30386708_o2

温泉卵のカロリー・糖質は?ダイエット向きでも太ってしまう食べ方とは?

温泉卵は、卵料理の中でも特に低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果が豊富で、ダイエットに効果的な食材ですが、太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなります。今回は、温泉卵のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな温泉卵でも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2gMXCyo

温泉卵は、ダイエットに良いとされる卵を使用した卵料理の中でも特に低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果が豊富で、ダイエットに向いている食材です。

しかし、そんな温泉卵にも太り要素が含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなるので、注意が必要です。

今回は、温泉卵のカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエットにおける注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

温泉卵のカロリーは?

http://bit.ly/2vF1jbJ

温泉卵1個あたり(60g)のカロリーは、「約90kcal」と低カロリーです。

温泉卵以外の卵料理のカロリー(1個60gあたり)

  • ゆで卵:約92kcal
  • 卵焼き:約130kcal
  • 目玉焼き:約100kcal

カロリーは温泉卵が最も低く、卵焼きが最もカロリーが高いです。

この原因は何かというと調理における加熱の有無です。

卵は熱を加えるとカロリーが上昇する傾向があり、ゆで卵や温泉卵に比べて卵焼きや目玉焼きのカロリーが高いのです。

カロリーカットをしてダイエットしたい人には加熱をしない卵料理がおすすめです。

温泉卵の糖質量は?

http://bit.ly/2gMRLZR

温泉卵の1個あたり(60g)の糖質量は、「約0.2g」とほとんど糖質が含まれていないので、糖質を抑えたい方におすすめです。

温泉卵以外の卵料理の糖質量(100gあたり)

  • ゆで卵の糖質量:約0.2g
  • 卵焼きの糖質量:約1.9g
  • 目玉焼きの糖質量:約0.2g

このように比較してみても、温泉卵の糖質量が低いということがわかります。

卵焼きや目玉焼きは、砂糖や醤油などの調味料が加わるため、温泉卵やゆで卵よりも高糖質になっているのです。

温泉卵のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2tteq3c

たんぱく質が代謝を高めてくれる

温泉卵には、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、良質な筋肉作りをサポートしてくれます。

体で筋肉が作られることで、体の代謝がアップし、1日の消費カロリーを増やすことができるので、ダイエットに効果的なのです。

ダイエット中に筋肉をつけることが敬遠されがちですが、実はダイエット中こそ筋肉をつけることが推奨されているのです。

アミノ酸が脂肪を燃焼してくれる

温泉卵には、「アミノ酸」という成分が豊富に含まれています。

このアミノ酸には、脂肪の燃焼を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な成分なのです。

一度体についてしまうと、なかなか解消することができない体脂肪ですが、アミノ酸によって効率的にかつ効果的に脂肪燃焼してくれるので、おすすめの成分です。

GI値が低い

温泉卵は、「GI値」が低い食品と言われています。

GI値とは、その食べ物を食べた際に、どれだけ血糖値が上昇しやすいかを示した値のことで、GI値が高ければ高いほど、血糖値が上がりやすいです。

血糖値が上がると、インスリンというホルモンが膵臓から分泌され、血糖値を下げてくれるのですが、インスリンには体に脂肪を蓄積する効果もあるので、太りやすくなります。

温泉卵は、GI値が低いので、食べても血糖値が上がりにくく、インスリンの分泌量を抑えることができ、体に脂肪がつきにくくすることができます。

温泉卵の注意点・デメリット

http://bit.ly/2tt7Tpj

コレステロールが高い

卵はコレステロールが高い食べ物というのは有名な話です。

温泉卵もコレステロールが高く、食べ過ぎてしまうと血液がドロドロになるため、血管が詰まりやすくなり、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの深刻な病気の原因になりかねません。

また、コレステロールを摂り過ぎることで、太りやすい体質になる原因にもなるので、注意するようにしましょう。

タレのカロリーに注意

温泉卵の食べ方として、タレをかけて食べるのが一般的ですが、そのタレにもカロリーが含まれているということを忘れてはいけません。

適量ならばそこまで問題はありませんが、かけ過ぎてしまうことで、低カロリーな温泉卵が高カロリーになってしまう原因になります。

温泉卵のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2gMXCyo

食前に食べる

温泉卵のダイエット効果を高める食べ方として、食前に食べるという方法をおすすめします。

なぜ、食前に食べるのが良いかというと、温泉卵は満腹感がある食べ物です。

その温泉卵を食前に食べることで、温泉卵で満腹感を得ることができ、その後の高カロリーな食事の量を減らせるため、結果的に摂取カロリーを抑えることができるためです。

1日2個まで

先ほども紹介しましたが、温泉卵はコレステロールが高い食材です。

そのため、食べ過ぎてしまうと太ったり、病気の原因になるため、成人の方で1日2個までが適量と言われています。

また、カロリーの面で見ても、2個なら180kcalと1日の間食の目安摂取カロリーである200kcalいない収めることができるので、太りにくくなります。

低カロリーな温泉卵でも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2gMXCyo

温泉卵のカロリー・糖質量を紹介しました。

温泉卵は、低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果が豊富に含まれていて、ダイエット中でも食べることができる食材です。

しかし、「コレステロールが高い」、「タレのカロリーが高い」などの、ダイエットにおけるデメリットもあるので、食べ方には注意するようにしましょう。

ダイエット中に温泉卵を食べる際は、今回紹介した「食前に食べる」、「1日2個まで」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集