5cb35830e4410366c1bcdf7ff43f12f4

チキンカツのカロリー・糖質は?ダイエット中でも安心して食べれる方法

チキンカツは揚げ物の中では低カロリーですが、全食品で見ると高カロリーな食べ物で、ダイエットには不向きと思われがちです。しかし、ダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることもできます。チキンカツのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなチキンカツでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2h1F1Pe

揚げ物というと、高カロリーでダイエットの大敵と思われています。

揚げ物の一種であるチキンカツは、揚げ物の中では比較的低カロリーというイメージがありますが、全食品で見ると十分高カロリーです。

チキンカツは高カロリーなため、何も考えずに食べてしまうともちろん太る原因になりますが、鶏肉由来のダイエット効果を期待することができ、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、チキンカツのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエットにおける注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

チキンカツのカロリーは?

http://bit.ly/2tXIgs2

チキンカツのカロリーは100gあたり「約214kcal」と高カロリーです。

チキンカツ以外の揚げ物のカロリー(100gあたり)

  • トンカツ:約344kcal
  • 牛カツ:約331kcal
  • カキフライ:約196kcal

このように比較してみると、チキンカツのカロリーは低いように見えますが、あくまでも高カロリーな揚げ物の中で比較した時の話であり、全食品で見ると十分高カロリーと言うことができます。

もともと鶏肉は、肉類の中では高タンパク低カロリーとして知られており、体型を気にする人たちに愛されている食材です。

そのため、豚肉や牛肉のカツよりは低カロリーになっているのです。

チキンカツの糖質量は?

http://bit.ly/2uA362s

チキンカツの糖質量は100gあたり「約7.2g」と比較的低糖質です。

チキンカツ以外の揚げ物の糖質量(100gあたり)

  • トンカツ:約6.4g
  • 牛カツ:約7.5g
  • カキフライ:約12.4g

このように比較してみても、チキンカツの糖質量が低いということがわかります。

使用される鶏肉自体には、ほとんど糖質が含まれておらず、パン粉などの糖質がプラスされている形です。

ここにソースやタルタルなどの糖質も加わるということを覚えておいてください。

チキンカツのダイエット効果・メリット

http://exci.to/2uzyZIE

たんぱく質が代謝を高めてくれる

チキンカツに使用される鶏肉には、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、良質な筋肉作りをサポートしてくれる成分なのです。

筋肉というと、体重が重くなるイメージがあり、ダイエット中は筋肉をつけることを避けがちなのですが、筋肉には体の基礎代謝を高めてくれる働きがあり、1日の消費カロリーを高め、痩せやすい体を作ることができるのです。

イミダゾールペプチドも代謝を高めてくれる

チキンカツの鶏肉には、「イミダゾールペプチド」という成分も豊富に含まれています。

普段あまり聞き慣れないイミダゾールペプチドですが、強い抗酸化作用があり、体を若返らせ、痩せやすい体を作ってくれる成分なのです。

イミダゾールペプチドには、体を老化させ、代謝を落とす原因である活性酸素を撃退してくれる働きがあり、体を若返らせることで、体の代謝をアップし、痩せやすい体を作ってくれるのです。

カルニチンが脂肪を燃焼してくれる

チキンカツの鶏肉には、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあり、非常に高いダイエット効果を発揮してくれるのです。

体についた体脂肪を効率的にかつ効果的に解消してくれるカルニチンは、ダイエット中は積極的に摂取したい成分です。

チキンカツの注意点・デメリット

http://bit.ly/2h1k9rp

ソースのカロリーに注意

ダイエット中のチキンカツの注意点として、ソースのカロリーが高いという点が挙げられます。

チキンカツにソースをかけて食べるのが一般的な食べ方だと思いますが、ソースは高カロリーな調味料なため、チキンカツがより高カロリーになってしまう原因になります。

ダイエット中はできるだけソースの量を減らす、カロリーが抑えてあるソースを選ぶなどの工夫が必要です。

部位によってより高カロリーになる

ダイエット中のチキンカツのデメリットとして、使用する部位によってカロリーが異なるという点です。

皮付きのジューシーな胸肉は人気ですが、やはりややカロリーは高め。

できれば皮なしのもも肉を使うことで、カロリーを抑えることができるので、おすすめです。

パサつきがちなもも肉も、揚げることでしっとりジューシーに仕上がります。

チキンカツのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2vZflVQ

パン粉を細かくして揚げる

チキンカツのダイエット効果を高める食べ方として、細かいパン粉を使用して挙げる方法がおすすめです。

荒めのパン粉はザクザクの食感が美味しいですが、その分油を含みカロリーも高めになってしまいます。

そこで、細かめのパン粉で油の吸収を最小限にしましょう。

また、油もサラダ油ではなく、オリーブオイルを使用することで、「オレイン酸」の働きによって、コレステロール値を下げることができるなどのダイエット効果も期待することができます。

最初にキャベツを食べる

チキンカツのダイエット効果を高める食べ方として、最初にキャベツを食べる方法もおすすめです。

最初にキャベツを食べることで、キャベツによってある程度満腹感を得ることができるので、チキンカツやご飯などの量を減らすことができるので、摂取カロリーをカットすることができます。

また、キャベツに含まれる「食物繊維」によって、便秘を解消することができるので、より痩せやすい体を作ることができるのです。

高カロリーなチキンカツでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2nCCduw

チキンカツのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、チキンカツは他の揚げ物と比べると低カロリーですが、食品全体で見ると十分高カロリーになっています。

しかし、そんなチキンカツにも、鶏肉由来のダイエット効果が含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

ダイエット中にチキンカツを食べる際は、今回紹介した「パン粉を細かくして揚げる」、「キャベツを最初に食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集