15674

ホイコーローのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食材に変える食べ方

ホイコーローは豚肉や野菜と豆板醤を油で炒めた中華料理で、高カロリーですが、ダイエット効果があり、食べ方次第では痩せることができるとも言われています。今回は、ホイコーローのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな回鍋肉(ほいこーろー)でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2tW0J9Y

ホイコーローは、豚肉をたくさんの油と豆板醤で炒めた料理で、日本でも定番の中華料理です。

そんなホイコーローは、高カロリーで一見ダイエットには向いていないと思われがちですが、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、ホイコーローのカロリー・糖質量、ホイコーローダイエットのメリットやデメリット、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ホイコーローのカロリーは?

http://bit.ly/2tW0J9Y

ホイコーロー100gあたりのカロリーは、「約166kcal」と言われています。

ホイコーロー以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 麻婆豆腐:約133kcal
  • 野菜炒め:約60kcal
  • チンジャオロース:約163kcal
  • エビチリ:約132kcal
  • 八宝菜:約183kcal

このように他の中華料理のカロリーと比較してみても、ホイコーローのカロリーが高いということがわかります。

豚肉と豆板醤を油で炒めるため、その分高カロリーになっているのです。

ただし、高カロリーなホイコーローにもダイエット効果が含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

ホイコーローの糖質量は?

http://bit.ly/2vnJPAw

糖質という視点で見るとホイコーローはダイエット向きの料理と言えます。

ホイコーローの糖質量は一食分、「約7.1g」とおかずとしては低糖質です。

ホイコーロー以外の中華料理の糖質量(100gあたり)

  • 麻婆豆腐:約12g
  • 野菜炒め:約9g
  • チンジャオロース:約7g
  • エビチリ:約9g
  • 八宝菜:約8g

他の中華料理と比較しても、ホイコーローが糖質が少ないことがわかると思います。

もし、糖質をさらに減らしたいと考えるのであれば、砂糖の代わりに甘味料に変えて、とろみを出すための片栗粉をグアーガムや寒天に置き換えることで、糖質量を更に2gから3g程度減らすことも可能です。

ホイコーローのダイエット効果・メリット

http://exci.to/2uu5Ykq

豚肉に含まれるカルニチンが脂肪燃焼を促してくれる

ホイコーローに使用される豚肉には、「カルニチン」というダイエット効果がある成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットに効果的なのです。

一度体についてしまうとなかなか排出することが難しい体脂肪ですが、カルニチンを摂取することで効率的かつ効果的に脂肪を排出することができるので、おすすめの成分です。

キャベツやピーマンに含まれる食物繊維が便秘を解消してくれる

ホイコーローに使用されるキャベツやピーマンには、「食物繊維」が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、腸内環境が整えられることで便秘を解消してくれるのです。

食物繊維の働きによって便秘が解消されることで、体に蓄積された老廃物や毒素が便と一緒に排出されやすくなるデトックス効果を期待することができるので、痩せやすくなると言われています。

ネギ、ニンニク、生姜が代謝を高めてくれる

ホイコーローには、ネギやニンニク、生姜などの薬味が使用されることが多いです。

このネギやニンニク、生姜には、体を温めてくれる働きがあり、体が温められることで、内臓まで温められ、その結果体の代謝を高めることができます。

体の代謝が高まることで、1日の消費カロリーを増やすことができるので、ダイエットに効果的な食材と言われています。

ホイコーローの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tddEY8

肉の量に注意

ホイコーローは高カロリーと紹介しましたが、ホイコーローのカロリーの大半を肉のカロリーが占めています。

肉のカロリーが大半を占めているということは、肉の量を減らせばカロリーを抑えることができるということです。

ただし、肉を全く入れないと腹持ちが悪くなったり、肉のダイエット成分であるカルニチンの効果がなくなってしまうので、少なからず入れた方が良いでしょう。

ニンニクには食欲を増進させる働きがある

先ほど、体を温め、代謝を高めてくれると紹介したニンニクですが、適量ならそういったダイエット効果を期待することができるのですが、ニンニクには食欲増進効果もあるため、食べ過ぎてしまうと、ついつい食べ過ぎてしまい、カロリーオーバーしてしまうということに繋がります。

ダイエット中はニンニクを食べ過ぎないようにしましょう。

ホイコーローのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tW8EUX

豚肉は最初に炙ってから炒める

ホイコーローのダイエット効果を高める食べ方として、一度豚肉を炙ってからその後にその他の具材と炒める方法をおすすめします。

一度豚肉を炙ることで、豚肉に含まれる油を落とすことができ、その分低カロリーなホイコーローにすることができるのです。

あくまでも焼くではなく、炙るということです。

油で焼いてしまうと、せっかく油が落ちても、焼くために使用した油がついて高カロリーになってしまいます。

ヒレ肉を使用する

豚肉と言っても、様々な部位があり、部位によってカロリーが様々です。

豚肉は「バラ肉」が最もカロリーが高いのです。他の部位を使って回鍋肉を作ってみるのも一つの手段です。

100gあたりのカロリーを比較すると、バラ肉の場合は約434kcalありますが、ロースの場合は約291kcal、もも肉の場合は約225kcalとなっています。

豚の部位の中でも最もカロリーが低いのはヒレで約112kcalです。

食感に違和感は残るかもしれませんが、ヒレ肉で一度試してみてはいかがでしょうか。

高カロリーなホイコーローでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ホイコーローのカロリー・糖質量を紹介しました。

ホイコーローは、高カロリーですが、糖質が低く、その他にもダイエットに効果的な成分が含まれているので、ダイエットに向いているメニューといえます。

食物繊維も豊富に摂取できますし、新陳代謝も挙げられます。

腸内環境が整えられますので、ダイエット効果だけでなく美肌効果も得られそうです。

しかし、食べすぎてしまったり、ご飯が進んでしまったりなどのデメリットがあるので食べ方もよく考える必要があります。

ダイエット中にホイコーローを食べる際は、今回紹介した「豚肉は最初に炙ってから炒める」、「ヒレ肉を使用する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集