shutterstock_1080153263

コルセットダイエットは危険?効果と正しいやり方デメリットを徹底調査

驚くほど痩せる!簡単にくびれができる!と口コミで話題の「コルセットダイエット」。実際にコルセットダイエットは成功者の多いダイエット法で、効果も高いと言われていますが、正しいやり方をしないと危険です。コルセットダイエットの正しいやり方、効果、デメリット、危険性について紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コルセットダイエットとは

コルセットは、ドレスを着る際などにドレスの下につけてドレス姿を綺麗に見せていくものですが、最近ではつけているだけでダイエットになると話題になっています。

「2か月で-5kg」や「くびれができた」など良いことを書いている人もいますが、コルセットダイエットは締め付けることになるので、内臓に負担がかかったり、血流やリンパの流れを悪くしてしまう可能性もあります。

コルセットダイエットは楽痩せを期待できますが、デメリットもあるので、そこを理解してやっていかないと後悔することになってしまうでしょう。

今回は、コルセットダイエットについて効果や危険性を紹介していきます。

コルセットダイエットにはデメリットも多くあるので、注意してやっていきましょう。

コルセットダイエットの効果

デメリットもあるコルセットダイエットですが、もちろん良い点も多くあります。

ここではまず、コルセットダイエットに期待できるとされている効果から説明していきます。

くびれができる

くびれができるというところが、コルセットダイエットの大きなメリットでしょう。

肋骨からウエストにかけて引き締めていけると言われているので、骨格を変えてくびれができると言われています。

また、服の下につけておくだけで、スタイルが良く見えるという効果も期待できるので、細く見せたい場面で使うということもできるでしょう。

つけるだけでキツかったパンツも履けるようになるといった人もいます。

「体重が減っていなくてもスタイルが良く見えるようになる」というところもコルセットダイエットの良いところです。

バストアップ効果

肋骨が引きしまるのでバストアップ効果が期待できます。

コルセットをつけて生活をしていってカップ数が2つ上がったという人もいるくらいです。

またコルセットは腰まわりにつけていくことになるので、矯正ブラを一緒に使って、よりバストアップ効果を高めるといったこともできます。

コルセットダイエットでアンダーを細くしていき、矯正ブラやマッサージなどでトップのサイズアップをしていけば、大幅バストアップも夢ではないでしょう。

食欲を抑える

締め付けられている分食欲を抑えることができます。

食事の際につけているとたくさん食べることができないので、痩せていくことができるでしょう。

しかし食欲を抑えられるからと締め付けすぎてしまうと、血流が悪くなり代謝を落としたり、内臓に負担をかけてしまう可能性があるので、やりすぎは良くないでしょう。

家にいるときにつけておくことで、骨格を細くしていくこともでき、食欲も抑えられるので、よりよくダイエットしていくことができます。

姿勢が良くなる

コルセットを着けることで、体がまっすぐになるので、姿勢が良くなると言われています。

姿勢が良くなると、筋肉が正しく使われるようになり、血流が良くなって代謝が良くなるので、痩せやすい体になるでしょう。

また姿勢が良くなるだけでスタイルは良く見えるようになるので、コルセットダイエットで姿勢を良くしていくことで、体重が減らずともスタイルアップしていくことができます。

コルセットダイエットのやり方

ここからはコルセットダイエットの具体的なやり方について紹介していきます。

くびれを作ったりすることはできますが、危険な点もあるので、正しい方法をとって、できるだけデメリットを無くしていきましょう。

自分のウエストより2~3cm細いものを選ぶ

サイズが大きいと締まっていきませんし、コルセットダイエットが進むと、かなり締まっていくので、ちょうどいいサイズを選んでも、すぐにぶかぶかになってしまいます。

締め付けすぎは良くありませんが、調節できるものも多いので、自分のウエストより少し細めなものを選ぶようにしていきましょう。

今のウエストより2~3cm細いコルセットを選んでいき、それが完全に閉じるようになったら、後はキープしていくのが良いです。

小さくてきつくても時間を減らすなどで体への負担は減らしてくことができるので、小さめを買うようにしていくと、効果的にコルセットダイエットをしていけるようになります。

