butabara

豚バラ肉のカロリー・糖質は?ダイエット向けの食材に変える食べ方

豚バラ肉は、豚肉の部位の中でも脂肪分が多く、高カロリーな部位と言われていて、ダイエットに不向きと思われがちですが、ダイエット効果も豊富なので、食べ方次第では痩せることも可能です。豚バラ肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな豚バラ肉でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2v9OCcY

お肉は、高カロリーなイメージがあり、ダイエット中に食べるのを避けている方も多いのではないでしょうか?

その中でも、豚バラ肉はお肉の中でも特に高カロリーに分類されるため、一見ダイエットには向いていないと思われがちですが、ダイエット効果も含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、豚バラ肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

豚バラ肉のカロリーは?

http://bit.ly/2h4VC4I

豚バラ肉のカロリーですが、個体差などはあるものの100gあたり「約386kcal」と高カロリーになっています。

豚バラ肉以外の豚肉の部位のカロリー(100gあたり)

  • 豚ヒレ:約115kcal
  • 肩ロース:約253kcal
  • スペアリブ:約277kcal

このようには比較してみても、豚バラ肉のカロリーが高いということがわかります。

豚バラ肉は、他の部位よりも脂肪量が多いので、その分カロリーが高くなると言われています。

豚バラ肉の糖質量は?

http://bit.ly/2u0G6b6

豚バラ肉に含まれている糖質量ですが、100gあたり「約0.1g」とほとんど含まれていないです。

豚バラ肉以外の豚肉の部位の糖質量(100gあたり)

  • 豚ヒレ:約0.1g
  • 肩ロース:約0.1g
  • スペアリブ:約0.1g

基本的に豚肉は糖質がほとんど含まれていないので、糖質制限を行う際には最適な食材と言えるでしょう。

豚バラ肉のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2w259fv

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

豚バラ肉には、「ビタミンB1」というビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に高い効果を発揮してくれます。

糖質を摂取すると、血糖値が上昇しますが、この血糖値を下げるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

このインスリンによって血糖値は下がるのですが、インスリンには体に体脂肪をつける働きもあると言われており、太る原因になります。

ビタミンB1を摂取することで、その糖質を代謝してくれるので、太りにくくなると言われています。

カルニチンが脂肪を燃焼してくれる

豚バラ肉には、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

カルニチンはサプリメントなどにもなっている話題のダイエット成分ですが、脂肪の燃焼を促進してくれる働きがあり、含有量は鶏肉の約7倍と言われています。

効率良く体脂肪の燃焼をしてくれるので、おすすめの成分と言うことができます。

コエンザイムQ10も脂肪を燃焼してくれる

豚バラ肉には、「コエンザイムQ10」という成分も豊富に含まれています。

このコエンザイムQ10は、美肌効果のイメージが強く、ダイエット効果があることはあまり知られていないのですが、脂肪酸の代謝を助ける作用があるので効率よく脂肪を燃焼してくれるのです。

カルニチンとコエンザイムQ10のダブルの脂肪燃焼効果で、効率良く痩せることが可能なのです。

豚バラ肉の注意点・デメリット

http://bit.ly/2uZHVK1

高カロリーになる調理法が多い

ダイエット中の豚バラ肉の注意点として、高カロリーになる調理法が多いという点です。

ただでさえカロリーが高めの豚バラ肉ですが、焼いたり炒めたり、油を使用する調理法が多く、カロリーが高くなりがちです。

ダイエット中はできるだけカロリーが高くならないような調理法で食べることをおすすめします。

食物繊維が含まれていない

豚バラ肉には様々なビタミンやミネラルが含まれていますが、食物繊維が含まれていません。

豚バラ肉は、たくさんの食べ方があり美味しいため、豚バラ肉ばかり食べてしまうという方も多いのですが、食物繊維が含まれていないため、便秘になってしまう可能性が上がります。

便秘になることで、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しにくくなるので、太りやすい体を招く原因になります。

野菜を食べるなど、栄養バランスを考えて食生活に取り入れるようにしましょう。

豚バラ肉のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2v11zou

豚キムチがおすすめ

豚バラ肉のダイエット効果を高める食べ方として、豚キムチで食べるという方法がオススメです。

豚キムチに使用されるキムチには、唐辛子が使用されていて、辛味成分であるカプサイシンによって、脂肪燃焼効果を期待することができます。

また、キムチは発酵食品なので腸の状態を整えてくれる効果も期待できるので最適です。

サラダ油ではなく、オリーブオイルで調理する

豚バラ肉のダイエット効果を高める食べ方として、サラダ油ではなくオリーブオイルで調理する方法もおすすめです。

サラダ油ではなく、オリーブオイルで調理することで、カロリーに差はないのですが、オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」という成分の、コレステロール値を下げてくれる効果を期待することができるので、より痩せやすくなると言われています。

高カロリーな豚バラ肉でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2nCCduw

豚バラ肉のカロリー・糖質量を紹介しました。

豚バラ肉は豚肉の中でも脂肪が多く含まれているのでカロリーは高めの部位になってしまうのですが、ダイエットのサポートをしてくれる成分も含まれているので、食べ方次第では痩せることもできる食材と言われています。

ダイエット中に豚バラ肉を食べる際は、今回紹介した注意点を守り、「豚キムチで食べる」、「サラダ油ではなく、オリーブオイルで調理する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集