w621_GettyImages-476763236

アスパラのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意すべき食べ方

アスパラは野菜の中でも特に低カロリーな上に、ダイエット効果が豊富で、ダイエットに用いることができる野菜ですが、太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。今回はアスパラのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなアスパラでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2udOIP3

アスパラガスは、低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれているので、ダイエットに効果的な野菜と言われています。

ダイエットに良いとされる野菜の中でも、特に効果が高いと言われるアスパラガスですが、太る要素も少なからず含まれており、食べ方次第では太る原因にもなるので注意するようにしましょう。

今回は、アスパラのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエットにおける注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

アスパラのカロリーは?

http://bit.ly/2uLZKfZ

アスパラ100gあたりのカロリーは、「約22kcal」と低カロリーです。

アスパラ以外の野菜のカロリー(100gあたり)

  • ブロッコリー:約33g
  • カリフラワー:約27kcal
  • コールラビ:約21kcal

このように比較してみても、アスパラのカロリーが低いと言うことができます。

中くらいの大きさのアスパラ四本で100g程度なので、一度にこの程度を食べてもカロリー過多になることはないのです。

アスパラの糖質量は?

http://bit.ly/2vFdvcB

アスパラの糖質量は100gあたり「約2.1g」と低糖質です。

アスパラ以外の野菜の糖質量(100gあたり)

  • ブロッコリー:約0.8g
  • カリフラワー:約2.3g
  • コールラビ:約3.2g

この中で比較してみると、アスパラの糖質量は高めですが、全食品で見るとアスパラの糖質量は低いです。

アスパラはカロリー・糖質共に低いため、食べ方さえ間違えなければ、ダイエットに非常に有効な食べ物なのです。

アスパラのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vFfzBC

アスパラギン酸が基礎代謝を高めてくれる

アスパラがダイエットに向いているのはカロリーが低いだけでなく、ダイエットに対して有用な成分も含んでいるのが特徴です。

アミノ酸の一種である「アスパラギン酸」が豊富なのはアスパラの特性であり、このアスパラギン酸の働きにより、体の基礎代謝を高めることができ、1日の消費カロリーを高くすることができると言われています。

カリウムがむくみを解消してくれる

アスパラには、「カリウム」という成分も豊富に含まれています。

このカリウムには、利尿作用があり、体のむくみを解消してくれるのに効果的と言われています、

人の体がむくむ主な原因は、余分な水分が体の部位に蓄積されることによるものですが、利尿作用のあるカリウムを摂取することで、尿と一緒にこの余分な水分を排出することができるので、頑固なむくみの解消に効果的なのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

アスパラには、「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果を発揮してくれると言われています。

本来、食べ物から糖質を摂取すると、体内の血糖値が上がり、血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値は下がるのですが、インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれており、体に脂肪を蓄える働きもあります。

そこで、ビタミンB1を摂取して、糖質を代謝することで、血糖値の上昇を抑えることができ、その結果インスリンの分泌も抑えることができるので、太りにくくなるのです。

アスパラの注意点・デメリット

http://bit.ly/2ttaeR7

ドレッシングのカロリーに注意

アスパラを食べる際に、ドレッシングをかけて食べる方も多いと思います。

ドレッシングは油を使用しているので、高カロリーなものが多く、ドレッシングをかけ過ぎてしまうと、せっかくのアスパラの低カロリーが意味をなさなくなってしまいます。

ドレッシングの量を減らしたり、ノンオイルのドレッシングを使用するなどの工夫をするようにしましょう。

ホワイトアスパラガスはグリーンアスパラガスよりも栄養価が落ちる

アスパラには、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスがありますが、ダイエットに向いているのはグリーンアスパラガスと言われています。

ホワイトアスパラガスは、グリーンアスパラガスと比べると、栄養価が落ちると言われているので、ダイエット中はできるだけホワイトよりもグリーンにアスパラを選ぶようにしましょう。

アスパラのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tifNxs

生で食べる

アスパラのダイエット効果を高める食べ方として、アスパラを生でそのまま食べる方法をおすすめします。

アスパラは生で食べるのが良い理由は、茹でたり焼いたり火を通してしまうと、アスパラに含まれるダイエット成分である「アスパラギン酸」が壊れてしまい、ダイエット効果が半減してしまうと言われているためです。

アスパラギン酸には、体の基礎代謝を高め、1日の消費カロリーを高めてくれるダイエット効果があるため、アスパラを生で食べて最大限摂取量を高めると良いでしょう。

穂先も食べる

アスパラのダイエット効果を高める食べ方として、アスパラの穂先も食べる方法をおすすめします。

アスパラの穂先には、茎よりもダイエット効果が豊富に含まれていると言われているので、穂先まで食べることで、アスパラのダイエット効果を最大限に引き出すことができるのです。

今まで穂先を食べずに捨てていたという方は、穂先まで食べるようにすると良いでしょう。

低カロリーなアスパラでも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2kc6n3b

アスパラのカロリー・糖質量を紹介しました。

アスパラは低カロリーかつ低糖質でダイエットに向いている茎野菜です。

ダイエットを促進するのに役立つアスパラギン酸も豊富であり、食物繊維やビタミンB群なども豊富ですが、太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなるので注意するようにしましょう。

ダイエット中にアスパラを食べる際は、今回紹介した注意点を守り、「生で食べる」、「穂先まで食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集