1日3~6時間ほどつける

コルセットダイエットの着ける時間は、3~6時間が良いと言われています。

少なすぎても効果をあまり実感できませんし、長時間着けすぎても内臓に負担をかけてしまう場合があるので、3~6時間が良いでしょう。

始めたては異変を感じたりきつくなったりしやすいので、3時間から始めていくことをおすすめします。

あまり目立たないので、服装によっては外にもつけていけるので、毎日ある程度時間をとって着けるようにすると効果的です。

コルセットダイエットにはデメリットもあるので、異変を感じたらすぐに休んだ方が良いですが、異変を感じない場合、毎日3~6時間を目安につけていくようにしましょう。

コルセットのつけ方

まずサイズの合ったキャミソールなどを着て、その上からコルセットはつけるようにしていきましょう。

直接着けるとかぶれたり、血行が悪くなったりする可能性があるので、注意が必要です。

正しいコルセットのつけ方

  • 1、背中部分のひもを最大限に緩める
  • 2、体に巻いて前面の金属を一つずつ留めていく
  • 3、全部留めたらコルセットが体の中心になるように調整する
  • 4、背中にあるひもをしめていく

色んなタイプのコルセットがありますが、正しい位置で着用することが大切なので、位置をしっかり確認してつけていくようにしましょう。

コルセットダイエットは圧力で引き締めていくものですが、あまり強い圧力をかけると、逆効果になってしまうので、上半身がしっかりまっすぐになって、少し圧力を感じる程度に抑えていくとより良いダイエットができます。

口コミで人気のコルセット

ここではコルセットダイエットをしていくにあたって、口コミで人気のコルセットを紹介していきます。

コルセットダイエットをしていくのであれば、ぜひ使ってみてください。

Burvogue 「アンダーバストコルセットウエストトレーニングニッパーボディシェイパー」

アマゾンでもベストセラーになっている一番人気のコルセットで、コルセットダイエットでくびれを作りバストアップをしたことで有名な「元鈴木さん」という方も推しているコルセットです。

日本人の体に合ったなだらかなラインになっていて、24本のボーンが入っているので、姿勢を矯正してくびれを作っていってくれ、コルセットダイエットの強い味方になってくれるでしょう。

また通気性が良くなっているので、肌にも優しく、比較的暑い時期でも使っていくことができます。

愛用者も多く、コルセットダイエットのスタンダードになっているので、コルセットダイエットを始めるにあたって、まずこれを選べば間違いないです。

SMASH OUT ウエストニッパー

SMASH OUT ウエストニッパーもコルセットダイエットに人気のコルセットで、口コミでも高い評価を得ています。

特徴としてはフックになっていて、6段階に調節できるようになっているので、段階に応じて変えていくことができるのでかなり便利です。

また伸縮性に優れているので、しっかり支えてくれながら、窮屈にはならない状況を作ってくれます。

「締め付け感はそこまで感じないので、小さめを買った方が良いかも」といった口コミも多く、快適にコルセットダイエットをしていけるでしょう。

「コルセットダイエット良さそうだけど、窮屈なのは嫌だな」と思う人はこのSMASH OUT ウエストニッパーがおすすめです。

コルセットダイエットの危険性

コルセットダイエットは締め付けて矯正していくものなので、危険性もあります。

ここではコルセットダイエットの危険性やデメリットを紹介していくので、始める前にしっかり確認してください。

やめると肋骨は戻る

コルセットダイエットの大きな効果は、肋骨が引っ込むことです。

コルセットダイエットでは外側から圧をかけ肋骨を引っ込ませることで、スタイルアップしていけたり、くびれができたり、バストアップしていったりすることができます。

しかし肋骨の位置も一度変えたらずっとそのままというわけではなく、やめるといずれ戻ってしまいます。

姿勢などは良くなって、意識で継続していくこともできますが、肋骨は基本的に戻っていってしまうでしょう。

そのためコルセットダイエットはリバウンドする人も多く、リバウンドしないためには、栄養バランスを良くしたり、運動をしたりという基本的なダイエットも大切になってきます。

