large-6

和菓子ダイエットで楽に痩せる!正しい方法と痩せる種類・太る種類

20㎏痩せた和スイーツ評論家の中原陽一がお勧めする「和菓子ダイエット」をご存知でしょうか?和菓子ダイエットは、コンビニで揃得ることができるので手頃で、簡単に痩せることが可能です。大福・みたらし団子・羊羹など痩せる和菓子と和菓子ダイエットに不向きな太る和菓子を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「和菓子ダイエット」がおすすめ

http://bit.ly/2fUsGqY

みなさんは「和菓子ダイエット」なるものをご存知でしょうか?

その名の通り、和菓子を食べてダイエットしようというものです。

ダイエットといえば、食べる量を減らす「食事制限ダイエット」を想像する方が多いかもしれませんが、食事制限ダイエットは食欲を我慢するものなので、失敗する確率が高くなってしまいます。

この食事制限ダイエットに対して、「和菓子ダイエット」は、食事の量を制限することなく、ストレスフリーで健康的に痩せることが可能なのです。

今回は、話題の「和菓子ダイエット」の方法、気になる効果、注意点、痩せるお菓子・太るお菓子などを紹介していきます。

中原さんという方は、実際に「和菓子ダイエット」で20㎏痩せた

http://bit.ly/2fUxuMU

本当に和菓子で痩せれるの?と疑問に思う方も多いかもしれません。

しかし、その効果はお墨付きで、「マツコの知らない世界」というテレビ番組でも紹介されています。

和スイーツ評論家の中原陽一さんは、和菓子を食べ続けて、3年間でおよそ「20㎏」の減量に成功。

肥満体型から、一気に標準体型まで体重を落とすことができたそうです!

「和菓子ダイエット」の方法

http://bit.ly/2gAt52O

「和菓子ダイエット」の方法はとても簡単です。

今まで食べていたおやつや間食を和菓子に変えるだけです。

もし、普段からお菓子を食べないという方は、朝食を和菓子に置き換えるか、もしくは、あえて15時に和菓子を食べるようにしてみると良いでしょう。

間食=太るというイメージがあると思いますが、それは高カロリーで高脂質な洋菓子を食べるからです。和菓子なら、低カロリーなので太りづらく、むしろ夕食までの時間の空腹感が無くなります。

間食に和菓子を取り入れ、夕食時に空腹感がなくなることで、血糖値が上昇しづらくなり、食べ過ぎも防ぐことができます。

また、間食を和菓子に変えることに加えて、食事を玄米やお味噌汁など、和食中心の健康的な食事に変えることによって、さらに効果を高めることができます。

「和菓子ダイエット」で痩せる理由

http://bit.ly/2gwXeiC

和菓子は スイーツなので、高カロリーで太るのではないかと心配になる方もいると思います。

一体なぜ、和菓子を食べると痩せるのでしょうか。

和菓子を食べて痩せる理由は、和菓子は基本的に「植物性の油」を使用しているためです。

植物性の油は、体に脂肪として蓄積されにくく、太りにくいと言われています。

多くのスイーツをはじめとする食べ物には、動物性の油が使用されているので、これらを和菓子にすることによって、痩せるという仕組みです。

「和菓子ダイエット」の効果を高める方法

http://bit.ly/2fqcbH4

そのまま実践しても高い効果を持つ「和菓子ダイエット」ですが、より高い効果を求める方には、お茶(緑茶)を一緒に飲むことをおすすめします。

緑茶には、様々なダイエット効果があり、体の老廃物を体外に排出してくれるデトックス効果、脂肪燃焼効果、脂肪の吸収を防ぐ効果が挙げられます。

更には、肌の酸化を防いでくれる抗酸化作用など、ダイエットの面以外にも美容効果も見込めるのでおすすめです。

お菓子のお供はコーヒーという方、これを機会にお茶をお供に変えてみませんか?

