l_1332318770_6083

野菜炒めのカロリー・糖質は?よりダイエット効果を高める食べ方・コツ

野菜炒めは、一度にたくさんの野菜や肉を摂取することができるメニューです。野菜炒めは低カロリーな上にダイエット効果が豊富で痩せれる食べ物ですが、食べ方次第では太る原因にも。今回は、野菜炒めのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな野菜炒めでも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2gMU6nN

野菜炒めは、多くのお店で食べることができ、また自宅でも簡単に作ることができるメニューとして、食べる機会が多い食べ物です。

一度にたくさんの野菜を摂ることができ、健康や美容に良いとされていますが、野菜炒めは低カロリーな上にダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエット向きの食べ物と言われています。

しかし、そんな野菜炒めにも太る要素が含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなるので注意するようにしましょう。

今回は、野菜炒めのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエットにおける注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

野菜炒めのカロリーは?

http://bit.ly/2vmv1Tw

野菜炒めのカロリーは使用している野菜と調理方法によって大きく異なります。

野菜を数種類使って塩と油で炒めるというものもあれば、オイスターソースなどを使用するものもあり、場合によっては野菜以外に肉を加えることもあるのが特徴です。

キャベツなどの野菜だけを使用して作られた典型的な野菜炒めの場合には100gあたりのカロリーは「約60kcal」前後とされています。

これに対して豚肉を使用した肉野菜炒めになると肉の分だけカロリーは高くなり、100gあたりで「約171kcal」程度となるのが一般的な傾向です。

野菜炒め以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 生姜焼き:約191kcal
  • チンジャオロース:約163kcal
  • 八宝菜:約183kcal

このように比較してみても、野菜炒めのカロリーが低いということがわかります。

野菜炒めを食べるなら、野菜サラダを食べた方が低カロリーで良いのではないか?と思われる方も多いかもしれませんが、野菜を油で炒めることで、脂質が増え、腹持ちが良くなるので、食べる量を減らすことができるのです。

野菜炒めの糖質量は?

http://bit.ly/2uBYuvb

糖質量についてもやはり使用している野菜と調理方法の影響を受けやすく、じゃがいもなどの糖質が多いものを使えば高くなり、甘めのソースで炒めればやはり糖質量が増えます。

あまりそのようなものを使用していない野菜炒めであれば100gあたりの糖質量は「約4g」前後と低糖質です。

野菜炒め以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 生姜焼き:約8.1g
  • チンジャオロース:約5g

このように比較してみても、野菜炒めの糖質量は低いと言うことができます。

野菜炒めは低糖質な野菜と肉を使用しているため、このように糖質量が低くなっているのです。

野菜炒めのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uFGIH0

キャベツの食物繊維で便秘が解消される

野菜炒めには、キャベツが使用されることが多いです。

キャベツには、「食物繊維」という成分が豊富に含まれていて、食物繊維によって非常に高いダイエット効果を期待することができるのです。

食物繊維には整腸作用という、腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的と言われています。

肉のカルニチンで脂肪を燃焼できる

野菜炒めに使用される肉には、「カルニチン」という成分が豊富に豊富に含まれており、このカルニチンには脂肪を燃焼してくれる働きがあるため、ダイエットに効果的です。

一度体についた体脂肪を排出するのはなかなか難しいのですが、カルニチンは摂取するだけで、体脂肪を燃焼しやすい体を作ることができるので、おすすめの成分です。

人参のβカロチンで代謝が上がる

野菜炒めによく使用される人参には、「βカロチン」という成分が豊富に含まれています。

このβカロチンには、抗酸化作用という、体を若返らせてくれる働きがあると言われており、体を若返らせ代謝を高めるのに効果的です。

日々、私たちの体は活性酸素という物質によって、傷つけられ老化しています。

体が老化すると、働きが鈍くなり、代謝が落ちるので太りやすい体を作ることに繋がるのですが、βカロチンを摂取することで、その活性酸素を撃退してくれ、体の働きが活発になり、代謝が上がるので、痩せやすい体を作ることができると言われています。

野菜炒めの注意点・デメリット

http://bit.ly/2vF4QHp

具材次第では高カロリーになってしまう

ダイエット中の野菜炒めのデメリットとして、使用する具材によっては高カロリーになってしまうということです。

たくさんの具材を入れることができるのが野菜炒めのメリットではあるのですが、ダイエット中はこのメリットがデメリットになることもあるので注意するようにしましょう。

じゃがいもやかぼちゃ、大豆などのカロリーが高い食材を入れると摂取カロリーがオーバーしてしまうということになる可能性があります。

使用する油の量に注意

野菜炒めは、たくさんの野菜や肉などを油で炒めた料理です。

炒める際に使用する油には、カロリーが多く含まれており、使用し過ぎると高カロリーな野菜炒めになってしまうので、油の量に注意するようにしましょう。

野菜炒めのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2vmxdL9

サラダ油ではなく、オリーブオイルで炒める

野菜炒めのダイエット効果を高める食べ方として、サラダ油ではなくオリーブオイルで炒める方法がおすすめです。

サラダ油とオリーブオイルには、カロリーの差はほとんどありませんが、オリーブオイルには「オレイン酸」という成分が豊富に含まれており、このオレイン酸の働きによって血液中のコレステロール値を下げることができ、その結果中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的なのです。

塩味にする

野菜炒めのダイエット効果を高める食べ方として、塩味の野菜炒めを食べる方法もおすすめです。

野菜炒めには、ソースや醤油などの調味料で味つけをしたものもありますが、塩のみで味付けをすることで、カロリーを抑えた野菜炒めを作ることができます。

ただし、塩を使用し過ぎると食欲を増進したり、体にむくみを生じさせる原因などのなるので、適量を心がけるようにしましょう。

低カロリーな野菜炒めでも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2kc6n3b

野菜炒めのカロリー・糖質量を紹介しました。

野菜炒めはカロリーが低くてたくさんの野菜を食べられる優れた料理です。

ダイエットをしているとビタミンやミネラルの不足によって健康を害してしまうことは少なくありません。

それが原因でダイエットを諦めてしまわないようにするには野菜炒めを食べる習慣を作るのが効果的です。

しかし、そんな野菜炒めにも太る要素がふ含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

ダイエット中に野菜炒めを食べる際は、今回紹介した「サラダ油ではなく、オリーブオイルで炒める」、「塩味で食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集