゼリーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

コーヒーゼリーのカロリーは?

http://bit.ly/2vapbaA

コーヒーゼリーのカロリーは商品によって差がありますが、1個あたり(約88g)「約34kcal」で、100gに換算すると「約39kcal」と非常に低カロリーなデザートです。

コーヒーゼリー以外のデザートのカロリー(100gあたり)

  • フルーツゼリー:約51kcal
  • ショートケーキ:約208kcal
  • 羊羹:約130kcal

このように比較してみても、コーヒーゼリーのカロリーが低いということがわかります。

低カロリーなコーヒーやゼラチンを使用しているため、コーヒーゼリーにしても低カロリーで済ませることができるのです。

コーヒーゼリーの糖質量は?

http://bit.ly/2uPS3T3

市販されているコーヒーゼリーは100gあたりの平均的な糖質量は、「約9.5g」で、1個88gとすると、糖質量は「約7.5g」と比較的低糖質です。

コーヒーゼリー以外のデザートの糖質量(100gあたり)

  • フルーツゼリー:約8.5g
  • ショートケーキ:約24g
  • 羊羹:約22.7g

このように比較してみても、コーヒーゼリーの糖質量が低いということがわかります。

他のデザートは、砂糖などの糖質が高い調味料を使用しているため、高糖質になっていますが、コーヒーゼリーは調味料があまり使用されていないので、糖質を低く抑えることができています。

コーヒーゼリーのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vatNxs

カフェインによる空腹感を抑えてくれる効果

コーヒーゼリーには、「カフェイン」という成分が豊富に含まれています。

このカフェインには、空腹感を抑えてくれる働きがあると言われており、お腹が空いた時にコーヒーゼリーを食べることで、満腹感を得ることができます。

低カロリーなコーヒーゼリーでお腹いっぱいになることができるので、太りにくい体を作ることができます。

クロロゲン酸による脂肪分解効果

コーヒーゼリーには、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」という成分も豊富に含まれいます。

このクロロゲン酸には、体についた体脂肪を分解・排出してくれる働きがあり、ダイエットに効果的な成分と言われています。

体脂肪が一度体につくと、なかなか排出することが難しいのですが、クロロゲン酸は摂取するだけで、効率的に体脂肪を排出することができるので、

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

コーヒーゼリーに作用されるゼラチンには、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、良質な筋肉作りをサポートしてくれる成分なのです。

筋肉というと、体重が重くなるイメージがあり、ダイエット中は避けられがちなのですが、ダイエット中こそ適量の筋肉をつけることが重要と言われているのです。

コーヒーゼリーの注意点・デメリット

http://bit.ly/2uMYMyP

ミルクや生クリームなどのカロリーに注意

よく、ミルクや生クリームなどのトッピングがされているコーヒーゼリーも見受けることができます。

コーヒーゼリーのほろ苦さと、ミルクや生クリームのクリーミーさがマッチして美味しいのですが、クリームや生クリームなどにもカロリーや糖質が含まれているので、低カロリーなコーヒーゼリーが高カロリーになってしまう原因にもなるので、注意が必要です。

満腹感は高いが腹持ちは悪い

先ほど、コーヒーゼリーは満腹感が高い食べ物でダイエットに効果的と紹介しましたが、一方で腹持ちは悪く、食べてもすぐにお腹が空き、ついつい食事や間食の量を増やしてしまいがちです。

低カロリーなコーヒーゼリーを食べているのにも関わらず、結果的に普段以上にカロリーを摂取してしまうということにも繋がるので、注意が必要です。

コーヒーゼリーのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2uQ7bQg

ゼラチンではなく寒天で作る

コーヒーゼリーのダイエット効果を高める食べ方として、ゼラチンではなく寒天で作る方法がおすすめです。

コーヒーゼリーをゼラチンではなく寒天で作ると、寒天に多く含まれている「食物繊維」を摂取することができ、便秘解消になります。

また、食物繊維は血糖値の上昇を抑え、余分なコレステロールを体の外に排出してくれる効果も期待することができるので、非常におすすめな方法です。

特に食物繊維は食事前に取ると効果的と言われているので、ぜひ試してみてください。

ブラックコーヒーで作る

コンビニやスーパーなどで売られている市販のコーヒーゼリーには、食べやすいように砂糖が含まれているものも多いです。

そういったコーヒーゼリーはやはり、砂糖が入っている分カロリーや糖質が高くなっています。

自宅でブラックコーヒーのコーヒーゼリーを作ったり、無糖のコーヒーゼリーを購入して食べるなどの工夫が必要です。

低カロリーなコーヒーゼリーでも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2nCCduw

コーヒーゼリーのカロリーや糖質量、コーヒーゼリーを使った効果的なダイエット方法について紹介しました。

コーヒーゼリーは低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエット向きの食材と言われています。

しかし、そんなコーヒーゼリーにも太る要素が含まれており、食べ方次第では太る原因にも繋がるので注意が必要です。

ダイエット中にコーヒーゼリーを食べる際は、今回紹介した「ゼラチンではなく寒天で作る」、「ブラックコーヒーで作る」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集