980_ext_03_0_L

チヂミのカロリー・糖質は?ダイエット向きのメニューに変える食べ方

チヂミは日本でも馴染みの深い韓国料理です。チヂミは高カロリー・高糖質でダイエットに不向きと思われがちですが、ダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることも可能です。今回はチヂミのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなチヂミでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2vPadV4

チヂミは、日本でも馴染みの深い韓国料理の一つで、水で溶いた小麦粉に野菜や海鮮を入れて焼いた食べ物です。

自宅で簡単に作れますし、居酒屋さんなどでも置いてあるお店が多く、食べる機会も多いと思いますが、チヂミは高カロリー・高糖質な食べ物でもあります。

そのため、ダイエットに不向きな食べ物と思われがちですが、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、チヂミのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット効果を高める食べ方を紹介します。

チヂミのカロリーは?

http://bit.ly/2uErnGg

チヂミのカロリーは100gあたり「約164kcal」で、1枚分にすると「約483kcal」と高カロリーです。

チヂミ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • お好み焼き:約230kcal
  • もんじゃ焼き:約94kcal

このように比較してみると、チヂミは低カロリーに思われがちですが、全食品で見ると十分高カロリーと言うことができます。

チヂミは、小麦粉や卵、豚肉、ごま油などのカロリーが大半を占めていると言われています。

チヂミの糖質量は?

http://bit.ly/2v3AlhH

チヂミの糖質は、100gあたり「約13g」と高糖質です。

チヂミは小麦粉を水で溶いてベースにしており、小麦粉は糖質が高めの食材になるので、数値が高くなってしまうのです。

チヂミ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • お好み焼き:約15g
  • もんじゃ焼き:約9.6g

このように比較してみても、チヂミの糖質量が高いということがわかります。

チヂミはカロリー・糖質共に高いため、何も考えずに食べてしまうとあっという間に太る原因になるので注意が必要です。

チヂミのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vP6RBB

腹持ちが良い

チヂミのダイエット的なメリットとして、腹持ちが良いことが挙げられます。

チヂミは油をたくさん使い小麦粉をベースに作っているので、お腹を減りにくくすることが可能です。

チヂミは高カロリーではありますが、腹持ちが良いので間食を控えることができ1日の摂取カロリーを抑えることができるのです。

ニラに含まれるビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

チヂミによく使用されるニラには、「ビタミンB1」というビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、太りにくい体を作ることができるのです。

本来、糖質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きによって、糖質が体脂肪に変換されるのですが、ビタミンB1を摂取することで、糖質が体脂肪に変わる前に体の外に代謝してくれるので、体に脂肪がつきにくくなります。

ニラが基礎代謝を高めてくれる

ニラには、体を温めてくれる働きもあると言われています。

ニラによって体が温められると、体の働きが活発になり、その結果体の基礎代謝を高めることができ、1日における消費カロリーを高くすることができ、痩せやすい体を作ることができると言われています。

チヂミの注意点・デメリット

http://bit.ly/2v5QwdA

タレのカロリーに注意

チヂミに一般的な食べ方として、チヂミをタレにつけて食べる方法が挙げられます。

しかし、チヂミのタレはラー油や醤油でできており、タレのカロリーがチヂミのカロリーにプラスされてしまい、より高カロリーになってしまう原因になります。

ダイエット中は、できるだけタレをつけないで食べる、タレの量を減らすなどの工夫が必要です。

食欲を増進してしまう

チヂミに使用されるニラには、食欲を増進してしまう働きもあると言われているので、食べ過ぎには注意が必要です。

先ほど、ニラには、糖質の代謝を促してくれたり、基礎代謝をアップしてくれるなどのダイエット効果があると紹介しましたが、ニラを食べ過ぎてしまうと、食欲が増進され、食べ過ぎてしまい、摂取カロリーがオーバーするということに繋がるのです。

チヂミのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2w60Yiu

キムチを入れる

チヂミのダイエット効果を高める食べ方として、キムチを入れて食べる方法をおすすめします。

お店でもキムチチヂミがあるように、定番の組み合わせですが、キムチには「カプサイシン」による脂肪燃焼効果、「乳酸菌」による便秘解消効果などのダイエット効果が含まれており、チヂミのダイエット効果と相まって、より高いダイエット効果を発揮してくれるのです。

小麦粉の代わりにおからを使用する

チヂミのダイエット効果を高める食べ方として、小麦粉の代わりにおからを使用する方法もおすすめです。

おからは小麦粉よりも低カロリーな上に、「食物繊維」による便秘解消効果、「カリウム」によるむくみ解消効果などのダイエット効果が含まれており、チヂミのダイエット効果を合わさって、より高いダイエット効果を期待することができるのです。

高カロリーなチヂミでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2nCCduw

チヂミのカロリーや糖質、ダイエット的なメリットやデメリット、効果を高める工夫について紹介しました。

チヂミは、高カロリーではありますが、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第ではダイエットに向いている食品なのです。

ダイエット中にチヂミを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「キムチを入れる」、「小麦粉の代わりにおからを使用する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集