1092_1

めかぶのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい食べ方を紹介

めかぶは、低カロリー・低糖質な上にダイエット効果も豊富で、海藻類の中でも特にダイエット向きの食材と言われていますが、太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなります。今回はめかぶのカロリー・糖質、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めかぶはダイエットに向いているが、食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2rDpcyd

ダイエットを成功させるためには低カロリーなものを食べることが必要になりますが、その代表的なものとしてめかぶなどの海草類を想像する人も多いでしょう。

めかぶは低カロリー・低糖質な上にダイエット効果も豊富で、ダイエットに向いている食材と言われています。

しかし、そんなめかぶにも太る要素も含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなりかねません。

今回は、めかぶのカロリーや含まれている糖質、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。

めかぶのカロリーは?

http://bit.ly/2ryjx1l

めかぶのカロリーは100gあたり「約11kcal」程度と非常に低カロリーです。

スーパーやコンビニで販売されているめかぶ1パックは50g前後となり、味付けがされているので1パックあたり「約10kcal」程度になります。

いずれにしても、カロリーは非常に低いのでダイエット時には助かる食材と言えるのではないでしょうか。

めかぶ以外の海藻類のカロリー(100gあたり)

  • もずく:約4kcal
  • ひじき:約139.1kcal
  • 昆布:約150kcal

このように他の海藻類と比較してみると、めかぶのカロリーが群を抜いて低いということがわかります。

食べ物の中でも低カロリーと言われている海藻類の中でも特にカロリーが低いめかぶは、ダイエット向きの食材と言えるでしょう。

ファンケルの大人のカロリミット

※カロリー・糖質が気になる方は、カロリー・糖質カット系サプリに分類される「大人のカロリミット」での対策がおすすめ!上記の公式サイトからなら特別価格「980円」で購入可能!

めかぶの糖質量は?

http://bit.ly/2siQP1m

めかぶには糖質が含まれていないと言われています。

50グラム程度の味付けめかぶ1パックの糖質量も0グラムであることが多く、めかぶは非常に糖質量が低い食材となるようです。

めかぶ以外の海藻類の糖質量(100gあたり)

  • もずく:0g
  • ひじき:約12.9g
  • 昆布:約30g

めかぶには、糖質が含まれてなく、糖質制限ダイエットにも向いている食材と言うことができます。

ただし、味付けや調理法によっては糖質がプラスされるということもあるので注意が必要です。

めかぶのカロリー・糖質以外のダイエット効果

http://bit.ly/2tuoXqH

食物繊維が満腹感を出してくれる

めかぶには「食物繊維」が豊富に含まれています。

食物繊維が豊富に含まれていることで、体内で水分を吸収して膨張するので、少量でも満腹感が得られやすくなるという特徴があります。

また、食物繊維には糖の吸収を緩やかにしたり脂肪の吸収を抑える効果も期待でき、ダイエットに効果的です。

アルギン酸がコレステロール値を下げてくれる

めかぶには「アルギン酸」という成分も豊富に含まれています。

このアルギン酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあります。

血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的と言われています。

フコダインが脂肪吸収を抑えてくれる

めかぶには「フコダイン」という成分も豊富に含まれています。

このフコダインには、摂取された脂肪を体の外に排出してくれる働きがあります。

本来、脂肪を摂取すると、体に体脂肪として蓄えられやすいのですが、フコダインの働きによって、脂肪が体脂肪になる前に排出されやすくなるので、痩せやすくなると言われています。

めかぶの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tuyVYW

味付けに注意

めかぶを食べたことのある方はお分かり頂けると思いますが、めかぶには味があまりありません。

そこで、醤油やポン酢などをたくさんかけて食べてしまう方も多いです。

その醤油やポン酢にもカロリーが含まれており、かけ過ぎてしまうと、低カロリーなめかぶが高カロリーになってしまう可能性もあります。

また、醤油やポン酢には塩分が大量に含まれており、食欲を増進したり、むくみを引き起こす原因になったりするので注意するようにしましょう。

ご飯が進んでしまう

めかぶとご飯の相性って抜群ですよね。

ご飯にめかぶをかけて食べるのはとても美味しいですが、その相性の良さがデメリットになることも。

ご飯はカロリーが高い食べ物として有名です。

ご飯にめかぶをかけると美味しいですし、何よりご飯がスルスルと食べれてしまいますよね。

そうなると、ついついご飯を食べ過ぎてしまい、カロリーオーバーになってしまうということにも繋がるので、注意が必要です。

めかぶのダイエット効果をより高める食べ方・工夫

http://bit.ly/2sx2ADq

食前に食べる

めかぶのダイエット効果を高める食べ方として、食前に食べる方法をおすすめします。

食前に食べるのが良い理由は、めかぶには食物繊維が豊富に含まれていて、満腹感があるため、その後の食事の量を減らすことができるためです。

食事の量だけでなく、間食の量も減らせ、その結果1日の摂取カロリーを大幅にカットすることができるので、痩せやすくなると言われています。

めかぶ酢がおすすめ!

めかぶのダイエット効果を高める食べ方として、二杯酢や三杯酢などのお酢を使った味付けにして食べるという方法もオススメです。

お酢には脂肪を燃焼させる効果があり、めかぶとお酢を一緒に摂取することで相乗効果でよりダイエット効果が期待できます。

また、お酢は体温上昇の効果も期待できる調味料です。

体温が上昇することで基礎代謝が向上し太りにくく痩せやすくなるという効果が期待できるでしょう。

低カロリー・低糖質なめかぶでも食べ方次第では太る!

http://bit.ly/2wgCFOW

めかぶのカロリーや糖質、ダイエット中の食べ方などについて紹介してきました。

ダイエット食と言えば低カロリーなものか低糖質なものが基本となりますが、めかぶは低カロリーかつ低糖質なのでまさにダイエットのためにある食材と言っても過言ではありません。

ただし、食べ方などを意識しないとそのダイエット効果を引き出すことが出来ませんので、めかぶがどういうものなのかをしっかりと頭に入れて賢くダイエットに取り入れることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集