d6945e31a6566268c5c5ba15aeba9f7e

シリアルのカロリー・糖質は?ダイエット中の気をつけたい食べ方・注意点

シリアルは穀物を原料とした食べ物であり、高カロリー・高糖質になっています。そのため、ダイエットに向いていないと思われがちですが、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることも。シリアルのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなシリアルでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2w84hWL

シリアルとは、穀物を原料とした食べ物で、コーンフレークやグラノーラ、オートミールなどたくさんの種類があります。

日本でも主に朝食として取り入れている方も多いシリアルですが、高カロリー・高糖質でダイエットには向いていないと思われがちです。

しかし、シリアルにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われているのです。

今回は、シリアルのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

シリアルのカロリーは?

http://bit.ly/2uGTzsh

種類別のシリアルのカロリー(100gあたり)

  • コーンフレーク:約381kcal
  • グラノーラ:約471kcal
  • オートミール:約380kcal

メーカーや食べ方によって異なってきますが、平均的な種類別のシリアルのカロリーを紹介しました。

このように見ると、シリアルのカロリーは高いと言うことができます。

穀物自体のカロリーが高く、シリアルはその穀物を使用しているため、高カロリーになってしまうのです。

シリアルの糖質量は?

http://bit.ly/2v8ert8

種類別のシリアルの糖質量(100gあたり)

  • コーンフレーク:約81.2g
  • グラノーラ:約59g
  • オートミール:約60g

このように、シリアルはカロリーだけでなく、糖質量も高くなっているのです。

コーンフレークは、シリアルの中でもずば抜けて高糖質な上に、そのほとんどが糖質でできているということなので、注意して食べるようにしましょう。

シリアルのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uL9gNE

食物繊維が便秘を解消してくれる

シリアルには、穀物由来の「食物繊維」が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的と言われています。

シリアルの食物繊維の働きで便秘が解消されることで、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなる、デトックス効果を期待することができ、痩せやすい体を作ることができるのです。

鉄分が基礎代謝を高めてくれる

シリアルには、「鉄分」も豊富に含まれていると言われています。

この鉄分には、血液中の酸素量を増やしてくれる働きがあると言われており、血液中の酸素量が増えることで、酸素が体の隅々まで行き渡りやすくなるので、体の働きが活発になり、基礎代謝をアップすることができると言われています。

体の基礎代謝がアップすることで、1日の消費カロリーを多くすることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

パントテン酸がコレステロール値を下げてくれる

シリアルには、「パントテン酸」という成分も豊富に含まれています。

このパントテン酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができ、肥満の解消に効果を発揮してくれます。

シリアルの注意点・デメリット

http://bit.ly/2w8qC6s

手軽に食べれてしまう

カロリーが高いのに手軽に食べられるのはシリアルのデメリットです。

手軽にスナック風に食べられてしまうことから食べ過ぎてしまいやすく、カロリーオーバーになっり、太る原因に繋がります。

美味しく、手軽に食べれるからといって、食べ過ぎてしまわないようにしましょう。

食べ過ぎると便秘になる

先ほど、シリアルには食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消に効果的と紹介しましたが、食物繊維を摂取し過ぎることで、反対に便秘になってしまう原因になります。

適量ならダイエットに効果的な食物繊維ですが、摂取し過ぎると太る原因になるので、注意するようにしましょう。

シリアルのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2u6Mm13

砂糖を使用していないものを選ぶ

シリアルのダイエット効果を高める食べ方として、砂糖を使用していないシリアルを選ぶ方法がおすすめです。

コンビニやスーパーなどで市販されているシリアルは、砂糖を大量に使用した商品も多く、カロリーが高めになっています。

カロリーをできるだけ抑えるためにも、砂糖を使用していないシリアルを選ぶようにしましょう。

牛乳をかけて食べる

シリアルのダイエット効果を高める食べ方として、牛乳をかけて食べる方法もおすすめです。

シリアルに牛乳をかけて食べることで、牛乳に含まれる「カルシウム」の働きで、摂取した脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれる効果を期待できます。

しかし、牛乳は高カロリーな飲み物なので、低脂肪乳を選ぶことで、カロリーが上がりにくく、ダイエット効果が高まります。

高カロリーなシリアルでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2nCCduw

シリアルのカロリー・糖質量を紹介しました。

シリアルは穀物なので基本的にはカロリーや糖質が高いものであり、気軽に食べられることからカロリーオーバーの原因になりがちです。

しかし、そんなシリアルにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われているのです。

牛乳を合わせればタンパク質やカルシウムなどのシリアルだけでは不足する栄養素も補給しやすいので、量を制限して食べるようにするのが良い方法です。

砂糖を使用していないシリアルに無脂肪牛乳を使えばカロリーも脂質も制限しやすくなってダイエットにより向きやすくなるので、是非試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集