ab68a09487de1b85b221bc2478adf148

カレイの煮付けのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい食べ方

カレイは魚の中でも低カロリーで、そのカレイを煮付けたカレイの煮付けもカロリーが低いのでダイエット向きですが、太る要素もあり食べ方次第では太る原因にもなります。今回は、カレイの煮付けのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなカレイの煮付けでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2vVfKZs

カレイは魚類の中でも低カロリーでダイエット中にも食べやすいため、煮付けにして食べる方も多いです。

カレイを煮付けたカレイの煮付けでも、カロリーは低く、その上ダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエットに向いているメニューと言えます。

しかし、そんなカレイの煮付けにも太る要素も含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなるので注意するようにしましょう。

今回は、カレイの煮付けのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

カレイの煮付けのカロリーは?

http://exci.to/2vV7Yic

カレイの煮付けのカロリーは、100あたり「約103kcal」と低カロリーになっています。

カレイの煮付け以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ぶり大根:約83kcal
  • ヒラメのムニエル:約209kcal

このように比較してみても、カレイの煮付けのカロリーが低くなっているということがわかります。

カレイ自体のカロリーが、100gあたり「約95kcal」と低くなっているため、調味料などを使用して煮付けても低カロリーに抑えることができるのです。

カレイの煮付けの糖質量は?

http://bit.ly/2utpUml

では糖質の面で見た場合はどうなるのかですが、カレイの煮付けの糖質は100gあたり「約4g」含と低糖質です。

カレイの煮付け以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ぶり大根:約5g
  • ヒラメのムニエル:約6g

このように比較してみても、カレイの煮付けの糖質量が低いということがわかります。

しかし、カレイ自体の糖質量は100gあたり「約0.1g」ほどなため、煮付けることで糖質量が上がってしまいます。

これは、砂糖やみりんなどの糖分の高い調味料を使っているところが原因となっていて、調味料などの量によって、これ以上に高糖質になってしまうこともあるので、注意するようにしましょう。

カレイの煮付けのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vF6Xvl

タウリンがコレステロール値を下げてくれる

カレイの煮付けには、「タウリン」という成分が豊富に含まれています。

このタウリンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に高い役割を果たしてくれます。

タウリンの働きにより、血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消の効果的と言われています。

ビタミンDが食欲を抑えてくれる

カレイの煮付けには、「ビタミンD」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンDには、満腹ホルモンの「レプチン」という成分の分泌量を高くしてくれる働きがあります。

体内でビタミンDが欠乏すると、レプチンというホルモンの分泌量が少なくなり、その結果食べ物を食べてもなかなか満腹感を感じることができなくなります。

そこで、ビタミンDを摂取することで、レプチンの分泌量を増やすことができるので、満腹感を感じやすくなり、食欲を抑えることができるのです。

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

カレイの煮付けのカレイには、「たんぱく質」も豊富に含まれています。

このたんぱく質を摂取することで、体で良質な筋肉が作られるのをサポートしてくれます。

体で筋肉が作られることで、体に基礎代謝を高めることができるので、1日の消費カロリーを高くすることができるので、ダイエットに非常に効果的なのです。

カレイの煮付けの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tybwq6

お店で食べるカレイの煮付けのカロリーに注意

ダイエット中は、お店で食べるカレイの煮付けのカロリーに注意するようにしましょう。

お店のカレイの煮付けは、味を良くするために砂糖やみりんなどの調味料を多く使用していることが多いです。

砂糖やみりんなどの調味料がたくさん入っていることで、カレイの煮付けのカロリーが高くなってしまい、太る原因になってしまいます。

また、お店のカレイの煮付けは定食になっていることも多く、ご飯などのカロリーもプラスされてしまうという点も頭に入れておきましょう。

塩分量に注意

カレイの煮付けに含まれる塩分量にも注意が必要です。

カレイの煮付けは、調味料による塩分量が多い食べ物としても有名です。

塩分を摂り過ぎて、体内で塩分濃度が高くなると、食欲を増進して食べ過ぎてしまったり、体にむくみを生じさせてしまう原因になります。

カレイの煮付けのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://exci.to/2uUTXUu

生姜をトッピングして食べる

カレイの煮付けのダイエット効果を高める食べ方として、生姜をトッピングして食べるという方法をおすすめします。

生姜には、体を温めることで、体に基礎代謝を高めてくれる働きがあり、より痩せやすい体を作ってくれる素になってくれます。

煮付けと生姜の味の相性も抜群なので、おすすめの方法です。

子持ちでないカレイを使用する

子持ちカレイを煮付けにする場合もありますが、子持ちカレイの場合は通常のカレイと比較するとカロリーが高くなってしまう傾向があります。

これは魚卵そのものが高いカロリーを含んでいるためだとされていて、煮付けにするのであれば子持ちカレイではなく通常のカレイを使用する方が低カロリーなのでダイエット効果を高められます。

低カロリーなカレイの煮付けでも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2kc6n3b

カレイの煮付けのカロリー・糖質量を紹介しました。

カレイの煮付けはカレイそのもののカロリーや糖質が低くなっているため、調理しても低カロリーかつ低糖質の料理としてダイエット中でも手軽に食べられるところが魅力です。

しかし、そんなカレイの煮付けにも太る要素が含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

ダイエット中にカレイの煮付けを食べる際は、今回紹介した「生姜をトッピングして食べる」、「子持ちでないカレイを使用する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集