shutterstock_92766361

エリンギのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも食べ方次第では太る

エリンギは低カロリー・低糖質な食品で、ダイエット効果が高いと言われるキノコ類の中でも特にダイエットに向いていると言われていますが、太る要素もあるため、食べ方次第では太る原因にもなります。今回は、エリンギのカロリー・糖質、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット向きのエリンギでも食べ方に注意?

http://bit.ly/2sGxdXJ

低カロリーかつ栄養素も豊富、さらにむくみ解消にも期待が持てるため、ダイエットに利用している方も非常に多い”エリンギ”。

きのこ類の中でも工夫次第であらゆる調理法があるのがエリンギの特徴ですが、どんな食べ方をしてもダイエットに効果的というわけではありません。

そこで今回は、そんなエリンギのカロリーや糖質、ダイエット効果、ダイエット中に気をつけたい食べ方やデメリット、ダイエット効果を高める食べ方などについて詳しく紹介していきます。

エリンギのカロリーは?

http://bit.ly/2rye8r1

エリンギのカロリーは、品種によって若干の差はありますが100gあたり「約24kcal」と低カロリーです。

エリンギ以外のきのこ類のカロリー(100gあたり)

  • しいたけ:約18kcal
  • しめじ:約18kcal
  • まいたけ:約16kcal

その他のきのこ類と比較すると、エリンギのカロリーは若干高めの数値となっていることがわかります。

エリンギは、きのこ類の中でも非常にたんぱくな味わいなのでカロリーも低いのではないかと思われがちですが、実際はきのこ類の中ではカロリーは高い方なのです。

しかし、一般的な主食である白米100gあたりのカロリーは約356kcal、食パン100gあたりのカロリーは約264kcalですので、これらの主食と比較すると十分低カロリーの部類に入ります。

エリンギの糖質量は?

http://bit.ly/2s8GrLd

ダイエット効果に期待ができる食品として注目を集めているエリンギですが、その糖質量は100gあたり「約3.1g」です。

エリンギ以外のきのこ類の糖質量(100gあたり)

  • しいたけ:約1.4g
  • しめじ:約1.1g
  • まいたけ:0g

カロリーと同様にその他のきのこ類と比較するとエリンギは糖質量も若干高めの数値となっていることがわかります。

しかし、これはあくまできのこ類の中ではカロリー・糖質量ともに高めというだけです。

白米100gあたりの糖質量は約36.8g、食パン100gあたりの糖質量は製造元により異なりますが約40g~50gですので、これらの主食と比較するとエリンギが低糖質な食材ということが分かります。

エリンギのカロリー以外のダイエット効果

http://bit.ly/2s8q3um

エリンギがダイエットに適した食材と言われているのは、ただ単に「低カロリーだから」という理由だけではありません。

キノコキトサン脂肪の吸収を抑えてくれる

きのこ類には脂肪吸収を抑制し、脂肪の分解などを促進する働きがある「キノコキトサン」というダイエット効果に期待できる成分が含まれていますが、エリンギはこの「キノコキトサン」を最も多く含んでいるきのこだと言われています。

本来、食べ物によって摂取された脂肪は体脂肪として体に蓄えられやすいのですが、キノコキトサンを摂取することで、体脂肪として蓄えられる前に排出されやすくなるので、ダイエットに効果的と言われています。

カリウムがむくみを解消してくれる

エリンギには体内にある余分な水分の排出を手助けする「カリウム」も多く含まれているため、むくみの解消にも期待ができると言われています。

体がむくむ主な理由は、体の部位に余分な水分が蓄積されることによるもの。

カリウムには利尿作用があり、その余分な水分を尿と一緒に排出してくれるので、むくみの解消に効果的です。

食物繊維が豊富で満腹感がある

エリンギには、「食物繊維」も豊富に含まれています。

食物繊維はお腹の中で水分を吸収して膨らむ性質があり、少量で満腹感を感じることができ、食事や間食の量を減らすことができます。

また、食物繊維には整腸作用があり、便秘を解消してくれる働きもあるので、痩せやすい体を作るのにもってこいの成分なのです。

エリンギの注意点・デメリット

http://bit.ly/2s8sDQK

食べ過ぎると便秘になる

エリンギは低カロリー・低糖質なので、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、エリンギの「食べ過ぎ」には注意が必要です。

エリンギはきのこ類の中でも食物繊維を多く含んでいる品種なので便秘解消に期待できますが、食べ過ぎることで反対に便秘になってしまうという可能性があり、太りやすい体質を招くということは知っておく必要があります。

たくさん食べたからといって、効果もその分増えると考えるのはよくありません。

調理法に注意

エリンギ自体は非常に低カロリー・低糖質な商品ですが、調理法や味付けを誤ると、高カロリー・高糖質になってしまい、せっかくのダイエット効果も半減してしまいます。

特にエリンギは味がたんぱくなので、調味料や油の使い過ぎには気をつけたいところです。

保存方法に注意

エリンギは水分にとても弱いので、洗って保存すると劣化を早めてしまい、ダイエット成分がなくなってしまいます。

洗わずに冷蔵庫の野菜室に保存するのがベストですが、一度水分を与えてしまった場合はしっかりと水を切ってから保存するようにした方がより長持ちさせることが可能です。

エリンギのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tuK6ky

素焼きや網焼きで食べる

エリンギはとても食感が良いので、スライスした状態で素焼きや網焼きするだけでもおかずやおつまみとして美味しくいただくことができます。

油を必要としない調理法ですのでカロリーは抑えつつ、エリンギの持つダイエット効果を損なう心配もありません。

おかずにするならば少量の香辛料や醤油、おつまみならばレモン汁などでいただくと良いでしょう。

お肉と炒める食べ方もおすすめ

エリンギにはお肉を柔らかくする「エンドペプチターゼ」という栄養成分が含まれていますので、お肉との炒め物にも相性抜群です。

お肉の量をいつもより減らしてもエリンギに噛みごたえがあるので満足感は損ないません。

このように、組み合わせ次第でお肉を使いつつ低カロリーなおかずをつくることができるのもエリンギならではの魅力です。

ただし、油は高カロリーなので、量を減らしたり、オリーブオイルやごま油などのよりヘルシーな油を使用するなどの工夫が必要です。

低カロリー・低糖質なエリンギでも食べ方にご注意を!

http://bit.ly/2wgCFOW

エリンギは低カロリーかつ低糖質なダイエット向きの食品ですが、食べ方や調理方法について正しい知識を持っておくことで、よりダイエット効果を高めることが可能です。

しかし一方で、何も考えずにただ食べているだけでは効果を半減させてしまったり、逆効果をもたらしてしまう可能性があるということもお分かりいただけたかと思います。

メリットばかりを気にせず、注意点をしっかり理解した上で取り組むこともダイエットを成功させるひとつの秘訣ですので、事前にしっかりと情報を把握してエリンギダイエットを成功させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集