15313

クラムチャウダーのカロリー・糖質は?ダイエット向けに変える食べ方

クラムチャウダーは、たくさんの具材をホワイトソースやバター、牛乳などで煮込んでいるので高カロリー・高糖質ですが、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることも可能です。クラムチャウダーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなクラムチャウダーでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2tTech2

クラムチャウダーは、肉や魚介類、野菜類などのたくさんの具材をホワイトソース、バター、牛乳などで煮込んでいるため、高カロリーなメニューです。

しかし、具材由来のダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

今回はクラムチャウダーのカロリーや糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

クラムチャウダーのカロリーは?

http://bit.ly/2us5fgA

クラムチャウダーのカロリーは1人前350gで「約371kcal」であり、カロリー単体で見るとやや高めになっている傾向があります。

クラムチャウダー以外の食べ物のカロリー(1人前あたり)

  • クリームシチュー:約265kcal
  • ビーフシチュー:約340kcal
  • カレーライス:約512kcal

このように比較してみても、クラムチャウダーのカロリーが高いということがわかります。

クラムチャウダーには、ホワイトソースやバター、牛乳などがたくさん使用されているので、このような高い数値になっているのです。

クラムチャウダーの糖質量は?

http://bit.ly/2urxlJ5

クラムチャウダーの糖質は1人前350gあたり「約29.6g」とカロリー同様、糖質も高めの数値になっています。

クラムチャウダー以外の食べ物の糖質量(1人前あたり)

  • クリームシチュー:約14.3g
  • ビーフシチュー:約12g

このように比較してみても、クラムチャウダーの糖質量が高いということがわかります。

クラムチャウダーの糖質量が高い理由としては、ジャガイモや玉ねぎが多めに使用されている点と、ホワイトソースが含んでいる糖質が高い点が挙げられています。

そのため糖質制限ダイエットを行なっている人の場合は気軽に食べられませんし、食べる際には量に気を付ける必要があります。

クラムチャウダーのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2tTech2

玉ねぎのケルセチンによる脂肪吸収を抑えてくれる効果

クラムチャウダーに使用される玉ねぎには、「ケルセチン」という成分が豊富に含まれています。

このケルセチンには、摂取された脂肪が体に吸収されるのを防いでくれる働きがあり、ダイエットに非常に効果的な成分と言われています。

ケルセチンが食べ物や飲み物によって摂取された脂肪分が体に吸収され、体に脂肪をつきにくくしてくれるので、肥満の予防に効果を発揮してくれるのです。

あさりのタウリンによるコレステロール値を下げてくれる効果

クラムチャウダーに使用されることの多いあさりですが、あさりには「タウリン」という成分が豊富に含まれています。

このタウリンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあり、その結果体内の中性脂肪も減らすことができるので、ダイエットに大きな役割を果たしてくれるのです。

キャベツの食物繊維による便秘解消効果

クラムチャウダーに使用されることの多いキャベツには、「食物繊維」が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に一役買ってくれます。

食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるので、ダイエットに非常に効果的な成分なのです。

クラムチャウダーの注意点・デメリット

http://bit.ly/2eH8aOR

パンやご飯のカロリーに注意

クラムチャウダーの一般的な食べ方として、クラムチャウダーをパンやご飯などの主食のおかずとして食べる方法が挙げられますが、この際のパンやご飯のカロリーに注意が必要です。

パンやご飯は炭水化物なので、カロリーが高くなっていて、クラムチャウダーのカロリーと合わさり、より高カロリーになってしまう恐れがあります。

ダイエット中はパンやご飯などの炭水化物を控えるか、量を減らすなどの工夫をするようにしましょう。

冷たいクラムチャウダーに注意

温かいクラムチャウダーが一般的ですが、冷たいクラムチャウダーもあります。

冷たいクラムチャウダーも美味しいのですが、冷たいが故に体を冷やしてしまう原因になり、その結果体の働きが鈍くなるので、代謝が落ち、太りやすい体を作ってしまいます。

ダイエット中は温かいクラムチャウダーを食べるようにしましょう。

クラムチャウダーのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2uQfOMM

肉類を減らし、キャベツを多く使用する

クラムチャウダーのダイエット効果を高める食べ方として、肉類を減らし、その代わりにキャベツを使用する方法がおすすめです。

肉類はやはり高カロリーで、クラムチャウダーのカロリーを引き上げてしまうため、量を減らすことで、カロリーを抑えることができます。

その代わりにキャベツを多く使用することで、満腹感を損なわずに食べることができる上に、キャベツに含まれる食物繊維をたくさん摂取することができ、ダイエットに効果的です。

玉ねぎをたくさん入れる

クラムチャウダーのダイエット効果を高める食べ方として、玉ねぎをたくさん入れて食べる方法もおすすめです。

玉ねぎをたくさん入れた方が良い理由は、玉ねぎには体を温めてくれる働きがあり、体の働きを高め、体の代謝を高めてくれる効果を期待できるためです。

高カロリーなクラムチャウダーでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

クラムチャウダーのカロリー・糖質量を紹介しました。

クラムチャウダーはホワイトソースやバター、牛乳など高いカロリーや糖質のものを使用しているため、どうしても全体的に高カロリーになってしまいます。

しかし、具材由来のダイエット効果を期待できますし、具材を工夫すればカロリーや糖質を手軽にカットできるので、食べ方次第では痩せれると言われています。

ダイエット中にクラムチャウダーを食べる際は、今回紹介した「肉類を減らし、キャベツを多く使用する」、「玉ねぎをたくさん入れる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集