menma1

メンマのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい太る食べ方

メンマはたけのこを発酵させたもので、様々な食べ方がある食材です。メンマは低カロリー・程糖質でダイエット効果が豊富なため、ダイエットに向いていますが、太る要素も含まれているので、食べ方次第では太ります。メンマのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリー・低糖質なメンマ(シナチク)でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2treIXx

メンマ(シナチク)はラーメンのトッピングやご飯のおかず、お酒のおつまみどたくさんの食べ方がある食材です。

市販でも桃屋の「穂先メンマ やわらぎ」などを始めとするたくさんのメンマを購入することができます。

そんなメンマは低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果が豊富に含まれており、ダイエットに向いている食べ物と言われています。

しかし、メンマにも太る要素が含まれているので、食べ方次第では太る原因になるので注意が必要です。

今回は、メンマのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

メンマのカロリーは?

http://bit.ly/2sthQxw

まずはメンマのカロリーがどの程度なのかというと、メンマ1本約5gで「約3kcal」と言われています。

つまり沢山食べてもそれほどのカロリーにはなりませんし、100g食べたとしても「約60kcal」と低カロリーです。

メンマ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • たけのこ:約26kcal
  • ザーサイ:約23kcal

このように他の食べ物と比較してみると、メンマのカロリーは高いですが、あくまでも低カロリーなたけのこやザーサイと比べた場合の話であり、全食品で見るとメンマは十分低カロリーと言うことができます。

メンマの糖質量は?

メンマ100gあたりの糖質量は「約7g」ほどと言われています。

メンマ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • たけのこ:約1.5g
  • ザーサイ:0g

たけのこやザーサイの糖質量と比較してみると、メンマの糖質量は高いように思われがちですが、一気にメンマ100gを食べることはほとんどなく、1回に食べる量が約30gとすると、糖質量は約2gと低糖質になります。

ただし、調味料やご飯、お酒などと組み合わせるとこの数値よりも高糖質になってしまうので、注意するようにしましょう。

メンマのカロリー以外のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2treIXx

食物繊維が便秘を解消してくれる

メンマには「食物繊維」が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的と言われています。

便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を効率的に体外に排出することができるので、ダイエットに効果的です。

カルシウムが脂肪吸収を抑えてくれる

メンマには「カルシウム」も豊富に含まれています。

カルシウムというと、骨や歯の強化やイライラ解消効果が真っ先に思い浮かびますが、ダイエット効果も豊富と言われています。

カルシウムは、摂取された脂肪が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあるので、体に脂肪がつきにくくなるのです。

カリウムがむくみを解消してくれる

メンマには「カリウム」という成分も豊富に含まれています。

このカリウムには利尿作用があり、ダイエットの大敵であるむくみの解消に効果的と言われています。

人の体がむくむ主な原因は、余分な水分が体の部位に溜まることによるもの。

カリウムを摂取することで、その余分な水分を尿と一緒に排出してくれるので、頑固なむくみを解消することができるのです。

メンマの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tqWsOc

市販のメンマに注意

市販のメンマには注意するようにしましょう。

市販のメンマは油が多く使用されているので、通常よりも高カロリーになっていて、太りやすいです。

また、市販のメンマには塩分が多く含まれており、食欲の増進を引き起こしたり、体にむくみを生じさせる原因になるので、食べ過ぎに注意するようにしましょう。

マヨネーズなどの調味料はかけない

メンマにマヨネーズなどの調味料をかけると美味しいですよね。

しかし、ご存知の通りマヨネーズなどの調味料はカロリーが高くなっているので、低カロリーなメンマが高カロリーになってしまう原因になります。

ダイエット中はできるだけマヨネーズなどの調味料をかけずに、そのまま召し上がるようにしてください。

メンマのダイエット効果をより高める方法

http://exci.to/2u5JF13

自家製メンマを作る

先ほども紹介しましたが、市販のメンマには油や塩分が多く含まれているため、カロリーが高かったり、食欲を増進してしまったり、むくみを生じさせてしまったりします。

そこで、自宅で簡単に作れる自家製メンマで食べることをおすすめします。

自家製なら油や塩分の量を調節できるので、ヘルシーにメンマを食べることができるのでおすすめです。

ラー油をかけて食べる

メンマのダイエット効果を高める食べ方として、ラー油をかけて食べる方法をおすすめします。

ラー油には「カプサイシン」という成分が含まれており、このカプサイシンには脂肪を燃焼してくれる働きがあるので、ダイエットに効果的と言われています。

ただし、ラー油は油なため、かけ過ぎてしまうと高カロリーになってしまうので、何滴か垂らすくらいが良いでしょう。

低カロリー・低糖質なメンマでも食べ方次第では太る!

http://bit.ly/2wgCFOW

メンマのカロリー・糖質量を紹介しました。

メンマはそのカロリーの低さから「マイナスカロリー」と言われていて、食べるだけで痩せていくと評判のダイエットサポート食品になっています。

それ以外にも女性に嬉しい効果があるのでダイエットにおすすめですが、そんなメンマにも太る要素が含まれており、食べ方次第では太る原因になるので注意が必要です。

ダイエット中にメンマを食べる際は、今回紹介した「自家製メンマを食べる」、「ラー油をかけて食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集