05_64_chou-a-la-creme_09

シュークリームは高カロリーでも痩せる?ダイエット向きな理由とは

シュークリームは、高カロリーな食べ物と言われていますが、他のケーキなどのスイーツと比べると低カロリーで、間食に向いている食べ物です。そんな比較的に低カロリーなシュークリームですが、もちろんむやみやたらに食べたら太る原因になります。ダイエット中にシュークリームを食べる際の工夫・注意点を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュークリームは高カロリーでも痩せる?

http://bit.ly/2m1GzXj

ダイエット中は甘いものは絶対NGという風に思っている方も多いかもしれませんが、シュークリームはダイエット中でもOKという専門家もいます。

シュークリームはたくさんのカスタードクリームや生クリームを使用していて、ダイエットには向いていないと敬遠されがちですが、どのような理由からシュークリームはダイエットに向いていると言えるのでしょうか?

シュークリームがダイエットに向いている理由を紹介します。

シュークリームがダイエット向きな理由

1、シュークリームは意外と低カロリー

http://bit.ly/2kqa9W2

有名店のシュークリームのカロリー

  • ヒロタ カスタードシュークリーム:約80kcal(1個あたり)
  • ビアードパパ シュークリーム:247kcal(1個あたり)
  • セブンイレブン ミルクたっぷりとろりんシュー:約220kcal(1個あたり)
  • ローソン カスタードシュー:約292kcal(1個あたり)

他のスイーツのカロリー

  • ショートケーキ:約366kcal(1個120gあたり)
  • バウムクーヘン:約361kcal(1個100gあたり)
  • カステラ:約320kcal(1個100gあたり)

有名な専門店やコンビニのシュークリームと他のスイーツのカロリーを紹介しましたが、このように比較してみると、シュークリームのカロリーが低いということがわかります。

シュークリームが他のスイーツと比べて低カロリーな理由は、シュークリームにはケーキなどに使用される高カロリーなスポンジ生地が使われていないからです。

そのため、ケーキやバウムクーヘンなどの高カロリースイーツと比較すると、シュークリームは低カロリーになるのです。

2、シュークリームは満足感がある

http://bit.ly/2mAJnOq

適度な間食は、ストレスを低減してくれて、ダイエットにも効果的と言われています。

ただし、注意して欲しいのは、「適度な間食」にしないといけないということです。

間食を食べ過ぎてしまうと、カロリーオーバーになる、太る原因になってしまいます。

実は、シュークリームはこの「適度な間食」にまさにぴったりなのです。

シュークリームは1個あたりにボリュームがあり、他のスイーツと比べて低カロリーなのに満足感があります。

また、1個ずつパッケージングされているので、ついつい食べ過ぎてしまうということが少なく、まさに「適度な間食」と言えます。

3、シュークリームの甘さがストレスを軽減する

http://bit.ly/2lDmmuU

甘いものを食べると幸せな気持ちになりますよね。

これは実は、砂糖を口にすると、エンドルフィンという幸福ホルモンが脳内で分泌されるからです。

エンドルフィンが脳内で分泌されるとストレスが解消される他、免疫力が上がり、睡眠も安定します。

ダイエット中でもこのようにストレスを発散してあげることにより、ダイエットが続きやすくなり、またストレス発散や睡眠の安定により、太りづらい体質になれます。

間食を食べても痩せれる理由

http://bit.ly/2hyqcD3

間食は太ると敬遠されがちですが、実は必ずしも太るということではないのです。

間食を食べるということは、お腹が空いたということ。人の体は、空腹を我慢することにより、ストレスを感じますが、そのストレスは太る原因になります。

また、空腹感が最大の状態で食事をしてしまうと、体内の血糖値が上がり、糖が脂肪に変換されやすくなるので、太ります。

確かに、食べ過ぎてしまうとたくさんのカロリーを摂取してしまうことになりますが、間食の量とカロリーを少なくすれば、ストレスを感じずに、血糖値の上昇を緩やかにすることができるので、反対に痩せることができるのです。

低カロリーで食べ過ぎることのないシュークリームは、この点でまさに間食にぴったりと言えるでしょう。

シュークリームダイエットの注意点

http://bit.ly/2lDgT7y

すごく低カロリーというわけではない

シュークリームは低カロリーと紹介しましたが、それは他のスイーツと比べた場合の話です。

シュークリーム自体には、他の低カロリーの食品と比べると、高いカロリーがありますので、何も考えずパクパクと食べてしまうと太る原因になりますので、注意しましょう。

キャラメルコーティングしているものはNG

シュークリームにキャラメルコーティングがしてあるものは、ダイエット中にはできるだけ食べないようにしましょう。

最近コンビニで売っているものは、シンプルなものだけでなく、甘く加工されているものが多いです。

キャラメルコーティングされているものに限らず、そのような加工がされているものは、普通のシュークリームよりもカロリーが高く設定されていますので、注意しましょう。

ミニシュークリームに注意

ミニシュークリームも、1口で手軽に食べれるという理由から人気の商品です。

しかし、手軽に食べれるという理由が、カロリーを多く摂ってしまうことに繋がるのです。

ミニシュークリームは1つ1つ小さく作られており、低カロリーと思われがちです。

確かに、小さい分カロリーは低いですが、大きいシュークリームと同じ量を食べれば同じカロリーを摂取したことになります。

さらに、1口サイズでパクパクと食べれてしまうので、ついつい必要以上に食べ過ぎてしまうということもあるので、注意しましょう。

シュークリームでより痩せる工夫

http://bit.ly/2n5hrjh

よく噛む

人の体は、咀嚼回数を増やすことにより、あまり噛まないで食べるよりも満腹感を感じることができる仕組みになっています。

シュークリームは柔らかくて、あまり噛まずに食べがちですが、食べ方として、1口で30回以上噛むように意識しましょう。

そうすることによって、少量で満腹になることができるので、シュークリームによるカロリーを減らせ、さらには食事の量も減らせるので、痩せることができます。

烏龍茶を一緒に飲む

烏龍茶には、ポリフェノールやサポニンという成分が含まれていて、脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。

シュークリームは、洋菓子なので、コーヒーや紅茶を一緒に飲みがちですが、ウーロン茶を飲むようにしましょう。

烏龍茶には、中性脂肪を燃焼してくれる効果もあるのでおすすめです。

有酸素運動を取り入れる

ダイエットをしている方の中には、食事制限だけで痩せようとする方も多いです。

しかし、食事制限だけだと、確かに痩せれるかもしれませんが、健康的ではありません。

ウォーキングやランニング、水泳など、自分に合った有酸素運動を取り入れると、体の外側はもちろん内側からも健康的に痩せることができますよ。

高カロリーなシュークリームを食べてストレスなく痩せる

http://bit.ly/2jQDzw2

シュークリームがダイエットに向いている理由を紹介しました。

シュークリームは高カロリーの部類に入りますが、他のスイーツと比べると低カロリーになっており、食べ過ぎない限り、ダイエットに向いている食べ物です。

ダイエット中でも、注意点をしっかり意識すれば、シュークリームを食べても大丈夫なのです。

シュークリームを食べて、ストレスなく痩せましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集