42375375e06bfba669e872fcf29672e9

スクランブルエッグのカロリー・糖質は?注意したい太る食べ方を紹介

スクランブルエッグは、朝食の定番のメニューで、低カロリーな上に、ダイエット効果が豊富な食べ物としても知られていますが、太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなります。スクランブルエッグのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなスクランブルエッグでも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2uzixtu

卵料理で調理が簡単であることから朝食に良く食べられるのがスクランブルエッグです。

スクランブルエッグは牛乳と塩コショウで味付けをしてフライパンで軽く火を通すだけと、調理工程そのものは簡単ではありますが、その口解けのよさと野菜と一緒に合わせられることから栄養バランスの良い食事が出来るため、食べられる機会が多いメニューです。

そんなスクランブルエッグは、低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれているので、ダイエットに向いている食べ物と言われています。

しかし、良い面だけでなく、スクランブンルエッグにも太る要素が含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなるので、注意が必要です。

今回は、スクランブルエッグのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエットにおける注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

スクランブルエッグのカロリーは?

http://bit.ly/2h41o6D

スクランブルエッグの100gあたりのカロリーは、「約179kcal」と低カロリーです。

スクランブルエッグ以外の卵料理のカロリー(100gあたり)

  • ゆで卵:約151kcal
  • 卵焼き:約206kcal
  • 目玉焼き:約195kcal

ゆで卵は何も味付けをしないのでカロリーが一番低い理由です。

そして卵焼きは味付けをすることで高くなり、目玉焼きは固まるまで火を通す間に油を吸収するため高くなります。

その点スクランブルエッグの場合は目玉焼きよりも調理時間が短いことから油の吸収が少ないことが低カロリーの要因と言われています。

スクランブルエッグの糖質量は?

http://bit.ly/2u0UaSd

ダイエットをする上で外せないのが脂肪の素である糖質です。

スクランブルエッグの100gあたりの糖質量は、「約0.9g」と非常に低糖質です。

スクランブルエッグ以外の卵料理のカロリー(100gあたり)

  • ゆで卵:約0.2g
  • 卵焼き:約4.6g
  • 目玉焼き:約0.2g

卵自体には、ほとんど糖質が含まれておらず、スクランブルエッグを調理する際に使用する調味料などの糖質が加わる形です。

反対を言えば、調味料に工夫をすれば、より糖質量を低くすることができるということでもあります。

スクランブルエッグのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2v9TTRU

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

スクランブルエッグには、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットに欠かせない成分なのです。

筋肉というと、体重が重くなるイメージが先行し、ダイエットの敵と思われがちなのですが、筋肉には体の基礎代謝を高めてくれる働きがあるため、痩せやすい体を作ることができます。

メチオニンも基礎代謝を高めてくれる

スクランブルエッグには、「メチオニン」という成分も豊富に含まれています。

このメチオニンには、抗酸化作用という、体を若返らせてくれる働きがあり、ダイエットに効果的な成分と言われています。

人の体は、活性酸素という物質によって傷つけられ、日々老化しています。

体が透過すると、体の働きが鈍くなり、その結果基礎代謝が落ちるので、痩せにくい体を作ってしまう原因になります。

そこで、抗酸化作用のあるメチオニンを摂取することで、活性酸素を撃退してくれるので、体の働きが活発になり、代謝がアップするので、痩せやすい体を作ることができると言われています。

アミノ酸が脂肪燃焼を促してくれる

スクランブルエッグには、「アミノ酸」も豊富に含まれています。

アミノ酸には、体内の脂肪分解酵素である「リパーゼ」の働きを活発化させる働きがあると言われており、脂肪燃焼効果を促してくれます。

体についた体脂肪を効率良く燃焼してくれるので、おすすめのダイエット成分と言うことができます。

スクランブルエッグの注意点・デメリット

http://bit.ly/2uZvUEv

コレステロールが高い

ダイエット中のスクランブルエッグの注意点として、コレステロールの高さが挙げられます。

スクランブルエッグは、コレステロールが高い食べ物として有名です。

コレステロールの高いスクランブルエッグを食べ過ぎてしまうと、血液中のコレステロール値が高くなり、中性脂肪を増やし、肥満の原因になってしまいます。

卵は1日2個までと決めておくようにしましょう。

調理する際の塩分の量に注意

スクランブルエッグを調理する際に塩と胡椒を加えますが、その際の塩分の量に注意が必要です。

塩は人間にとって必要な成分ではあるのですが、その塩を加えすぎてしまうと、食欲を増進してしまい、ついつい食べ過ぎてしまう原因や、体にむくみを生じさせる原因になってしまいます。

調理の際の塩分の量に注意するようにしましょう。

スクランブルエッグのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2w2jrNg

オリーブオイルで調理する

スクランブルエッグのダイエット効果を高める食べ方として、サラダ油ではなくオリーブオイルで炒める方法をオススメします。

サラダ油とオリーブオイルのカロリーに差はほとんどないのですが、オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」という成分には、血液中のコレステロール値を下げ、中性脂肪を減らしてくれる働きがあるので、ダイエットに非常に効果的なのです。

野菜を付け合わせとして食べる

スクランブルエッグのダイエット効果を高める食べ方として、野菜を付け合わせとして食べるという方法もおすすめです。

野菜に含まれる「食物繊維」によって、腸内環境が整えられ、便秘を解消できるので、より痩せやすい体を作ることができると言われています。

また、スクランブルエッグだけでは腹持ちが悪く、すぐにお腹が空いてしまうのですが、野菜を食べることで、腹持ちが良くなり、食事や間食の量を減らすことができます。

低カロリーなスクランブルエッグでも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2nCCduw

スクランブルエッグのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、スクランブルエッグは低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれており、ダイエットに向いているメニューですが、太る要素も含まれており、耐え方次第では太る原因になるので注意が必要です。

スクランブルエッグは、ダイエット効果だけでなく、卵由来の健康効果や美容効果も豊富に含まれているので、上手に食生活に取り入れたいメニューと言えます。

ダイエット中にスクランブルエッグを食べる際は、今回紹介した「オリーブオイルで調理する」、「野菜を付け合わせとして食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集