69cce202d2bd883e19eaf463ff645f7b

高カロリーとんかつも工夫次第で痩せる?ダイエットメニューに変える方法

とんかつは大量の油で揚げているため高カロリーなイメージがあります。しかし普通のとんかつは高カロリーでも、工夫次第ではカロリーをカットすることができ、ダイエットメニューに変えて痩せることも可能です。気になるとんかつのカロリーと、痩せるための方法・コツを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とんかつで痩せる?

http://bit.ly/2o4q9hY

高カロリーメニューの代表格ともいえる「とんかつ」。

高カロリーだから、ダイエット中にとんかつなんて食べてはいけない、なんて思っていませんか?

とんかつは工夫次第でダイエットメニューとしても取り入れられ、美容に効果的な栄養素も豊富に含んでいます。

斬新な「とんかつダイエット」で、美味しく食べて、健康的に美しいボディを手に入れましょう。

とんかつは高カロリーでも痩せる?カロリーは?

http://bit.ly/2p3BYZo

とんかつのカロリーは、100gあたり「344kcal」で、とんかつ1枚あたりにすると「約463kcal」もあります。

さらに白米を追加すると摂取カロリーは1000kcalまで上がり、たった1食でダイエット中のほぼ1日分の摂取カロリーとなってしまいます。

これでは、ダイエットに不向きなメニューであると言うのも納得です。

しかし、とんかつは工夫次第では、ダイエットメニューにも変えることができます。

ファンケルの大人のカロリミット

※カロリー・糖質が気になる方は、カロリー・糖質カット系サプリに分類される「大人のカロリミット」での対策がおすすめ!上記の公式サイトからなら特別価格「980円」で購入可能!

とんかつをダイエットメニューに変える方法

http://bit.ly/2prrj7m

とんかつが高カロリーと言われる原因は、「使用している肉の種類」と「油を使用した調理法」にあります。

この2つを取り除いてあげれば、普通のお肉と変わらず、むしろ豚肉なのでダイエット効果もあるという、ダイエットメニューに変えることができます。

とんかつをダイエットメニューに変えるためにできる3つのことを紹介します。

とんかつのお肉をロース肉からヒレ肉に変更

とんかつで好まれるロース肉からヒレ肉に変更するだけで、そのカロリーは「約200kcal」ほどに抑えることが可能です。

ヒレ肉のとんかつであれば、高カロリーどころか、むしろ低カロリーとも言えるのではないでしょうか。

揚げ焼きで調理

ご家庭で調理される場合、たっぷりの油の中に泳がせて揚げる通常の方法では、衣が油をたくさん吸うことになり、高カロリーの原因になります。

そこで、浅いフライパンを使用して、揚げ焼きにするという方法にしましょう。揚げ焼きにするだけでも、随分カロリーは変わってきます。

オーブンを使用する調理もおすすめ

オーブンを使用する調理法はいくつかあり、使用する油の量が減るのでカロリーをカットできます。

衣に油をまわしかけてからオーブンで焼き上げるという方法や、パン粉を先にオーブンで焼き、それを豚肉に貼り付けてさらにオーブンで焼き上げるという方法であれば、大幅なカロリーカットが可能でしょう。

とんかつがダイエット向きな理由

http://bit.ly/2onvVMx

高カロリーなイメージのとんかつですが、実はたくさんのダイエット効果を持っています。

3つのとんかつのダイエット効果を紹介します。

とんかつは腹持ちがいい

1つ目にとんかつは腹持ちのいいメニューであると知られています。

ダイエット中は空腹感からストレスが生まれイライラしてしまいがちですが、とんかつの腹持ちの良さで、空腹のストレスから解放され、1日のカロリー摂取量を抑えることができます。

ストレスなくダイエットすることは実は非常に大事で、ストレスがなくなると太りづらくなると言われています。

豚肉には、ビタミンB群が豊富に含まれている

豚肉にはビタミンB1、ビタミンE,ビタミンKなどビタミンを豊富に含んだ食材であり、特にビタミンB1は肌の代謝を上げ美肌に効果があると言われています。

豚肉が多く含むビタミンB1は、炭水化物をブドウ糖に変えてエネルギーとして消費する手助けをしますので、ダイエットの敵である炭水化物を消費するのに効果的であるといわれています。

豚肉はGI値が低い

豚肉は低カロリー・低糖質なだけでなく、血糖値の上昇を示すGI値が46と低く、血糖値の上昇を抑えます。

余計なグリコーゲンが体内に取り込まれるのを防ぎ、食べても脂肪がつきにくい食材と言えます。

高カロリーなとんかつをよりヘルシーにするための工夫

http://bit.ly/2nJt2EW

キャベツを先に食べる

とんかつについてくるキャベツは始めに食べましょう。

先に食べることで少量でもお腹が満たされ、食べすぎを防ぐことができ、摂取カロリーをカットできます。

また、キャベツ→とんかつ→キャベツ→とんかつと交互に食べるのも効果的で、早い段階で満腹感を感じることができます。

とんかつは自宅で作るかテイクアウト

とんかつは自宅で食べるまたはテイクアウトがおすすめです。

外食のとんかつは確かに味は美味しいのですが、調理方法もお任せで、また全部食べないと失礼になってしまい、思うようにカロリーをコントロールすることができません。

自宅では調理方法を工夫することができますし、テイクアウトであれば、家族と分け合う、または半分は次の日に残しておくなど、カロリーをコントロールすることが可能です。

とんかつソースは控える

とんかつにはソースをたっぷりとかけるのが好きという方も多いと思いますが、ソースというのは非常にカロリーが高いので、できるだけ何もつけないで食べることでカロリーの摂取を抑えることができます。

もし味のないとんかつは食べれないという場合は、少しの塩でアクセントをつけて食べるのがおすすめです。

塩であれば、カロリーも気にするほどではありません。

高カロリーなイメージのとんかつも食べ方次第で痩せれる!

http://bit.ly/2oBqrRj

とんかつのカロリーと、とんかつをダイエットメニューに変えるための方法・コツを紹介しました。

普通のとんかつは、非常に高カロリーなメニューではありますが、たっぷりの油で揚げる本来の調理法から、フライパンやオーブンを使用する調理法に変えて、少し工夫するだけで衣が吸収する油の量が減り、低カロリーなメニューとして楽しむことが出来ます。

また、とんかつのもつ栄養価は非常に高いもので、美しく痩せるには欠かせないビタミンが豊富に含まれおり、ダイエットにはおすすめの食材です。

腹持ちがよくストレスフリーにダイエットができる点も、とんかつダイエットのいいところですね。

ダイエット中にとんかつを食べたい時には、ぜひ紹介した方法を実践してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集