vitamin01_recipe03_img_01

チンジャオロースのカロリー・糖質は?ダイエット向きに変える食べ方

チンジャオロースは牛肉やピーマンなどを大量の油で炒めていて、高カロリーでダイエットに不向きと思われがちですが、ダイエット効果が豊富で、食べ方次第では痩せれると言われています。チンジャオロースのカロリー・糖質、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなチンジャオロースでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2ty9RUr

チンジャオロースは、牛肉やピーマンなどの野菜を油で炒め、ウスターソースや醤油で味付けしているので、高カロリーです。

しかし、チンジャオロースにはダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることが可能と言われています。

今回は、チンジャオロースのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める方法などを紹介します。

チンジャオロースのカロリーは?

http://bit.ly/2t5ltxg

チンジャオロース100gあたりのカロリーは、具材やレシピ、味付け、お店によって異なりますが、平均的に「約163kcal」と高カロリーです。

チンジャオロース以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 野菜炒め:約60kcal
  • 生姜焼き:約191kcal
  • 麻婆豆腐:約133kcal

このように比較してみても、チンジャオロースのカロリーが高いことがわかります。

チンジャーロースのカロリーが高い理由は、醤油やソースを調味料として使用するのに加え、油で炒めているため。

チンジャオロースは高カロリーですが、ダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第ではダイエット向きのメニューに変身させることができます。

チンジャオロースの糖質量は?

http://bit.ly/2seZscn

チンジャオロース1人前あたりの糖質量は、「約7g」と比較的低糖質です。

チンジャオロース以外の食べ物の糖質量(1人前あたり)

  • 野菜炒め:約6.4g
  • 生姜焼き:約8.1g
  • 麻婆豆腐:約11g

このように比較してみると、チンジャオロースの糖質量は低いということがわかります。

チンジャオロースの糖質量のほとんどが砂糖や片栗粉と言われています。

ただし、味付けやレシピによってはこの数値よりも糖質量が高くなることもあるので注意が必要です。

チンジャオロースのダイエット効果

http://bit.ly/2t5hbpM

ピーマンに含まれるクロロフィルがデトックス効果を促してくれる

チンジャオロースの材料であるピーマンには、「クロロフィル」という成分が豊富に含まれています。

このクロロフィルには、腸内の有害物質を吸着して排出してくれるデトックス効果があると言われています。

このデトックス効果により、腸内に余分な物質がなくなるので、ダイエットに効果的なのです。

ピーマンに含まれるビタミンEが代謝を高めてくれる

チンジャオロースのピーマンには、「ビタミンE」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンEには、血行を良くしてくれる働きがあり、体の代謝を高め、痩せやすい体を作ってくれる働きがあります。

血行が促進されると、血液に含まれる栄養が体全体に行き渡りやすくなり、働きが活発になるため、代謝が上がるという仕組みです。

牛肉に含まれるカルニチンが脂肪を燃焼してくれる

チンジャオロースには牛肉が使用されます。

この牛肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれていて、体の脂肪の燃焼を促してくれると言われています。

牛肉は高カロリーですが、このようなダイエット効果があるので、食べ過ぎなければ痩せることが可能なのです。

チンジャオロースの注意点・デメリット

http://bit.ly/2sePGHj

ソースが食欲を増進する

チンジャオロースにはウスターソースが調味料として使用されています。

ソースには、食欲を増進させてしまう働きがあると言われており、ついつい食べ過ぎてしまう原因になります。

また、ソースにもカロリーが含まれていて、油断するとすぐ太ってしまう原因になるので注意するようにしましょう。

むくみに注意

チンジャオロースに使用されるウスターソースや醤油には塩分が豊富に含まれています。

塩分を摂り過ぎると、体内の塩分濃度が高くなり、それを中和しようと水分が補給されるのですが、その水分が体の部位に溜まってむくみを生じさせます。

ダイエット中はウスターソースや醤油の量を減らし、塩分の摂取量を少なくする工夫が必要です。

チンジャオロースのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2teq0fa

輸入牛を選んだ方が低カロリー

チンジャオロースのダイエット効果を高める方法として、国産牛よりも輸入牛を選んで使用するのがおすすめです。

国産牛よりも輸入牛の方が良い理由は、国産牛よりも輸入牛の方が低カロリーなため、チンジャオロースのカロリーを抑えることができるためです。

その中でもできるだけ、赤みを選ぶようにすると、さらに低カロリーにすることができます。

オリーブオイルで炒める

ご家庭でチンジャオースを作る際は、サラダ油で炒めるのが一般的ですが、オリーブオイルで炒める方法をおすすめします。

サラダ油よりもオリーブオイルの方が良い理由は、カロリーはほとんど変わらないのですが、オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」が高いダイエット効果を持っているためです。

オレイン酸には血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあり、その結果代謝をアップし,1日の消費カロリーを高くすることができるのです。

チンジャオロースの低カロリーレシピ

「鶏ささみを使った低カロリーチンジャオロース」

http://bit.ly/2wJF2dp

「低カロリーな鶏ささみチンジャオロース」の材料(1人前)

鶏ささみ 大1本
ピーマン 1個
パプリカ 1/4個
茹でたけのこ 1/4本
しいたけ 1枚

・下味
醤油 小さじ1/2
酒 小さじ1/2
生姜の絞り汁 小さじ1/2
片栗粉 小さじ1/2

・合わせ調味料
醤油 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/4
オイスターソース 小さじ1/2
酒 小さじ1/2
サラダ油 小さじ1
塩 少々

「低カロリーな鶏ささみチンジャオロース」の作り方

1.ささみをお好みの大きさに切る
2.ボウルに下味の材料を混ぜ、ささみを入れ揉み、10分ほど寝かせる
3.ささみ、ピーマン、パプリカ、たけのこ、しいたけをお好みの大きさにカットする
4.熱したフライパンにサラダ油の半分を入れ、そこで先ほどのささみを炒め、火が通ったら取り出す
5.もう半分の油を加え野菜を炒め、火が通ったらささみを戻し、合わせ調味料を入れ軽く炒め、塩で味付けを整え完成

「低カロリーな鶏ささみチンジャオロース」のポイント

チンジャオロースには、牛肉を使用するのが定番なのですが、この牛肉は高カロリーなため、チンジャオロースのカロリーが高くなってしまいます。

そこで、牛肉の代わりに低カロリーな鶏ささみを使用することで、その分カロリーを抑えることができるのが、このメニューのポイントとなっています。

高カロリーなチンジャオロースでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2wgCFOW

チンジャオロースのカロリーを紹介しました。

紹介した通り、チンジャオロースは高カロリーですが、ダイエット効果を豊富に含んでいるので、食べ方を間違えなければ痩せることができると言われています。

牛肉やピーマンなどのダイエットだけでなく、健康や美容にも良い食材をたくさん摂れるのがチンジャオロースの良いところです。

ダイエット中にチンジャオロースを食べる際は、今回紹介した「輸入牛を選ぶ」、「オリーブオイルで調理する」などのダイエット効果を高める方法を試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集