cabd743636b73149298021cbfca71439

低カロリーな目玉焼きも食べ方次第で太る?注意したい食べ方とは

目玉焼きといえば、朝食の定番の卵料理。目玉焼きは、た栄養が豊富な卵を使用しているので、低カロリーでダイエット向きなように感じますが、実はカロリーが低くても食べ方次第では太ります。今回は目玉焼きのカロリーと注意したい食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな目玉焼きでも太る?

http://bit.ly/2ogYOcu

目玉焼きといえば、私たち日本人の朝食の定番ですよね。

目玉焼きは、調理も簡単で、自分好みの調味料で味付けできるので、好きな方も多いのではないでしょうか?

そして、目玉焼きは、「卵の豊富な栄養も摂れて、なおかつ低カロリー、ダイエットにはもってこい!」と、食事に取り入れている方、少し待ってください。

目玉焼きは、黄身の焼け具合や調味料、油の量など、全てが自由だからこそ、ダイエット中は気を付けなければいけません。

実は目玉焼きは、食べ方ひとつで、ダイエッターの敵にも味方にもなる料理なのです。

目玉焼きのカロリーは?

http://bit.ly/2po3kKg

目玉焼きのカロリーは、卵の大きさや種類によっても変わりますが、1個で作った場合「約94kcal」です。

目玉焼きには欠かせない調味料(大さじ1)を含めるとどうなるかというと、

  • +しょうゆ(14kcal)で108kcal
  • +ソース(24kcal)で118kcal
  • +ケチャップ(20kcal)で114kcal
  • +塩(0kcal)で94kcal

となり、使用する調味料によってカロリーが変化するのも特徴ですが、調味料のカロリーを含めても、低カロリーな料理といえるでしょう。

他の卵料理のカロリー

  • 卵焼き:約130kcal
  • スクランブルエッグ:約140kcal
  • オムレツ:約200kcal
  • ゆで卵:約90kcal
  • ※全て卵1個分での計算

他の卵料理のカロリーと比較してみると、目玉焼きは、ゆで卵の次に低カロリーな卵料理ということになります。

卵焼きやオムレツ、スクランブルエッグは卵2個以上使用することが多いかと思いますので、一人前と考えると更に差は広がりそうです。

このように比較してみると、目玉焼きはダイエットに最適と言われる卵料理の中でも低カロリーなので、痩せやすい料理と思うかもしれませんが、カロリーだけを見て安心していると、後悔することになるかもしれません。

目玉焼きが低カロリーなのに太る理由3つ

http://bit.ly/2ol1apY

「低カロリーなんだから、食べても太らないんじゃないの?」

その考えは危険です。

実は目玉焼きには、カロリー以外の部分で、太る理由が潜んでいます。

腹持ちが悪い

油も調味料も低カロリーのものを使用するなど、やり方一つでいくらでもカロリーカットできてしまう目玉焼き。

メリットにも思えますが、実は極端にカロリーカットした目玉焼きは腹持ちが悪く、すぐに空腹になってしまいます。

その結果、次の食事の量が増えたり、間食が増えたりして、太る要因となります。

調味料次第で食欲増進につながる

そのままでは味気ないので、必ずと言っていいほど調味料をかけて食べられる目玉焼き。

醤油やソース、ケチャップといった調味料は塩分が多く、食欲増進につながります。

ごはんやパンなどの炭水化物の量が増えてしまうことが多いので要注意です。

焼き加減によっては噛む回数が少なくなる

半熟・固めなど好みの柔らかさにできるのも目玉焼きの魅力の一つ。

しかし、半熟などの柔らかい状態だと、噛む回数は必然的に少なくなります。満腹中枢が刺激されないと、カロリーに見合った満腹感が得られません。

また、柔らかいものは消化も早いので空腹になるのが早まり、次の食事量が増える危険があります。

目玉焼きでもなるべく太りづらくする食べ方・方法 3つ

http://bit.ly/2oO5e5Q

「じゃあ、ダイエット中には目玉焼きは食べてはいけないの?」

そんなことはありません。

本来低カロリーな目玉焼きは、食べ方に気を付ければ、太ることなく食べれます。

脂質を上げて腹持ちをUP!

腹持ちをよくするには、脂質を上げるという方法があります。

まず、カロリーカットに専念するあまり油を使っていなかった方は、適度な油を使って調理するようにしましょう。

カロリーが上がってしまいそうで避けがちですが、ベーコンを使ってベーコンエッグにしたり、ウィンナーを付け合せたりしたほうが満足感・腹持ちが上がり、結果的にダイエット効果が増します。

調味料は少なめ、もしくは塩のみ

調味料をたくさんかけると食欲が増し、ごはんも進んでしまうという事になります。

塩分過多にもなりかねませんので、調味料のかけすぎは控えましょう。

もしくは、塩を少量かけるのみにして卵本来の味を楽しむようにするのもおすすめです。

半熟ではなく固めに作る

柔らかい半熟の目玉焼きは消化が早く・噛む回数も少なくなると書きましたが、固くすれば真逆のことが起きます。

固い目玉焼きは噛む回数も増えて満腹感が得られ、消化にも時間がかかるので腹持ちがよくなるのです。

半熟派の方も、ダイエット中は両面をしっかりと焼いた目玉焼きを作りましょう。

目玉焼きは食べ方次第で痩せるし、間違うと太る!

http://bit.ly/2nfoWmH

目玉焼きについて、様々なことを紹介しましたが、ダイエットの一番の敵は「目玉焼きは低カロリーだから大丈夫!」という油断です。

目玉焼き自体は低カロリーでも、調味料やその後の食事への影響も考えなければ、あっという間に太ってしまいます。

半熟の目玉焼きに醤油をたっぷりかけ、ごはんと一緒にいただく…というのは、とっても美味しい食べ方ですが、一番危ない食べ方でもあります。

ごはんがどんどん進み、卵も流し込むように食べてしまうので腹持ちも悪く、ダイエットには悪いことばかり。

しかし、焼く時間を少し長くして、調味料を控えめにするだけで、太る可能性はぐっと低くなります。

作り方・食べ方が自由な料理だからこそ、少し意識を変えるだけで得られる効果が変わってくるのです。

そもそも目玉焼きは朝に食べられることが多い料理。

朝は夜に比べてカロリーをそこまで気にしなくても良いので、大切なのは実は腹持ちの方です。

通勤・通学は思った以上にエネルギーを使いますので、カロリーばかりを気にしているとお昼ご飯まで持ちません。

目玉焼きに限らずですが、その時のカロリーだけを気にするのではなく、腹持ちや満腹感なども気を付けることがストレスのないダイエットを続ける秘訣です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集