pistachio480

ピスタチオのカロリー・糖質は?ダイエット向けの食材に変える食べ方

ピスタチオはナッツ類の中でも高カロリー・高糖質でダイエットに向いていないと思われがちですが、ダイエット効果のある成分が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。ピスタチオのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなピスタチオでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2uybli4

ピスタチオと言えばナッツの一種で、おやつやおつまみなどでもよく食べられるものですが、高カロリーでダイエットには向いていないと思われがちです。

しかし、ピスタチオにはダイエット効果のある成分が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、ピスタチオのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ピスタチオのカロリーは?

http://bit.ly/2uRhDGU

ピスタチオのカロリーは、100gあたり「約615kcal」と高カロリーです。

ピスタチオ以外のナッツ類のカロリー(100gあたり)

  • くるみ:約670kcal
  • アーモンド:約606kcal
  • カシューナッツ:約576kcal

このように高カロリーと言われているナッツ類と比較してみても、ピスタチオのカロリーが高いということがわかります。

高カロリーなピスタチオですが、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第ではダイエット向きの食材に変えることが可能なのです。

ピスタチオの糖質量は?

http://bit.ly/2uhY9hD

ピスタチオに含まれている糖質量ですが、100gあたり「約11.7g」と高糖質です。

ピスタチオ以外のナッツ類の糖質量(100gあたり)

  • くるみ:約4.2g
  • アーモンド:約10.4g
  • カシューナッツ:約20g

このように他のナッツ類と比較してみても、ピスタチオの糖質量が高いということがわかります。

カロリーだけでなく、糖質も高いので、何も考えずに食べてしまうとあっという間に太る原因になるので、食べ方に注意するようにしましょう。

ピスタチオのダイエット効果

http://bit.ly/2vcakJd

オレイン酸とリノール酸がコレステロール値を下げてくれる

ピスタチオには「オレイン酸」、「リノール酸」といった必須脂肪酸が豊富に含まれています。

このオレイン酸、リノール酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあり、ダイエットの強い味方になってくれる成分です。

オレイン酸やリノール酸によって血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができ、肥満の解消に効果的と言われています。

ビタミンB1が糖質の代謝を助けてくれる

ピスタチオには「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに高い効果を発揮してくれる成分です。

糖質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きにより、脂肪に変化し、体に体脂肪として蓄積されやすいのですが、ビタミンB1を摂取することで、糖質が脂肪になる前に代謝することができるので、体に脂肪がつきにくくなると言われています。

カリウムがむくみを解消してくれる

ピスタチオには「カリウム」という成分が豊富に含まれています。

このカリウムには、利尿作用があり、むくみを解消してくれる働きがあると言われています。

人の体がむくむ主な原因として、余分な水分が体の部位に蓄積されることによるものと言われていますが、カリウムの利尿作用により、尿と一緒にその余分な水分を排出してくれるので、頑固なむくみの解消に効果的と言われています。

ピスタチオの注意点・デメリット

http://bit.ly/2t3K1Zi

市販のピスタチオの塩分量に注意

コンビニやスーパーなどで売られているピスタチオに注意が必要です。

市販のピスタチオには、塩分が多く使用されているものが多く、その分カロリーや糖質量が高くなっています。

塩分量が多いと、カロリーや糖質が高くなるだけでなく、食欲を増進したり、体を浮腫ませる原因になるので、注意するようにしましょう。

食べ過ぎると便秘になることがある

ピスタチオには食物繊維が豊富に含まれています。

この食物繊維には、腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的なのですが、食物繊維を摂取し過ぎてしまうと、反対に便秘を招く原因になるので注意するようにしましょう。

食物繊維は、胃の中の水分を吸収する性質があるのですが、食物繊維の摂取量が多くなると、井の中の水分がほとんどなくなってしまうということに繋がり、便秘になってしまうというわけです。

適量の食物繊維はダイエットに効果的ですが、摂取し過ぎてしまうと便秘になり、体に老廃物や毒素が蓄積されやすくなり、太りやすくなるので摂取し過ぎには注意するようにしましょう。

ピスタチオのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2u8P6z6

食前に食べる

ピスタチオのダイエット効果を高める食べ方として、ピスタチオを食前に食べる方法をオススメします。

食前に食べるのが良い理由は、ピスタチオには食物繊維が豊富に含まれており、この食物繊維が体の水分を吸収して膨らむことで、満腹感を得ることができるので、腹持ちが良くなり、食事の量を減らすことができると言われているためです。

無塩タイプを選ぶ

先ほども紹介しましたが、市販のピスタチオには塩分や砂糖などで味付けされているものが多く、食欲を増進したり、むくみを生じさせる原因になります。

ダイエット中はできるだけ無塩タイプのものを選び、砂糖などで味付けられているものは避けるようにすると、ピスタチオのダイエット効果を最大限に引き出すことができます。

高カロリーなピスタチオでも食べ方次第では痩せる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ピスタチオのカロリーや糖質量、ダイエット中に食べる際の注意点などについて紹介しました。

紹介した通り、ピスタチオは高カロリーでダイエットに向いていないと思われがちですが、ビタミンや食物繊維、優秀な脂肪酸などダイエット成分が豊富に含まれており、食べる量や食べ方を間違えなければダイエットに効果的な食べ物と言われています。

ダイエット中にピスタチオを食べる際は、今回紹介した「食前に食べる」、「無塩タイプを選ぶ」などのダイエット効果を高める食べ方を実践して食べてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集