「和菓子ダイエット」の注意点

http://bit.ly/2g8mFtO

「和菓子ダイエット」と言っても、和菓子をたくさん食べれば良いというものではありません。

先ほど紹介したように、植物性の油がダイエットを助けてくれるので、動物性の油はできるだけ摂らないようにしましょう。

同じお菓子の洋菓子には動物性の油を使用しているものが多いので、和菓子ダイエット中は、基本的に洋菓子を控えるようにしてください。

また、和菓子の食べ過ぎもNG。

和菓子はいくらヘルシーだとはいえお菓子です。

少なからず糖質や脂質、カロリーが含まれているので、食べ過ぎてしまうと、反対に太る原因になってしまいます。

夜中に小腹が空いて、お菓子をつまみ食いしたくなる時もあると思うのですが、「和菓子ダイエット」を実践している最中は、22時以降の夜食は控えるようにしましょう。

夜遅い時間は、食べたものが脂肪として吸収されやすくなりますので、注意が必要です。

特にダイエット向きのコンビニ和菓子を紹介

http://bit.ly/2fCPb2V

和菓子は、コンビニでも売っており、基本的には大半がダイエット向きなものなのですが、その中でも和菓子ダイエットに向いた種類と、できれば避けたい種類が存在します。

まずは、和菓子ダイエットにおすすめのコンビニ和菓子を紹介します。

「大福」

大福の求肥に使われる白玉粉は、もち米を製粉したものでカロリーが低く、腹持ちも良いので「和菓子ダイエット」に適しています。

また、中に入っているあんこも小豆を使用しており、ヘルシーで低カロリーです。

コンビニで売っている大福は、1個あたりの大きさが程よく、食べ過ぎる心配ないのもポイントです。

「みたらし団子」

だんごの生地には、うるち米を製粉した上新粉が使用されており、低カロリーです。

みたらしに使われている醤油も低いカロリーでダイエット中に最適なお菓子と言えるでしょう。

みたらし団子は、コンビニにも売っていますが、オーソドックスな3本入りの通常サイズのものだと食べ過ぎてしまう恐れがあります。

セブンイレブンに売っているような、ミニサイズのみたらし団子にすると良いでしょう。

「水ようかん」

水ようかんに使用されている小豆が、ダイエットの手助けをしてくれます。

小豆には不溶性食物繊維が多く含まれており、体に脂肪として吸収されにくくなっています。

また、普通の羊羹と比べ、水ようかんの方が水分が多いので、その分カロリーが低く、ヘルシーな和スイーツとなっています。

「きな粉」

きなこには食物繊維が多く含まれており、便秘を解消する効果があります。

また、食物繊維が体内の老廃物を体の外に流してくれるので、ダイエットに適していると言えるでしょう。

注意したいのが、きな粉はダイエット向きでも、きな粉餅のように、カロリー・糖質が高いお餅が組み合わせってくると、一気に太るお菓子に変わってしまうということです。

こんなコンビニ和菓子は太りやすい

http://bit.ly/2gwXdLx

「おはぎ」

おはぎはお米や砂糖などがたくさん含まれており、カロリー・糖質が高くなっています。

朝食や昼食として置き換えるのであれば、セーフとも言えますが、和菓子ダイエットは、できるだけおはぎはを控えたほうが良いでしょう。

「ぜんざい」

ぜんざいはあずきを砂糖で煮て、白玉団子を入れたもの。

砂糖を多く使用しているので、和菓子と言えど、高カロリーです。

あんみつはOKですが、ぜんざいはNGと覚えておきましょう。

「どらやき」

どら焼きといえば、和菓子の定番ですよね。

しかし、どら焼きの生地にはハチミツや牛乳、水飴などが使用されているので、必然的にカロリーが高くなってしまいます。

和菓子ダイエット中は、いくら和菓子の定番でも避けるようにしましょう。

ただし、最近ファミリーマートで販売されている、ライザップとコラボした「ライザップどら焼き」は別です。これは低糖質な生地・あんを使用しているので、和菓子ダイエットにもおすすめです。

 

和菓子の種類別のカロリー・糖質は、こちらの記事を参考にしてみてください。

無理なく簡単に痩せたい方は「和菓子ダイエット」を実践してみて

http://bit.ly/2fGGM1C

「和菓子ダイエット」の方法、注意点、効果を高める方法、太る種類・痩せる種類について紹介しました。

辛い食事制限をすることなく、和菓子を食べるだけで美味しくダイエットできるなんて夢のようですよね。

和菓子は、比較的安価で、コンビニやスーパーで買うことができるので、すぐにでも実践しやすいというメリットがあります。

なかなかダイエットが続かなくてお悩みの方は、是非「和菓子ダイエット」をお試しください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集