kireko

明太子のカロリー・糖質は?ダイエット中の気をつけたい食べ方・注意点

明太子は日本の定番のおかずで、ご飯によく合う食べ物です。そんな明太子は低カロリー・低糖質な上にダイエット効果が豊富でダイエット向きの食べ物ですが、食べ方次第では太る原因にもなります。明太子のカロリー・糖質、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな明太子でも食べ方に注意?

http://bit.ly/1GYeEum

明太子は、ご飯によく合い、好きなおかずとして明太子の名前を挙げる方も多く、日本の食卓の定番です。

そんな明太子ですが、低カロリー・低糖質な上にダイエット効果が豊富で、ダイエットに向いている食べ物と言われています。

しかし、明太子にも太る要素が含まれており、食べ方次第では太る原因にもなるので、注意したいところです。

今回は、明太子のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

明太子のカロリーは?

http://bit.ly/2sLUPa8

明太子のカロリーは100gあたりで「約126kcal」ですが、現実的には一回の食事で100gも食べるのは難しく、中くらいのサイズが一本で約30g前後なので、一食分で「約38kcal」前後低カロリーです。

明太子以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • たらこ:約140kcal
  • 数の子:約89kcal
  • いくら:約272kcal
  • すじこ:約282kcal

このように比較してみても、明太子のカロリーが低いということがわかります。

明太子はタラの卵であり、低カロリーな上に、ダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエットに効果的な食材と言われています。

明太子の糖質量は?

http://bit.ly/2sLrXit

魚卵が原料という影響もあり、明太子にもたらこにもあまり糖質は含まれていません。

明太子に含まれている糖質は100gあたりで「約3g」程度と低糖質です。

そのため、明太子を作ったメーカーによって差は生じますが、糖質はほとんど含まれていないという認識をして問題ありません。

明太子以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • たらこ:約0.8g
  • 数の子:約0.6g
  • いくら:約0.5g
  • すじこ:約0.2g

このように比較してみると明太子の糖質量が高いと思われがちですが、あくまでも糖質が低いこれらの食品と比較した場合の話であり、全食品で見ると明太子は低糖質に分類されます。

明太子の糖質量のそのほとんどが調味に使っている香辛料などに由来しているため、明太子を作ったメーカーによって差は生じますが、糖質はほとんど含まれていないという認識をして問題ありません。

明太子のダイエット効果

http://bit.ly/2v8gREP

たんぱく質が代謝をアップしてくれる

明太子には「たんぱく質」が豊富に含まれています。

たんぱく質には、体の筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、ダイエットに高い効果を発揮してくれると言われています。

ダイエット中に筋肉をつけるのは、体重が重くなるというイメージから敬遠されがちですが、筋肉をつけることで、体の代謝をアップし、痩せやすい体を作ってくれるのです。

ダイエット中こそ筋肉をつけるということが重要なのです。

ビタミンB群が糖質や脂質の代謝を促してくれる

明太子には、「ビタミンB群」というビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンB群には、摂取された糖質や脂質の代謝を促してくれる働きがあり、ダイエットに効果的な成分です。

糖質や脂質は、摂取されると体に体脂肪として蓄えられるのですが、明太子に含まれるビタミンB群を摂取することで、糖質や脂質が脂肪に変わる前に代謝して体外に排出してくれるので、肥満の予防に効果的です。

カプサイシンが脂肪を燃焼してくれる

明太子には、辛味成分として唐辛子が使用されています。

この唐辛子に含まれる「カプサイシン」には、血行を良くして代謝をアップしてくれる働きがあります。

体の代謝が上がると、体脂肪が燃焼しやすくなると言われており、非常に高いダイエット効果を受けることができます。

明太子のデメリット

http://bit.ly/2uN3MRN

香辛料が食欲を増進させてしまう

先ほど紹介した、唐辛子に含まれるカプサイシンですが、適量ならばダイエット効果が見込めるのですが、食べ過ぎてしまうと、食欲を増進させてしまう働きもあるので、ついつい食べ過ぎてしまい太る原因となる可能性もあります。

ダイエット中は明太子に限らず、唐辛子が含まれている食べ物は食べ過ぎないようにすると良いでしょう。

醤油やマヨネーズなどに注意

明太子に醤油やマヨネーズなどの調味料をかけて食べる方も多いと思います。

醤油の塩分は食欲を増進させ、むくみを生じさせる原因に、マヨネーズはカロリーが高く、低カロリーな明太子が高カロリーになってしまう原因になります。

ダイエット中はできるだけ、醤油やマヨネーズなどの調味料は使用しないようにしましょう。

明太子のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2t9A5bQ

ご飯を玄米にする

明太子はカロリー面では問題はありませんが、ご飯と一緒に食べるとハイカロリーになりがちです。

そこで、ご飯を玄米にして食べる方法がオススメです。

ご飯の代わりに玄米を使用すると、カロリーや糖質を抑えることができ、明太子のダイエット効果を高めることができます。

野菜のソースとして使用する

明太子を使ってペーストやソースなどを作って野菜を付けて食べるというのも、明太子のダイエット効果を高める方法としてオススメです。

野菜由来のビタミンやミネラルは明太子にはあまり含まれていないものも多く、合わせて食べることで健康的にダイエットをすることができます。

特に明太子と食べると塩分が多くなりやすいのでカリウムを多く含む野菜を一緒に食べるのは合理的な方法です。

低カロリーな明太子でも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2kc6n3b

明太子のカロリー・糖質量を紹介しました。

明太子は高タンパク質で低糖質であることからダイエットには向いていますが、ご飯と一緒に食べると高カロリーになりやすいので注意しなければなりません。

ダイエット中に明太子を食べる場合は、今回紹介した「白米を玄米に変える」、「野菜のソースとして食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集