16512kagawaken1

かけうどんのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい食べ方

かけうどんは、ご飯やパンなどの主食と比較すると、低カロリーな上にダイエット効果も含まれているのでダイエット向きの目メニューですが、太る要素もあり食べ方次第では太る原因にも。かけうどんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなかけうどんでも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2haXAQO

かけうどんとは具のない温かいうどんのことで、多くの場合刻んだ長ネギだけが載っています。

栄養分は炭水化物がほとんどなのでバランスを考える必要がありますが、カロリー自体は低めですから食べ方次第で十分ダイエットに利用することもできます。

しかし、かけうどんにも太る要素が含まれているので、食べ方次第では太る原因になるので、注意するようにしましょう。

今回は、かけうどんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方を紹介します。

かけうどんのカロリーは?

http://bit.ly/2w7VqEn

かけうどんのカロリーは、特にめんつゆに利用した調味料によって変わってきます。

かけうどん100gあたりのカロリーは、「約79kcal」となります。

かけうどん以外の主食のカロリー(100gあたり)

  • ご飯:約168kcal
  • そば:約81kcal
  • パスタ:約149kcal
  • 食パン:約264kcal

このように比較してみても、かけうどんのカロリーが低いと言うことができます。

ただし、調理法やトッピングする具材などによって、この数値は変わってくるので、頭に入れておくようにしましょう。

かけうどんの糖質量は?

http://bit.ly/2v5o8sC

かけうどん100gあたりの糖質量は、「約55.6g」と非常に高糖質です。

かけうどん以外の主食の糖質量(100gあたり)

  • ご飯:約55.2g
  • そば:約57g
  • パスタ:約70g
  • 食パン:約44g

このように比較してみても、かけうどんの糖質量が高いということがわかります。

調理法やレシピ、トッピングする具材などによっては、これ以上に高糖質になることもあるので、注意するようにしましょう。

かけうどんのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2u707Nm

コシがあり、満腹感が高い

うどんの麺はコシがあり、噛み応えがあるため、自然と咀嚼回数が増えます。

噛む回数が少ない時と比べると、同じ量でもたくさん噛んだ方が満腹感を感じることができると言われています。

ダイエット中は、讃岐うどんなどの特にコシが強い麺を選ぶようにすると、よりダイエット効果が高まると言われています。

体を温め、基礎代謝がアップする

かけうどんは、温かいうどんなので、食べることで体が温まります。

かけうどんを食べて体が温まることで、体の働きが活発になり、その結果基礎代謝がアップするので、1日の消費カロリーを高くすることができ、痩せやすい体を作ることができると言われています。

熱いので食べるスピードが遅くなる

かけうどんは、熱い食べ物のため、自然と食べるスピードが遅くなります。

人の体は食べ始めてから20分経たないと、満腹感を感じないと言われており、早く食べれば食べるほど、満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまい、太る原因になります。

かけうどんならば、食べるスピードがゆっくりになるので、少量で満腹感を感じることができ、摂取カロリーを抑えることができるのです。

かけうどんの注意点・デメリット

http://bit.ly/2uKUne8

めんつゆのカロリーに注意

ダイエット中のかけうどんの注意点として、めんつゆのカロリーが高いという点が挙げられます。

かけうどんのめんつゆには、調味料などが使用されているので、カロリーが高くなっており、量を飲めば飲むだけ摂取カロリーを高くしてしまいます。

かけうどんのスープの飲み過ぎに注意するようにしましょう。

トッピングのカロリーに注意

かけうどんには、かき揚げなどの天ぷら類、お肉類、卵など、様々なトッピングが合います。

しかし、そのトッピングにカロリーが含まれているということは忘れてはいけなく、高カロリーな食材をトッピングしてしまうと、せっかくの低カロリーなかけうどんが無意味になってしまいます。

ダイエット中はできるだけ、低カロリーなトッピングを選ぶようにしましょう。

かけうどんのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2u6769o

うどんを食べるのは3食のうち1食にする

かけうどんのダイエット効果を高める食べ方として、主食をうどんに置き換えるのは3食のうち1食にする方法がおすすめです。

いくらカロリーが低くても1日の食事の全てをうどんにしてしまうとどうしても飽きやすいですし、特定の栄養素が不足してしまい、栄養バランスがク崩れ、太る原因になります。

生姜をトッピングする

かけうどんのダイエット効果を高める食べ方として、生姜をトッピングして食べる方法もおすすめです。

生姜には体を温めてくれる働きがあり、体が温まることで、体の働きが活発になるので、基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ってくれるのです。

かけうどん自体にも体を温めてくれる働きがあるので、生姜とのダブルの効果を期待することができると言われています。

低カロリーなかけうどんでも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2nCCduw

かけうどんのカロリー・糖質量を紹介しました。

かけうどんはカロリーが低くてダイエットには理想的なメニューです。

また、かけうどんは胃腸に負担をかからず体にやさしいというメリットもありますが、デメリットもあり、食べ方次第では太る原因になるので、注意するようにしましょう。

ダイエット中にかけうどんを食べる際は、今回紹介した「うどんを食べるのは3食のうち1食にする」、生姜をトッピングするなどのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集