20101017061014e72

チャーシューのカロリー・糖質は?ダイエット中に実践したい痩せる食べ方

チャーシューは豚肉を使用していて高カロリーな食材ですが、豚肉由来のダイエット効果を期待することができる食べ物でもあるので、食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、チャーシューのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなチャーシューでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2tWBnKI

チャーシューはラーメンやつけ麺などの具から、おかずやおつまみまで幅広い食べ方がある食材です。

チャーシューは豚肉をたくさんの調味料で煮込んでいる食べ物なので、高カロリーですが、糖質が低く、その他にもダイエット効果があり、食べ方次第では痩せることが可能とも言われています。

今回は、チャーシューのカロリー・糖質量、ダイエットにおけるメリット・デメリット、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

チャーシューのカロリーは?

http://bit.ly/2uwEb2T

チャーシューは使用している豚肉の部位や豚の肥え方に加えて、味付けの仕方や調理方法によってカロリーがだいぶ違います。

チャーシューとして一般的なもも肉を使っているものの場合には100gあたりのカロリーは、「約172kcal」前後になっています。

肩ロースを使っていると「約200kcal」程度、バラ肉を使っていると「約230kcal」と高カロリーです。

チャーシュー以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 豚の角煮:約232kcal
  • 生姜焼き:約191kcal
  • ステーキ:約211kcal

このように比較してみると、チャーシューのカロリーが低いように見えますが、全食品の中で見るとチャーシューのカロリーは高い方に分類されます。

チャーシューの糖質量は?

http://bit.ly/2tfBhiN

チャーシューの原材料となる豚肉はどの部位であってもほとんど糖質は含まれていません。

バラ肉でももも肉でも100g中に含まれている糖質量は「約0.2g」程度になっています。

チャーシュー以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 豚の角煮:約6g
  • 生姜焼き:約8.1g
  • ステーキ:約0.3g

塩と醤油だけといった形で味付けをした場合には、糖質はほとんど含まれていないことになりますが、一般的なチャーシューでは少し甘みのある味付けをします。

そのときに含まれている糖質が100gあたり「5.1g」前後というのが標準的です。

チャーシューのダイエット効果

http://bit.ly/2v5P7Sf

カロリーの割にたんぱく質が豊富で代謝を高めてくれる

チャーシューは豚肉でできているため、豚肉由来のダイエット成分が豊富に含まれており、その代表的な成分が「たんぱく質」です。

チャーシューはカロリーの割にたんぱく質が豊富に含まれている食品で、たんぱく質には体の筋肉が作られるのを助けてくれる働気があり、ダイエットに非常に効果的です。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

チャーシューに使用される豚肉には、「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに効果的な成分です。

糖質を摂取すると、インスリンというホルモンが分泌され、そのインスリンの働きによって糖質が体脂肪に変えられ、太りやすくなります。

そこで、ビタミンB1を摂取することで、その糖質を効率良く代謝することができるので、太りにくい体を作ることができるのです。

カルニチンが脂肪を燃焼してくれる

チャーシューの豚肉には、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、高いダイエット効果を期待することができます。

カルニチンを摂取することで、体に一度つくとなかなか解消することが難しい体脂肪を効率良く燃焼することができるので、ダイエット中におすすめの成分です。

チャーシューの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tfL48n

肉の種類に注意

先ほども紹介したように、使用する肉の部位によっては、カロリーがより高くなる原因になります。

ダイエット中はできるだけ、低カロリーな部位を使用することで、チャーシューのカロリーをカットすることができます。

レシピに注意

チャーシューは、ラーメン屋つけ麺、チャーシュー丼などのトッピングとして使用されることも多いです。

しかし、ラーメンやつけ麺、チャーシュー丼などで食べると、チャーシューがより高カロリーになってしまう原因になるので、注意するようにしましょう。

チャーシューのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tXM9z2

低カロリーなもも肉を選ぶ

先ほども紹介しましたが、チャーシューは使用する豚肉の部位によってカロリーが異なってきます。

一番カロリーを抑えることができる、豚もも肉のチャーシューを食べると、低カロリーなチャーシューを楽しむことができます。

低カロリーと言っても、チャーシューの中では低カロリーということであり、食品全体で見るとやはりカロリーは高いので、食べ過ぎには注意するようにしましょう。

チャーシュー単体で食べる

チャーシューのダイエット効果を高める食べ方として、チャーシュー単体で食べる方法がおすすめです。

ラーメンやつけ麺、チャーシュー丼などで食べると高カロリーになりますが、チャーシュー単体で食べることで、それだけカロリーを抑えることができるのです。

高カロリーなチャーシューでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

チャーシューのカロリー・糖質量を紹介しました。

チャーシューは作るのに使った豚肉の部位によってカロリーが大きく異なりますが、全体的に高カロリーです。

しかし、高カロリーなチャーシューにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

ダイエットに向いているのはもも肉で作ったチャーシューであり、市販のものを買っても自分で作っても構いません。

ついたくさん食べてしまう人は一日に食べる量を予め決めておくのも良い方法でしょう。

ダイエット中にチャーシューを食べる場合は、今回紹介した「もも肉を選ぶ」、「チャーシュー単体で食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集