kuzukiri2

くずきりのカロリー・糖質は?太りにくくするための食べ方の注意点

くずきりは高カロリー・高糖質な上に、太る要素も多く含まれているので、ダイエットに不向きの食べ物と言われていますが、ダイエット効果もあり、食べ方次第では太りにくくすることも可能です。今回は、くずきりのカロリー・糖質、注意点、ダイエット効果、太りにくくする食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くずきりはダイエットに不向きでも食べ方次第では太りにくくできる?

http://bit.ly/2sCFY4S

くずきりは葛粉から作られている麺状の食品で、ご飯・うどんなどと同じ炭水化物です。

一見カロリーが低そうに見えますが、実は高カロリー・高糖質な上に、太る要素も豊富に含まれているので、ダイエットには向いていない食べ物です。

しかし、そんなくずきりにもダイエット効果があるので、食べ方によっては太りにくくすることは可能です。

今回は、くずきりのカロリー・糖質量、注意点、ダイエット効果、太りにくくする食べ方などを紹介します。

くずきりのカロリーは?類似・関連食品とのカロリーも比較

http://bit.ly/2srRH68

くずきりはヘルシーで低カロリーと思われがちですが、100gあたりのカロリーは、「約135kcal」と比較的高カロリーです。

くずきり以外の食品のカロリー(100gあたり)

  • うどん:約105kcal
  • 白滝:約6kcal
  • 春雨:約84kcal
  • くずもち:約91kcal
  • ようかん:約171kcal

くずきり以外の食品のカロリーを紹介しましたが、このように比較してみてもくずきりのカロリーが高いことがわかります。

くずきりは、原料に葛粉を使用しており、うどんなどと同様に炭水化物のため、高カロリーになっています。

さらに、くずきりには黒蜜などがよく用いられますが、カロリーが大幅にアップするためかけすぎは禁物です。

くずきりの糖質量は?類似・関連食品とのカロリーも比較

http://bit.ly/2rjzZy6

くずきりはカロリー同様に、糖質量も比較的高く、100gあたり「約33.3g」と、くずきりのおよそ1/3が糖質でできています。

くずきり以外の食品の糖質量(100gあたり)

  • うどん:約20.8g
  • 白滝:約0.1g
  • 春雨:約19.1g
  • くずもち:約22.5g
  • ようかん:約37.8g

類似商品と比べてもくずきりの糖質量は高く、糖質制限ダイエットにも向いていません。

くずきりはカロリーや糖質が低いと思われがちで、ついつい食べ過ぎてしまう方も多いのですが、カロリー・糖質共に高く、ダイエット中には気を付けたい食べ物です。

くずきりのカロリー・糖質以外の注意点・デメリット

http://bit.ly/2sCAtU4

じゃがいも澱粉を使用したものは体を冷やす

くずきりは葛粉で作られるものとじゃがいも澱粉で作られるものの2種類あります。

葛粉は高級品であるため市販品の多くはじゃがいも澱粉を使用したくずきりです。

じゃがいも澱粉は体を冷やし、内臓の働きを鈍くしてしまうため、体の代謝が落ち、1日の消費カロリーが少なくなり、太りやすい体質になることに繋がります。

ダイエット中に食べるなら成分をチェックし、できるだけ葛粉が使用されているくずきりを購入しましょう。

ただし、葛粉でできているくずきりも炭水化物であることに変わりはないため食べ過ぎは禁物です。

腹持ちが良くない

くずきりには水分が多く含まれているので腹持ちが良くありません。

間食などを引き起こしてしまう恐れがあり、くずきりだけを食べずに他の食品もしっかり摂取しましょう。

鍋などの締めにうどんをくずきりに置き換える人がいますが、ほとんど意味がありません。

白滝と似ているのでヘルシーに見えるくずきりは意外に高カロリーなので、うどんと置き換えるなら白滝・春雨の方が適切です。

濃い味付けにしがち

くずきり自体には味があまりなく、ついつい鍋などの高カロリーな調理法で食べてしまいがちです。

カロリーが高いくずきりに、高カロリーな調理法をしたら、かなり高カロリーな料理になってしまいます。

ダイエット中にくずきりを食べる際はできるだけ薄味の調理法で食べるようにすると良いでしょう。

そんなくずきりにもダイエット効果があった!

http://bit.ly/2rjP8Q3

葛粉が体を温め、代謝を高めてくれる

くずきりの原料である、葛粉には体を温めてくれる働きがあります。

葛粉によって体が温められると、内臓まで温められ、内臓の働きが活発になるので、体の代謝がアップし、1日に消費カロリーを増やすことが可能なのです。

ただし、先ほども紹介しましたが、じゃがいも澱粉で作られたくずきりは反対に体を冷やしてしまい、太りやすくしてしまうので、注意しましょう。

葛粉が便秘を解消してくれる

葛粉には、腸内環境を整え便秘を解消してくれる働きもあります。

便秘が解消されることによって、今まで体内に蓄積されてきた老廃物や毒素が排出されるので、痩せやすい体を手に入れることができます。

ダイエット中でも太りにくくするくずきりの食べ方

http://bit.ly/2srRdwK

調理する際は野菜中心で肉を少し入れる

ダイエット中のくずきりの調理法として、野菜を中心に、そこに肉を少し入れ、くずきりも少し入れる食べ方をおすすめします。

くずきりの量を減らし、野菜中心にすることで、カロリーを抑えることができ、肉を適量入れることで、満腹感を高めることができます。

それぞれの野菜のダイエット効果とくずきりのダイエット効果を期待することができるヘルシーメニューです。

1日に1食まで

ダイエット中にくずきりを食べる場合は、1日1食までにするようにしましょう。

その理由は、単純にくずきりは高カロリーなため、2食以上食べるとカロリーオーバーになってしまうため。

それに加え、くずきりは栄養があまり含まれていないので、くずきりばかりを食べてしまうと、栄養バランスが偏り、太りやすい体質になってしまうというのも理由の一つです。

高カロリー・高糖質なくずきりでも食べ方次第では太りにくくできる!

http://bit.ly/2wgCFOW

くずきりのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、くずきりは高カロリー・高糖質な上に、太る要素も多く含まれているので、ダイエットには向いていない食べ物と言えるでしょう。

しかし、くずきりにも「代謝を高めてくれる」、「腸内環境を整えてくれる」などのダイエット効果も含まれているので、食べ方次第では太りにくくすることは可能です。

ダイエット中にくずきりを食べる場合は、今回紹介した「野菜中心の調理法」、「1日1食まで」などの太りにくくする食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集