201505081139484af

手羽元のカロリー・糖質は?意外な数値と注意したい太る食べ方・注意点

手羽元は、鶏肉の部位の中でもフライドチキンや唐揚げなど、馴染みの深い部位です。手羽元は低カロリー・低糖質でダイエット向きですが、食べ方次第では太る原因にもなると言われています。手羽元のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな手羽元でも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2tpvuXX

ダイエット中に食べるお肉としては、牛肉や豚肉より鶏肉を選択した方がいいと言われていますが、鶏肉と言っても様々な部位があります。

その中でも手羽元は、フライドチキンや唐揚げなど、馴染みの深い部位です。

手羽元は低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれており、ダイエット向きの食材ですが、あくまでもお肉なので太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなります。

手羽元のカロリーは?

http://bit.ly/2uCiWfj

手羽元のカロリーですが、皮付きの100gあたりのカロリーは、「約197kcal」となっています。

手羽先になると100gあたり「約226kcal」と、手羽元よりも脂質が多い分カロリーも高めになるようです。

手羽元以外の鶏肉の部位のカロリー(100gあたり)

  • 鶏もも:約200kcal
  • 鶏むね:約191kcal
  • 鶏皮:約497kcal
  • 砂肝:約94kcal
  • ぼんじり:約420kcal
  • レバー:約111kcal

このように比較してみても、手羽元のカロリーが低いということがわかります。

鶏肉のカロリーは肉の部位よりも皮の有無によるところが大きく、皮がないとカロリーは約4割ほどカットになります。

鶏肉を使用した代表的な商品と言えばケンタッキーですが、ケンタッキーは1個237kcalとなっていますが、ケンタッキーは5つの部位があり脂の多い部位と少ない部位に分かれていて、手羽の部分は比較的脂が多いので公表されているものよりも高くなる可能性があります。

手羽元の糖質量は?

http://bit.ly/2u7nQ1u

手羽元に含まれている糖質量ですが、糖質量は0gとなっています。

手羽元以外の鶏肉の部位の糖質量(100gあたり)

  • 手羽先:0g
  • 鶏もも:0g
  • 鶏むね :0g
  • 鶏皮:0g
  • 砂肝:0g
  • ぼんじり:約0.1g
  • レバー:約0.5g

調理する時の調味料などの糖質以外には糖質が含まれないということになりますので、糖質制限ダイエットなどにおいては非常に向いた食材となります。

これは手羽元に限らず、手羽先や鶏むね肉、鶏もも肉などすべての部位において糖質はゼロとなっています。

ただし、レバーやぼんじりには、多少の糖質が含まれているので注意です。

調理されたケンタッキーになると、公表されている数字では1個あたり「約7.6g」ほど糖質が含まれている形です。

鶏肉にはほとんど糖質がないので、これは調味料や衣に使用される小麦粉などからの糖質と思われます。

手羽元のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uI9isk

オレイン酸、リノール酸がコレステロール値を下げてくれる

鶏の手羽元には、「オレイン酸」や「リノール酸」という不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

このオレイン酸やリノール酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な役割を果たしてくれます。

オレイン酸、リノール酸によって、血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができ、肥満の解消に効果的と言われています。

ビタミンB群が糖質や脂質の代謝を促してくれる

手羽元には、「ビタミンB群」も豊富に含まれています。

このビタミンB群には、摂取された糖質や脂質の代謝を促してくれる働きがあり、体に脂肪をつきにくくしてくれると言われています。

本来、糖質や脂質を摂取すると、体に体脂肪として蓄積されやすいのですが、ビタミンB群を摂取していることで、糖質や脂質が脂肪になる前に、代謝されるので、ダイエットに効果的なのです。

イミダゾールペプチドが代謝を高めてくれる

手羽元には、「イミダゾールペプチド」という成分も豊富に含まれています。

普段あまり聞き慣れないイミダゾールペプチドですが、抗酸化作用という、体を若返らせる働きがあり、ダイエットに効果的です。

人の体は日々、活性酸素という物質によって傷つけられ、老化しています。

活性酸素によって、体が傷つけられると、体の働きが鈍くなり、代謝が落ちて太りやすい体になるのですが、イミダゾールペプチドの抗酸化作用によって、その活性酸素を撃退することができ、その結果、体が若返り、代謝がアップするので、1日の消費カロリーを増やすことができ、痩せやすい体を作ることができると言われています。

手羽元の注意点・デメリット

http://bit.ly/2uBPzJY

手羽元の皮のカロリーに注意

手羽元には、皮が付いているのですが、手羽元のカロリーの大半はこの皮のカロリーが占めていると言われています。

手羽元に限らず、鶏肉を食べる場合は皮が高カロリーを占めているので、注意するようにしましょう。

油やタレのカロリーに注意

手羽元の食べ方として、フライドチキンや唐揚げなどの揚げ物、焼き鳥などが挙げられますが、揚げ物は油のカロリーに、焼き鳥はタレのカロリーに注意するようにしましょう。

せっかく手羽元は低カロリーなのに、油やタレのカロリーがプラスされてしまい、高カロリーになってしまったら勿体無いですよね。

また、その他味付けや調理法によっても、カロリーが高くなる場合があるので、注意するようにしましょう。

手羽元のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tevaai

フライドチキンや唐揚げではなく、焼き鳥で食べる

手羽元のダイエット効果を高める食べ方として、フライドチキンや唐揚げなどの揚げ物ではなく、焼き鳥で食べるという方法をおすすめします。

やはり、揚げ物は油のカロリーによってカロリーがかなり高くなってしまうのですが、焼き鳥はむしろ焼くことで、手羽元に含まれる脂肪分を落とすことができ、ヘルシーに食べることができるのです。

焼き鳥はタレでなく、塩で食べる

先ほど、手羽元は焼き鳥で食べると良いと紹介しましたが、焼き鳥を食べる際は、タレではなく塩で食べると、手羽元のダイエット効果がより高まると言われています。

ただし、塩に含まれる塩分は食欲を増進したり、体にむくみを生じさせる原因になるので、食べ過ぎには注意するようにしましょう。

低カロリーな手羽元でも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2kc6n3b

手羽元のカロリー・糖質量を紹介しました。

このように、手羽元は肉なのにも関わらず、低カロリーで、糖質量もかなり少ない食材になるのでダイエットにはとても向いていると言えるでしょう。

しかし、食べ方や調理方法などによってはそのメリットも無くなってしまうかもしれないので、今回紹介した注意点をしっかりと把握した上で賢く取り入れていけばダイエットの非常に強い味方となってくれるのではないでしょうか。

ダイエット中に手羽元を食べる場合は、今回紹介した「焼き鳥で食べる」、「タレではなく、塩で食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集