nikudango01

肉団子のカロリー・糖質は?食べ方に工夫をしてダイエット向けの食材に

肉団子は豚ひき肉を使用しているため高カロリーで、一見ダイエットには不向きと思われがちですが、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われています。肉団子のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな肉団子でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2uvA0RP

子供から大人まで広く愛している家庭的な食品である肉団子は様々な料理に活用されています。

肉団子は豚ひき肉やパン粉を使用して作られているため、高カロリーでダイエットには向いていないと思われがちですが、豚肉や玉ねぎ由来のダイエット効果を期待することができるので、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、肉団子のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

肉団子のカロリーは?

http://bit.ly/2uw0qDi

肉団子は様々な形で料理されることからその方法次第でカロリーにも違いが生じます。

肉団子の作り方にも色々なものがありますが、20%程度の玉ねぎを少し混ぜて食感をよくし、重さで5%程度のパン粉などをつなぎとして使うのが基本です。

これを考慮して豚ひき肉で肉団子を作るとカロリーでは100gあたり「約158kcal」になります。

肉団子以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • つみれ:約110kcal
  • つくね:約171kcal

このように比較してみても、肉団子のカロリーが高いということがわかります。

また、よく食べられている肉団子の甘酢あんかけの場合には100gあたり「約201kcal」であり、あんに由来するカロリーが多くなるのが特徴です。

肉団子の糖質量は?

http://amba.to/2eJN7eq

肉団子は基本的には豚ひき肉などのひき肉なので糖質はほとんど含まれていませんが、団子にするときに合わせるものによって糖質が含まれることになります。

カロリーの場合と同様にして玉ねぎとパン粉を使用して肉団子を作ると100g中に含まれている糖質量は「約3.5g」と低糖質です。

肉団子以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • つみれ:約6.5g
  • つくね:約6.4g

このように比較してみても、肉団子の糖質量が低いということがわかります。

ただし、肉団子にあんかけをかけたり、肉団子をスープや鍋に入れたりすると、この数値よりも糖質が高くなることもあるので、注意が必要です。

肉団子のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2v27yKy

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

肉団子に使用される豚肉には、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、良質な筋肉作りをサポートしてくれるのです。

体で筋肉が作られることで、体の基礎代謝を高めることができ、1日における消費カロリーを高くすることができるので、ダイエットに非常に高い役割を担ってくれるのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

肉団子に使用される豚肉には、「ビタミンB1」というビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、脂肪がつきにくい体を作ってくれる素になります。

本来、糖質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きによって、糖質が体脂肪に変えられてしまうのですが、ビタミンB1を摂取することで、糖質が体脂肪に変わる前に代謝してくれるので、肥満の予防に効果的なのです。

玉ねぎのケルセチンがコレステロール値を下げてくれる

肉団子に使用される玉ねぎには、「ケルセチン」という成分が豊富に含まれています。

このケルセチンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的なのです。

肉団子の注意点・デメリット

http://bit.ly/2v2zaiy

ミートボールや甘酢あんかけに注意

肉団子の食べ方として、ミートボールや甘酢あんかけなどの食べ方が一般的ですが、これらの食べ方はミートボルのタレや甘酢あんに含まれるカロリーが高く、もともと高カロリーな肉団子がより高カロリーになって太る原因になってしまいます。

ダイエット中はできるだけ低カロリーでヘルシーな調理法やレシピで食べるようにしましょう。

市販の肉団子には脂質が多く使用されているものが多い

肉団子はカロリーがやや高めで脂質が多いのはダイエット的にはデメリットです。

脂質が多いのは特に問題になりやすく、特にコンビニやスーパーなどで販売されている肉団子は、旨味を出すために余計に豚の脂を足している商品も多いです。

ダイエット中はできるだけ、脂質があまり含まれていない肉団子を選ぶようにすると良いでしょう。

肉団子のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://amba.to/2uvL2GQ

生姜を入れて食べる

肉団子のダイエット効果を高める食べ方として、肉団子の中に生姜を入れて食べる方法をおすすめします。

生姜には、体を温めてくれる働きがあると言われており、体が温められることで、体の働きを活発にすることができ、その結果体の基礎代謝を高めることができるので、よりダイエット効果が高まると言われています。

茹でるか焼いて食べる

ダイエットにうまく肉団子を取り入れていく方法として、調理方法は茹でるか焼くのに限定するのが大切です。

揚げたり、あんかけにしたりしてしまうとカロリーが高くなってしまいますが、茹でたり焼いたりすると脂を減らすことができるのでヘルシーな料理に一変するのです。

高カロリーな肉団子でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

肉団子のカロリー・糖質量を紹介しました。

肉団子は低糖質ではあるものの、豚ひき肉由来の脂が多いのでカロリーは高めです。

しかし、タンパク質やビタミンB1が多いことからダイエット向きの食品であるのも確かであり、カロリーを減らすように調理するなどの工夫を凝らせば、痩せることができる食べ物と言われています。

ダイエット中に肉団子を食べる際は、今回紹介した「生姜を入れて食べる」、「茹でるか焼いて食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集