butabuta02

豚肉のカロリー・糖質は?ダイエット向きの食材に変える食べ方・コツ

豚肉は高カロリーでダイエット中の方には避けられがちの食べも物です。しかし、豚肉は糖質が低く、ダイエット効果が豊富なので食べ方次第では痩せれると言われています。今回は豚肉の部位別のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高め絵る食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな豚肉でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2toSp4c

豚肉は、焼いたり、揚げたり、炒めたり、煮たり、茹でたり、蒸したりと、様々な調理法がある食材です。

豚肉というと、脂が多く、高カロリーで太ると思われがちで、ダイエット中の方には避けられがちなのですが、実はダイエット効果が豊富に含まれていて、食べる量や食べ方を間違えなければ痩せることができる食べ物なのです。

今回は、豚肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方・コツなどを紹介します。

豚肉の部位別のカロリーは?

http://bit.ly/2toBbnx

豚肉の部位別のカロリー(100gあたり)

  • 豚肩肉:約216kcal
  • 豚肩ロース:約253kcal
  • 豚ロース:約263kcal
  • 豚もも肉:約113kcal
  • 豚ヒレ肉:約115kcal
  • 豚ばら肉:約386kcal

豚肉の部位別のカロリーを紹介しました。

このように部位によってカロリーに大きな開きがありますが、共通して言えることはどの部位も高カロリーということです。

豚肉を使った料理のカロリー

http://bit.ly/2uy8HWQ

豚肉を使った料理のカロリー(100gあたり)

  • とんかつ:約344kcal
  • 豚キムチ:約150kcal
  • 生姜焼き:約191kcal
  • 豚の角煮:約232kcal
  • 肉じゃが:約128kcal
  • チャーシュー:約172kcal

豚肉はもともと高カロリーですが、調理法や味付けによってはあっという間に太ってしまうほど高カロリーになってしまうので、調理法や味付けには注意するようにしましょう。

豚肉の部位別の糖質量は?

http://bit.ly/2tYYBBg

豚肉の部位別の糖質量(100gあたり)

  • 豚肩肉:約0.2g
  • 豚肩ロース:約0.1g
  • 豚ロース:約0.2g
  • 豚もも肉:約0.2g
  • 豚ヒレ肉:約0.2g
  • 豚ばら肉:約0.1g

豚肉の部位ごとの糖質量を紹介しましたが、全ての部位において糖質がかなり低いと言えます。

豚肉は低糖質なので、糖質制限ダイエットをしている方にもおすすめの食材なのです。

豚肉を使った料理の糖質量は?

http://bit.ly/2mN5OwH

豚肉を使った料理の糖質量(100gあたり)

  • とんかつ:約8g
  • 豚キムチ:約10g
  • 生姜焼き:約4.8g
  • 豚の角煮:約11.9g
  • 肉じゃが:約13.6g
  • チャーシュー:約6g

先ほど豚肉の糖質はかなり低いと紹介しましたが、調理法や味付けによっては高糖質になってしまうので、低糖質だからといって、何も考えずに調理や味付けをしてしまうと太る原因になるので注意するようにしましょう。

豚肉のダイエット効果

http://bit.ly/2sNQHKX

カルニチンが脂肪を燃焼してくれる

豚肉には「カルニチン」という成分は豊富に含まれています。

このカルニチンには、体についた体脂肪を燃焼してくれる働きがあり、頑固な体脂肪を効率良く排出してくれるので、ダイエットに効果的と言われています。

カルニチンは、サプリにもなっているほど高い効果を発揮するダイエット成分で、豚肉には牛肉や鶏肉よりも多くのカルニチンが含まれています。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

豚肉には「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB1には、糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、体に脂肪がつきにくくしてくれるので、ダイエットに良いとされています。

本来、脂質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きにより、糖質が脂肪として体に蓄えられやすいのですが、ビタミンB1にはこの糖質が脂肪に変わる前に排出してくれる働きがあるので、体に脂肪がつきにくくなるのです。

ポークペプチドがコレステロール値を下げてくれる

豚肉には「ポークペプチド」という成分も豊富に含まれています。

ポークペプチドは普段あまり聞き慣れない成分ですが、摂取することで血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあります。

血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができ、肥満の解消に効果的と言われています。

また、コレステロール値が下がると、血液がサラサラになるので、血液循環が良くなり、その結果代謝がアップするので、1日の消費カロリーが増え痩せることができるとも言われています。

ロイシンが食欲を抑えてくれる

豚肉には「ロイシン」という成分も豊富に含まれています。

このロイシンには、食欲を抑えてくれる働きがあり、食事や間食の量を減らすころができるので、1日の摂取カロリーをカットすることができると言われています。

ロイシンが含まれる豚肉を食前に食べるのはなかなか難しいと思うので、食事の前半に食べることで、少量食べた時点で満腹感を得ることができ、食事の量を減らせるのでオススメです。

ダイエット中の豚肉の注意点

http://bit.ly/2tTzX4i

調理の際の油のカロリーに注意

豚肉には、様々な調理法がありますが、焼いたり、揚げたり、炒めたりする料理法に特に注意が必要と言われています。

その理由は、全て油を使用して調理するためです。

焼いたり、揚げたり、炒めたりすると、高カロリーな油が、高カロリーな豚肉をコーティングする形になるので、非常に高カロリーになってしまいます。

豚バラ肉のカロリーに注意

先ほど、豚肉の部位別のカロリーを紹介しましたが、豚バラ肉が一番高カロリーなので、ダイエット中に豚ばら肉を食べる際は注意するようにしましょう。

豚バラ肉は100gあたり「約386kcal」なのに対して、一番低カロリーな豚もも肉は100gあたり「約113kcal」と1/3以下のカロリーになっているので、ダイエット中はできるだけ豚もも肉を選ぶのが良いでしょう。

豚肉のダイエット効果を高める食べ方・コツ

http://bit.ly/2tTllSj

茹でる、蒸すのがおすすめ

豚肉のダイエット効果を高める食べ方として、茹でる、蒸すの調理法で食べるのがオススメです。

その理由は、他の調理法は油や調味料を使用しているので、カロリーや糖質が上がりやすいためです。

茹でたり、蒸したりする調理法は、調理する際に油や調味料などを使用しないため、カロリーや糖質を抑えることができるので、オススメです。

また、茹でたり蒸すと、豚肉の脂が溶け出し、量を減らすことができ、低カロリーにすることができるというメリットもあります。

豚キムチがおすすめ

先ほど、茹でたり蒸したりする調理法がおすすめと紹介しましたが、炒める「豚キムチ」もおすすめのレシピです。

豚キムチは油で炒めるため、高カロリーになりやすのですが、キムチに含まれる「カプサイシン」という成分には、脂肪燃焼効果や、代謝アップ効果があり、痩せやすい体を作ることができるメニューなのです。

炒める際の油の量を減らすと、かなりのカロリー量をカットすることすることができます。

高カロリーな豚肉でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2ro0g1F

豚肉のカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、豚肉は高カロリーですが、糖質が低くダイエット効果も豊富なため、食べる量や食べ方を間違えなければ、ダイエットに用いることができる食べ物なのです。

また、豚肉は様々な食べ方があるので、ダイエット中でも飽きにくいというのも良いところの一つです。

ダイエット中に豚肉を食べる際は、今回紹介した「茹でる、蒸すの調理法で食べる」、「豚キムチで食べる」などのダイエット効果が高まる食べ方を実践してみてください!

ダイエットだけでなく、健康や美容にも良い豚肉を積極的に食生活に取り入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集