11216343_414591235395069_1922295412_n-e1431500158176-660x399

トルティーヤのカロリー・糖質は?ダイエット中でも痩せれる食べ方

トルティーヤはメキシコの伝統料理でタコスやブリトーの皮の部分です。トルティーヤは高カロリー・高糖質でダイエットに不向きと思われがちですが、食べ方次第では痩せれると言われています。トルティーヤのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なトルティーヤでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2tILGmW

メキシコの伝統食材であるトルティーヤ。

タコスやブリトーを作るときに包むために欠かすことのできないものですよね。

一般的にはトウモロコシの粒から作ったパン生地がトルティーヤと呼ばれますが、最近では小麦粉によるトルティーヤも多く販売されています。

トルティーヤは高カロリー・高糖質で、ダイエットに向いていないと思われがちですが、ダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることが可能と言われています。

今回は、トルティーヤのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

トルティーヤのカロリーは?

http://bit.ly/2uhppJZ

トルティーヤのカロリーは100gあたり「約237kcal」と高カロリーです。

トルティーヤを使用した料理のカロリー(100gあたり)

  • タコス:約156kcal
  • ブリトー:約206kcal

トルティーヤ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 食パン:約264kcal
  • ご飯:約kcal
  • ドネルケバブ:約280kcal
  • ハンバーガー:約193kcal

このように比較してみても、トルティーヤのカロリーは他の主食と同じくらい高くなっています。

トッピングする具材や調理法によってはさらに高カロリーになることも。

しかし、トルティーヤにはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることができると言われています。

トルティーヤの糖質量は?

http://bit.ly/2tEl4ml

トルティーヤの糖質量はトウモロコシ製のもので100gあたり「約45g」、小麦粉製のもので「約44g」と高糖質です。

トルティーヤを使用した料理の糖質量(100gあたり)

  • タコス:約15g
  • ブリトー:約14g

トルティーヤ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ドネルケバブ:約5g
  • ハンバーガー:約28g

このように比較してみても、トルティーヤの糖質量が高いことがわかります。

カロリーが高い上に、糖質量も高いので、何も考えずに食べるとあっという間に太る原因になるので注意が必要です。

トルティーヤのダイエット効果

http://bit.ly/2uhUrl0

GI値が低い

トルティーヤは「GI値」が低いトウモロコシが原料で、トルティーヤ自体のGI値も低くなっていると言われています。

このGI値とは、食べ物を食べた際の血糖値の上昇具合を数値で表したもののことです。

体内で血糖値が上昇すると、血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値を下げることができるのですが、インスリンには体に脂肪を蓄える働きもあるため、肥満ホルモンとも呼ばれています。

GI値が高ければ高いほどこの血糖値が上がりやすいので、肥満になる可能性が高まるということです。

カルニチンが脂肪を燃焼してくれる

トルティーヤを使用した、タコスやブリトーにはお肉が使用されていることが多いです。

この肉類には、「カルニチン」という脂肪燃焼効果のある成分が豊富に含まれていて、ダイエットに高い効果を発揮してくれると言われています。

脂肪を排出するのはなかなか難しいのですが、カルニチンは効率良く脂肪を燃焼してくれるので、オススメの成分です。

脂質が適量含まれており、腹持ちが良い

トルティーヤには脂質が含まれています。

脂質量が多いと体に脂肪がつく原因になり、少ないとすぐにお腹が空きやすくなるのですが、トルティーヤには多くもなく少なくもなく、適量の脂質が含まれているので、腹持ちがよく、かつ太りにくいと言われています。

腹持ちが良くなることで、食事や間食の量を減らせるので、1日の摂取カロリーをカットすることができます。

トルティーヤの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tISd0X

トルティーヤチップスはNG

トルティーヤの調理法として、「トルティーヤチップス」がありますが、その名の通りトルティーヤを揚げているため、大変高カロリーになってしまっています。

油には脂質も多く、あっという間に太る原因になるので、ダイエット中はできるだけトルティーヤチップスは控えるようにしましょう。

タレが食欲を増進させる

トルティーヤが使用される食べ物とそて、タコスやブリトーが挙げられますが、タコスやブリトーにはタレがたくさん使用されており、太る原因になります。

タレで太る理由は、タレに使用される塩分や香辛料によるものです。

塩分や香辛料には、食欲を増進させてしまう働きがあり、ついつい食べすぎてしまう原因になるのです。

また、塩分には体を浮腫ませてしまう作用もあるので、ダイエット中の塩分や香辛料には注意するようにしましょう。

トルティーヤのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2t9hvE3

おからパウダーでトルティーヤを作る

トルティーヤのダイエット効果を高める食べ方として、トルティーヤをおからで作る方法をおすすめします。

《材料(1人前)》

  • ・おから:30g
  • ・薄力粉:50g
  • ・ぬるま湯:30ml
  • ・塩:小さじ1/8

《作り方》

  • 1.ボウルにおから、薄力粉、塩を入れ混ぜ、ぬるま湯を入れ粉っぽさがなくなるまでこねる
  • 2.天板に打ち粉をし、弾力が出るまでしっかりこね、ラップに包み1時間ほど冷蔵庫で寝かせる
  • 3.冷蔵庫から取り出した生地を8等分にする
  • 4.天板と生地に打ち粉をし、平たく伸ばす
  • 5.中火のフライパンで焦げ目がつく程度に片面約2分ほどで両面を焼く
  • 6.焼けたら10分ほど冷まし、ジップロックで保存する

《ポイント》

おからでトルティーヤを作ることで、カロリーや糖質量をグンと抑えることができます。

また、おからは豆腐が原料のため、高いダイエット効果が含まれているので、トルティーヤのダイエット効果と相まってより高い効果を期待することができます。

大豆サポニンが脂肪吸収を抑えてくれたり、レシチンがコレステロール値を下げてくれる効果などがあると言われています。

肉の量を減らし、その分野菜を増やす

トルティーヤで作られるタコスやブリトーには肉類が使用されていることが多いです。

肉類はご存知の通り高カロリーなので、量を減らしたい食材です。

しかし、肉の量を減らしてしまうと満足感が少なくなり、間食や食事の量を増やしてしまうことにつながります。

そこで、肉を減らした代わりに野菜を増やすという方法をおすすめします。

それならば、野菜ひ含まれるダイエット効果を受けることができますし、野菜の食物繊維の満腹感を味わうことができるので、ダイエットに効果的です。

高カロリーなトルティーヤでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2wgCFOW

トルティーヤのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、トルティーヤは高カロリー・高糖質で、ダイエットに向いていないと思われがちですが、ダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せれると言われています。

トルティーヤの料理は中の具材を工夫したり、トルティーヤを手作りで糖質量の少ないものにすることによってダイエットをより効果的にすることが可能です。

ダイエット中にトルティーヤを食べる際は、今回紹介した「おからで作る」、「肉を減らし野菜を増やす」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集