de925811ff187ad2598b2efbdc2e37a9

ロースハムのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食材に変える食べ方

ロースハムは肉類の中では低カロリーと言われていますが、全食品で見ると高カロリーなため、ダイエットに不向きと思われがちです。しかし、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることも。ロースハムのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなロースハムでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2gYFqBU

ロースハムは肉類の中では低カロリーな食べ物ですが、あくまでも高カロリーな肉類の中の話であり、全食品で見ると高カロリーな食材です。

しかし、そんなロースハムにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、ロースハムのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ロースハムのカロリーは?

http://bit.ly/2eK9sIR

ロースハムというのは豚ロース肉で作られた加工食品です。

サンドイッチ、サラダ、ハムエッグなどに用いられることが多いロースハムの100gあたりのカロリーは、「約196kcal」ほどと言われています。

ロースハム以外の食べ物のカロリー(100あたり)

  • ボンレスハム:約118kcal
  • サラミ:約497kcal
  • ビーフジャーキー:約315kcal

このように比較してみると、ロースハムのカロリーは低いように見えますが、先ほども紹介したように、肉類の中では低カロリーですが、全食品で見るとロースハムは十分高カロリーと言うことができます。

さらに、調理法やレシピ次第では、より高カロリーになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

ロースハムの糖質量は?

http://bit.ly/2uvJzR3

ロースハム100gあたりの糖質量は、「約1.3g」と低糖質です。

ロースハム以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ボンレスハム:約1.8g
  • サラミ:約2.1g
  • ビーフジャーキー:約6.4g

このように比較してみても、ロースハムの糖質量が低いということがわかり、糖質制限ダイエットに向いていると言われています。

ただし、調理法やレシピなどの食べ方によっては、高糖質になってしまうこともあるので注意が必要な食材です。

ロースハムのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uvD4xj

たんぱく質が代謝を高めてくれる

ロースハムには、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質はダイエットに非常に高い効果を発揮してくれる成分で、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われています。

筋肉というと、体重が重くなるイメージがあり、ダイエット中に筋肉をつくれることは敬遠されがちなのですが、筋肉をつけることで、体の代謝をアップすることができ、1日のにおける消費カロリーを高くすることができるのです。

オレイン酸がコレステロール値を下げてくれる

ロースハムには、「オレイン酸」という成分も豊富に含まれています。

このオレイン酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができると言われています。

中性脂肪を減らすことで、肥満の解消に一躍買ってくれる成分なのです。

カルニチンが脂肪を燃焼してくれる

ロースハムには、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエット中の頑固な体脂肪に高い働きかけをしてくれる成分です。

カルニチンを摂取するだけで、なかなか排出することのできなかった体脂肪を効率良く燃焼してくれるので、おすすめの成分です。

ロースハムの注意点・デメリット

http://bit.ly/2uURDwZ

塩分量に注意

ダイエット中のロースハムの注意点として、含まれる塩分量が多い点が挙げられます。

ロースハムは、加工食品のため多くの塩分が含まれていて、食べ過ぎると塩分の過剰摂取に繋がり、食欲を増進してしまったり、体にむくみを生じさせる原因になってしまうので、注意するようにしましょう。

脂質量に注意

ダイエット中のロースハムの注意点として、脂質量が高いという点も挙げられます。

ロースハムの原料は豚肉のため、脂質量が多くなっています。

脂質量が多いので、カロリー以上に太ってしまうということに繋がるので注意するようにしましょう。

ロースハムのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2vES3W0

一度茹でて食べる

ロースハムのダイエット効果を高める食べ方として、一度茹でて食べるという方法をオススメします。

ロースハムはそのまま食べることができ、メリットではあるのですが、ロースハムを茹でて一手間加えることで、余分な油が落ちて、その分だけカロリーが少なくなるのです。

野菜に混ぜて食べる

ロースハムのダイエット効果を高める食べ方として、野菜に混ぜて食べる方法もオススメです。

ロースハムを野菜のサラダに混ぜて食べることで、野菜に含まれる、「食物繊維」による便秘解消効果、「カリウム」によるむくみ解消効果などのダイエット効果を期待することができます。

ロースハムのダイエット効果に野菜のダイエット効果が相まって、より高いダイエット効果を期待することができると言われています。

高カロリーなロースハムでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ロースハムのカロリー、糖質量、ダイエット効果、注意点などについて紹介してきしましたが、いかがだったでしょうか。

ロースハムは高カロリーで、一見ダイエットには向いていないと思われがちですが、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

ダイエット中にロースハムを食べる際は、今回紹介した「一度茹でて食べる」、「野菜サラダに混ぜて食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集