2196_ext_03_0_L

もつ煮のカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい太る食べ方

もつ煮はホルモンの一種である、もつをふんだんに使用していますが、低カロリー・低東夷sつなメニューでダイエット向きです。しかし、太る要素も含まれており、食べ方次第では太る原因にも。もつ煮のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなもつ煮でも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2tFjwK2

もつ煮はお酒のおつまみから日常的な食事にまで広く親しまれてきた日本の伝統料理の一つです。

地域によってバリエーションもあって楽しみ方も様々な上に、低カロリーかつダイエット効果が豊富なメニューで、ダイエットに用いることもできると言われています。

しかし、そんなもつ煮にも太る要素が含まれており、食べ方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

今回は、もつ煮のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

もつ煮のカロリーは?

http://bit.ly/2tbSXeb

もつ煮のカロリーは使用する具材によって大きく違います。

豚モツを使う場合もあれば牛モツを使うものもあり、合わせる野菜や味付けなどにもバリエーションがあります。

典型的なものでは100gあたりのカロリーは「約110kcal」ほどと低カロリーです。

九州地方の郷土料理として知られるもつ鍋の場合には野菜が多くてヘルシーになっているので100gあたり「約74kcal」とさらに低カロリーに。

もつ煮以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 牛すじ煮込み:約65kcal
  • 筑前煮:約112kcal
  • 肉じゃが:約128kcal

このように比較してみても、もつ煮のカロリーが低いということがわかります。

もつ煮のカロリーが低いのは、一度もつを煮込んで下処理をする間に余分な脂質を取り除けているためと言われています。

もつ煮の糖質量は?

http://bit.ly/2gYDTfa

甘い味付けをして煮込んだ場合には砂糖やみりんなどの調味料に由来する糖質が多くなりますが、一般的にもつ煮に使用されている具材には低糖質のものしかほとんどないのです。

そのため、典型的なもつ煮であれば糖質は100gあたり「約1.2g」と低糖質です。

もつ煮以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 牛すじ煮込み:約3.2g
  • 筑前煮:約9.3g
  • 肉じゃが:約13.6g

このように比較してみても、もつ煮の糖質量が低いということがわかり、もつ煮はカロリーだけでなく糖質の面からも優れた料理と言うことができるのです。

もつ煮のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2gZ0c4p

ビタミンB群が糖質の代謝を促してくれる

もつ煮のもつには、「ビタミンB群」というビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンB群には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあるといわれており、ダイエットに非常に効果的な成分と言われています。

本来、糖質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きで、糖質は体脂肪に変換されやすいのですが、ビタミンB群を摂取していることで、糖質が脂肪に変わる前に代謝されるので、肥満の予防に効果的なのです。

不飽和脂肪酸がコレステロール値を下げてくれる

もつ煮のもつには、「不飽和脂肪酸」という成分も豊富に含まれています。

この不飽和脂肪酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあり、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果を発揮してくれると言われています。

鉄分が基礎代謝を高めてくれる

もつ煮のもつには、「鉄分」が豊富に含まれています。

この鉄分には、血液中の酸素量を増やしてくれる働きがあり、血液中の酸素量が増えることで、体の隅々まで酸素が行き渡りやすくなるので、代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができるのです。

現代人は鉄分が不足しがちと言われているので、鉄分を意識的に摂取するようにすると、簡単に痩せることができるかもしれません。

もつ煮の注意点・デメリット

http://bit.ly/2usP705

煮汁を飲み干さない

ダイエット中のもつ煮の注意点といして、煮汁の飲み干すことでカロリーが上がると言う点が挙げられます。

煮汁にはもつの脂や調味料が溶け込んでおり、カロリーが高くなっています。

この煮汁を飲み干してしまうと、余計なカロリーを摂取することになり、太る原因になるので、注意するようにしましょう。

お酒のカロリーに注意

ダイエット中のもつ煮のデメリットとして、お酒のカロリーも挙げられます。

居酒屋さんでもおつまみとして置いてあるお店も多いように、もつ煮はお酒によく合う食べ物としても有名です。

もつ煮をお酒のおつまみとして食べる際は、お酒のカロリーに注意して、焼酎やサワー、ハイボールなどの低カロリーなお酒を選ぶようにしましょう。

もつ煮のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2eJRGFR

事前に下茹でして調理する

もつ煮のダイエット効果を高める食べ方として、もつを事前に下茹でしてから調理するという方法をおすすめします。

もつを一度下茹ですることで、余分な脂を落とすことができ、もつ煮として調理して食べる際のカロリーを抑えることができるのです。

一手間加えるだけで、簡単にカロリーを低くすることができます。

もつの量を減らし、大根や人参の量を増やす

もつ煮のダイエット効果を高める食べ方として、もつの量を減らし、大根や人参の量を増やすという方法もオススメです。

もつ煮のカロリーの大半をもつのカロリーが占めていると言われており、そのもつの量を減らすことで、全体のカロリーをカットすることができるのです。

もつの代わりに、大根や人参などの野菜を増やすことで、満腹感はそのままで、カロリーを抑えたもつ煮の出来上がりです!

低カロリーなもつ煮でも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2kc6n3b

もつ煮にカロリー・糖質量を紹介しました。

もつ煮は、低カロリー・低糖質な上にダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエットに向いているメニューと言えます。

もつ煮にはダイエットだけでなく、健康や美容に良い栄養素もバランスよく含まれていることから、上手に食生活に取り入れていきたいのですが、太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

ダイエット中にもつ煮を食べる際は、今回紹介した「事前に下茹でして調理する」、「もつの量を減らし、大根や人参の量を増やす」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集