2317

シュウマイのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食べ物に変えて痩せる

シュウマイは、日本の食卓でも定番のメニューです。シュウマイは高カロリー・高糖質で、ダイエットに向いていないと思われがちですが、食べ方次第では痩せることが可能と言われています。シュウマイのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質な焼売(しゅうまい)でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2slCq3X

ホクホクに蒸しあがったシュウマイは中華料理屋さんでは欠かせませんし、お弁当の中にも入れやすい食材です。

とは言えダイエット中の人にとって気になるのがカロリーや糖質量。

シュウマイはカロリーや糖質量が高いのでダイエット中には我慢しなければいけない、と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、シュウマイにはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることが可能と言われています。

今回はシュウマイのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方を紹介します。

シュウマイのカロリーは?

http://bit.ly/2tLXk0i

シュウマイのカロリーは冷凍のもので100gあたり「約215.1kcal」と高カロリーです。

シュウマイ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 焼き餃子:約197kcal
  • 水餃子:約178kcal

このように比較してみても、シュウマイのカロリーは餃子よりも少し高めと言えるでしょう。

しかしシュウマイは餃子よりも1個あたりの分量が少ないので、食べる個数を減らすことで餃子1人前を食べるよりも低カロリーに抑えることができます。

カロリーが気になる人の食べ方としては、軽めのご飯一膳100gとシュウマイ一人前を一緒に食べた場合のカロリーは448kcalとなりますので、シュウマイを5個、ご飯を半分の50gにして総カロリー量を234kcalにしたり、シュウマイ半人前とご飯一膳で総カロリー量を264kcalにするのがおすすめです。

また、高カロリーなシュウマイですが、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることができると言われています。

シュウマイの糖質量は?

http://bit.ly/2slIQA2

シュウマイの糖質量は100gあたりで「約19g」、1個14gあたりでは「約2.7g」と高糖質です。

シュウマイ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 焼き餃子:約23.8g
  • 水餃子:約21g

シュウマイと餃子の糖質量を比較すると、シュウマイの糖質量が低いことがわかります。

ただし、餃子と比較した場合の話で、全食品で見ると十分高糖質なので、ダイエット中は注意して食べるようにしましょう。

シュウマイのダイエット効果

http://bit.ly/2slWtz2

カルニチンが脂肪を燃焼してくれる

シュウマイに使用される豚肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体の脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットに高い効果を発揮してくれる成分なのです。

豚肉といえば高カロリーで、ダイエットの敵と思われがちです。

もちろん食べ過ぎたら太るのですが、適量ならばカルニチンを含んでいるので、ダイエットに効果的なのです。

食べる量を調節しやすい

シュウマイは、1個あたりが小さいため、食べる量を調節しやすいのが特徴です。

事前に食べる個数を決めておいて、それ以上食べないようにすると、カロリーオーバーすることを防げるので、シュウマイはそういう面でもダイエット中におすすめです。

鉄分が豊富で代謝をアップしてくれる

シュウマイの皮には「鉄分」が豊富に含まれています。

鉄分というと、貧血の予防や改善への効果が有名ですが、実は高いダイエット効果がもあるのです。

体内で鉄分が不足すると、血液中の酸素量が減り、その結果酸素が内臓や細胞まで行き渡りにくくなり、働きが鈍くなるので、代謝が落ち、太りやすくなってしまいます。

そこで鉄分を摂取してあげることで、血液中の酸素量が増え、酸素が全身に行き渡りやすくなり、代謝がアップし痩せやすくなると言われています。

シュウマイの注意点・デメリット

http://shiori22.exblog.jp/6213643/

皮が厚いシュウマイは高カロリー

シュウマイの皮には薄いものから厚いものまで様々あります。

もちろん、皮が分厚いシュウマイは小麦粉をたくさん使用しているので、高カロリー・高糖質になってしまいます。

ダイエット中はできるだけ皮が薄いシュウマイを選ぶと良いでしょう。

揚げシュウマイに注意

シュウマイには蒸すタイプと揚げるタイプがあります。

やはり揚げシュウマイは油で揚げているので、蒸しシュウマイよりも高カロリーになってしまいます。

ダイエット中はできるだけ蒸しシュウマイを選んで、揚げシュウマイは避けるようにしましょう。

シュウマイのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tE4lA0

烏龍茶を飲む

シュウマイのダイエット効果を高める食べ方として、烏龍茶を一緒に飲む方法をおすすめします。

烏龍茶には、脂肪が体に吸収されるのを防いでくれる働きがあるので、シュウマイを食べることで摂取された脂肪分が体に吸収されにくくなると言われています。

シュウマイを食べる時だけでなく、ダイエット中は日頃から烏龍茶を飲むようにすると、痩せやすい体を作ることができます。

エビを入れる

エビシュウマイは定番のメニューですが、シュウマイのダイエット効果を高める食べ方としてもオススメなのです。

エビには、豊富にたんぱく質が含まれており、このたんぱく質には体の筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われています。

筋肉が作られることで、体の代謝がアップし、1日の消費カロリーを増やし、痩せることができると言われています。

高カロリー・高糖質なシュウマイでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2wgCFOW

シュウマイのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、シュウマイは高カロリー・高糖質でダイエットに向いていないと思われがちですが、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることが可能と言われています。

ダイエット中にシュウマイを食べる場合は、今回紹介した「烏龍茶を一緒に飲む」、「エビシュウマイで食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集