筋肉が衰える

コルセットダイエットでは良くも悪くも体を固定をするので、本来使われる筋肉が使われずに衰えるといったデメリットがあります。

お腹周りに巻くことになるので、腹筋や背筋は衰えていってしまうでしょう。

腹筋と背筋が衰えていってしまうと、代謝が落ちたり、正しい姿勢をキープするのが難しくなってしまうので、ダイエットに悪い効果が出てしまいます。

コルセットダイエットを効果的に進めていくには、一緒に腹筋や背筋といったトレーニングをしていくことも必要でしょう。

内臓に負担がかかる

外からの締め付けによって内臓に負担がかかってしまいます。

「内臓なんて体の中なんだから多少締め付けたって問題ないでしょ」と思っているかもしれませんが、内臓付近には大事な血管があり、それを圧迫してしまうので、内臓に負担をかけ、機能を下げてしまう可能性があります。

締め付けると肋骨が引っ込んだり、食欲が少なくなったりと良いこともありますが、内臓に負担をかけてしまうという悪い点もあるんです。

どんなダイエットもそうですが、長時間やりすぎない、締め付けすぎないということが大切になってくるでしょう。

18歳未満は×

18歳未満だと骨や内臓も成長段階にあって、コルセットダイエットで締め付けると、成長を邪魔してしまう場合があります。

成長段階でそういった矯正をやってしまうと、体のバランスがおかしくなったり、体調を崩す可能性もあるでしょう。

コルセットダイエットは、本来難しいくびれ作りを比較的簡単にできるダイエット法ですが、18歳未満にはおすすめできません。

基本的にコルセットダイエットは、しっかり体ができている18歳以上になるまではやらないようにしましょう。

代謝を落とすことも

コルセットダイエットは、締め付けて姿勢を良くしたり、肋骨を引っ込めていくダイエット法ですが、締め付けていると血流やリンパの流れが悪くなり、代謝を落としてしまうこともあります。

過度に締め付けなければ基本大丈夫ですが、効果がなかなか出ない際などは結構きつめにしたくもなってくるので、注意が必要でしょう。

コルセットダイエットで締め付けすぎて血流やリンパの流れを悪くしてしまったら、痩せにくい体になってしまうので、気を付ける必要があります。

慣れてくると、どんどん締め付けていってしまうようになるので、常に気をつけていく必要があるでしょう。

編集部的は「加圧シャツ」がおすすめ

コルセットダイエットは、やり方に気を付けても、体に負担がかかってしまう場合があります。

しかし加圧シャツであればコルセットダイエットと同じような効果を得られ、比較的体に負担をかけずにダイエットしていくことができます。

加圧シャツは一見普通のシャツですが、圧があるシャツになっているので、コルセットダイエットと同じように、姿勢を良くする、くびれを作る、着痩せできるといった効果が期待できるものです。

もともとコルセットはドレスを着るときなどに作られていたので、締め付けが強く、体に負担になってしまう場合もありますが、加圧シャツはサイズさえ合っていれば、体に負担はほとんどかからないでしょう。

やりすぎて体に負担をかけてしまうかもしれないと思う人は、加圧シャツがおすすめです。

コルセットダイエットは注意が必要!

今回は、コルセットダイエットのやり方や人気のコルセットについて紹介しました。

コルセットダイエットは、

  • 姿勢がよくなる
  • くびれができる
  • バストアップできる

などの効果が期待できますが、内臓に負担がかかったりもするので注意が必要です。

同じような効果をデメリット少なく着圧シャツでも得られるので、コルセットダイエットをしようか迷っている人は、着圧シャツも検討してみてください。

自分に合った方法で痩せていき、くびれ作りなどをしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集