9e2b8fea20c56cf3bd813994d3bbdaff

とんこつラーメンのカロリーは?ダイエット中に太りづらくする食べ方

とんこつラーメンは高カロリーで、ダイエットに向いていない食べ物と言われています。そんな高カロリーのとんこつラーメンですが、食べ方次第では太りにくくすることが可能です。とんこつラーメンのカロリーと、ダイエット中に食べても太りにくくする食べ方・コツを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とんこつラーメンでも太りづらくはできる?

http://bit.ly/2oHbuKq

とんこつラーメンといえば、豚骨の濃厚なスープが風味豊かな麺に絡んでいて美味しいですよね。

最近ではとんこつラーメンを食べれるお店も増えてきて、大人気の食べ物です。

そんなとんこつラーメンですが、みなさんはカロリーやダイエット中に食べても大丈夫なのかなど気にしたことはありませんか?

とんこつラーメンは、高カロリーでダイエット中には向いていない食べ物と言われています。しかし、食べ方次第では太りにくくすることが可能です。

今回はとんこつラーメンのカロリーと、ダイエット中でも太りにくくするコツを紹介します。

とんこつラーメンのカロリーは?

http://bit.ly/2oAUzMF

有名店のとんこつラーメンのカロリー(1杯あたり、並盛り)

  • 一蘭:天然とんこつラーメン 約525kcal
  • 一風堂:白玉元味 約652kcal

ネット上の情報をもとに、有名店のとんこつラーメンのカロリーを紹介しました。

お店によって、味付けやレシピが異なるため、差はあるものの、平均的に1杯あたり約500kcalほどと言われています。

他の味のラーメンのカロリー(1杯あたり、並盛り)

  • 醤油ラーメン:約480kcal
  • 味噌ラーメン:約550kcal
  • 塩ラーメン:約470kcal

他の味のラーメンのカロリーを紹介しました。

このカロリーはあくまでも、麺とスープだけのカロリーなので、これに具材のカロリーがプラスされます。

このように他の味のラーメンと比較してもとんこつラーメンのカロリーが高いことがわかります。

ファンケルの大人のカロリミット

※カロリー・糖質が気になる方は、カロリー・糖質カット系サプリに分類される「大人のカロリミット」での対策がおすすめ!上記の公式サイトからなら特別価格「980円」で購入可能!

ダイエット中にとんこつらーめんを食べても太りにくくする方法・コツ

http://bit.ly/2oZ6hgo

1、替え玉を我慢

とんこつラーメンはもともと高カロリーでダイエット中に食べると太る原因になるのですが、替え玉を頼むとより高カロリーになってしまうので我慢するようにしましょう。

とんこつラーメンは、替え玉を頼む前提で、もともとの麺の量が少なくなっていてます。

そのため、それだけでは満腹にならず、ついつい替え玉を注文してしまいがちですが、替え玉のカロリーは1杯で約300kcalと言われており、ご飯1杯以上のカロリーを摂取してしまうことに繋がります。

また、とんこつラーメンのスープもまた高カロリーです。

スープも美味しくてたくさん飲みたい気持ちはわかりますが、ダイエット中はできるだけスープも我慢するようにしましょう。

2、ライスも我慢

とんこつラーメンと白米の相性は抜群です!

しかし、ライスも高カロリーなため、食べてしまえば、とんこつラーメンとライスのカロリーが合計されてしまい、かなり高カロリーになってしまいます。

最近では、ライスを無料でサービスしてくれるお店もあり、ついつい注文してしまいがちですが、ダイエット中は我慢するようにしましょう。

http://bit.ly/2nIY4MR

3、トッピングのダイエット効果を利用する

とんこつラーメンを食べる時は、トッピングのダイエット効果を利用すると太りにくくなるのでおすすめです。

ネギ:アリインという成分が、糖質を燃焼してくれます。麺には糖質が多く含まれるので、ネギとラーメンの相性は抜群です。

チャーシュー:脂質が含まれており、腹持ちが良く、食べる量を減らすことができます。食べ過ぎはカロリーを余計に摂取していしまい、太る原因になるので注意が必要です。

ゴマ:中性脂肪やコレステロールを減らしてくれます。また、食物繊維も豊富なので、整腸作用があり、ダイエットに良いとされています。

このように、とんこつラーメンの具材にはダイエット効果のあるものがたくさんあります。

美味しくてダイエット効果もあり、一石二鳥なので、ぜひ自分好みのトッピングをしてみてください!

4、キムチがあるお店に行く

とんこつラーメン屋さんの中には、キムチを食べることができるお店もあります。

できるだけ、ダイエット中にとんこつラーメンを食べる時は、キムチが食べれるお店を選ぶようにしましょう。

キムチにはカプサイシンという成分が含まれており、そのカプサイシンが脂肪を燃焼してくれるため、痩せることができると言われています。

しかし、キムチには食欲を増進してしまう働きもあるため、食べ過ぎには注意するようにしましょう。

http://bit.ly/2oHhfYF

5、事前にサラダを食べる

とんこつラーメンを食べる時は、事前にサラダを食べるようにしましょう。

事前にサラダを食べると太りにくくなる理由は、野菜でお腹の中がカサ増しになり、とんこつラーメンを食べる量を減らせるためです。

また、野菜には食物繊維が含まれていて、腸内環境を整えてくれるので、体内の老廃物や毒素を排出してくれ、痩せやすい体を作ることができます。

ラーメン屋さんでサラダを注文できるところなら、お店で食べればいいのですが、ラーメン屋さんでサラダを置いているところはなかなかありません。

そんな時は、家で食べてから行くなどの工夫をしましょう。

とんこつラーメンは高カロリーだが、ダイエット効果もあるので他のラーメンよりはおすすめ

http://bit.ly/2nJgM74

細麺はカロリーが低い

基本的にとんこつラーメンの麺は細麺のものが多くなっています。細麺の方が太麺よりもカロリーが低く、太りにくいと言われています。

とんこつラーメンに限らず、ラーメンをダイエット中に食べる時は細麺を選ぶようにしましょう。

ただし、細麺は太麺と比べると満腹感が少なくなるため、食べ過ぎてしまわないように食べる量をセーブすることが必要になってきます。

麺が硬いので満腹感がある

とんこつラーメンの代表である、博多ラーメンや長浜ラーメンは麺が固いものが多いです。

麺が固いと、自然と咀嚼回数が増え、満腹中枢が刺激されるため、あまり噛まないで食べた時よりも満腹感が多くなります。

そのため、間食や食事の量を少なくすることができるので、1日の摂取カロリー量が少なくなり、痩せることができると言われています。

油が多く、スープが冷めにくいため満腹感がある

とんこつラーメンは他のラーメンと比べ、油が多く使用される傾向があります。

ダイエットの敵と言われている油ですが、実は痩せる効果も持っていたのです。

油がスープに浮いていることによって、スープの上に膜ができる形となり、スープが冷めにくくなります。

熱いものを食べるのには時間がかかりますよね。人の体はゆっくり食べれば食べるほど満腹感を感じやすいと言われています。

スープが冷めにくいということは、長時間熱い状態が続くので、食べるのに時間がかかり、普通よりもお腹がいっぱいになることができます。

とんこつラーメンは高カロリーで太るが、食べ方次第で太りにくくすることができる!

http://bit.ly/2oAWRLR

とんこつラーメンのカロリーを紹介しました。

とんこつラーメンは高カロリーでダイエットに向いていない食べ物と言われています。

できるだけダイエット中にとんこつラーメンを食べるのは控えて欲しいのですが、もし食べる場合は、紹介した太りにくくするコツを活用して食べてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集