shutterstock_356086823

おすすめ男性用着圧ソックス3選!効果が高いメンズ着圧力ソックスは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着圧ソックスには男性用もある?

着圧ソックスといえば、「足痩せを目指す女性のためのもの」という印象を持っている方もいるでしょうが、男性用の着圧ソックスも注目を集めています。

実は最近、「見た目が悪い」、「足のむくみが気になる」など、足痩せをしたいと考えている男性が増えているのです。

それも若い年齢の男性だけでなく、30代や40代の男性の中にも、足の太さに悩んでいる方が多くいます。

また、ダイエット面だけでなく、立ち仕事やスポーツをする方には「疲れの軽減」という面でも使用者が増えているようです。

そこで今回は、オススメのメンズ着圧ソックスを紹介します。

着圧ソックスの効果を高める方法や、注意点もまとめていますので、足痩せダイエットをしたいという男性の方は要チェックです。

メンズの着圧ソックスはこんな時に履く!

メンズの着圧ソックスは家だけでなく、様々な場面で履くことができるので、今回はその一例を挙げてみました。

仕事をする時

仕事中はどうしても立ちっぱなしの姿勢や、座りっぱなしの姿勢になってしまうので、足はむくみやすい状態です。

特に飛行機での移動が多い方は、長時間同じ姿勢をとっているだけでなく、気圧の変化の影響を受けるので、さらに悪化してしまうでしょう。

そこで、スーツで出勤している方は、普段履いているソックスを着圧ソックスにすることで、足痩せダイエットをすることができます。

また、筋肉の疲労回復や疲れの軽減にも高い効果を発揮してくれます。

着圧ソックスはシンプルなデザインのものが多いので、見た目の違和感もなく、1年中履くことが可能です。

また着圧ソックスは冷えの対策にもなるので、全身のダイエット効果も期待できます。

アウトドアスポーツをする時

ゴルフ・釣り・ジョギングなどのアウトドアスポーツをする時でも、男性用の着圧ソックスを履くことで、血液の流れを促進することができます。

すると代謝も上がるので、脚やせ効果だけでなく、脂肪を燃焼しやすい体質になるのです。

また、男性用の着圧ソックスを履くと、足の疲労を軽減することができるので、翌日のだるさを抑えられます。

着圧ソックスの種類によっては、足首から下まであるソックスタイプと、ふくらはぎだけのフットレスタイプもあるので、アウトドアスポーツに合わせて選ぶと良いでしょう。

男性におすすめのメンズ着圧ソックス3選

それではここから、おすすめのメンズ着圧ソックスを紹介します。

シーンに合わせた選び方は、この記事の1番最後にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

1、スリムウォーク「段階圧力ソックス for MEN」

女性用の着圧ソックスでも有名な、スリムウォークシリーズの男性用着圧ソックスです。

ヨーロッパのレッグケアから生まれた「段階圧力設計」を取り入れており、足首はキュッと強めに、ふくらはぎはやや強く圧迫にすることで、足痩せ効果を高めています。

足のサイズも合わせやすく、Mサイズ(24cm~26cm)とLサイズ(25cm~27cm)の他にも、足のサイズを選ばないフットレスタイプが用意されています。

スリムウォークのメンズ着圧ソックスは、吸汗性と通気性にも優れているので、汗で蒸れるのが気になる方にもおすすめです。

2、メディキュット「機能性靴下」

メディキュットシリーズも女性用の着圧ソックスとして知られていて、この「機能性靴下」は男女兼用になっています。

男女兼用だと、自分の足に入るのか心配する方もいるでしょうが、Lサイズならば問題ないようです。

メディキュットの「機能性靴下」は、他の着圧ソックスよりも薄く感じる方が多く、夏でも履きやすいことを評価されていましたが、一方で耐久性を気にする意見もありました。

日本人の体系や足の特徴を分析して作られており、引き締め力は先ほどのスリムウォークよりも強くなっているので、しっかりと圧迫感が欲しいという方にはおすすめです。

3、Roi(ロイ)「俺の着圧 極み」

ビジネスシーンで使う場合は、「俺の着圧 極み」がおすすめです。

この着圧ソックスは5足組で、他のメンズ着圧ソックスと同じくらいの価格なので、コストパフォーマンスの良さが特徴になっています。

また着圧ソックスが1cmきざみでサイズ設計されているため、自分の足に丁度いいものを選べることもポイントです。

Amazonの評価も高く、某有名ホテルの制服の一部にも採用されたことがあるようですが、アウトドア用に開発されていないので、スポーツの時に使うのは控えた方が良いかもしれません。

男性用の着圧ソックスを選ぶ時の注意点

メンズ着圧ソックスを選ぶ時にはいくつかの注意点があり、間違えると足痩せのダイエット効果が現れにくくなるので、購入する前に確認しておきましょう。

女性用の着圧ソックスは使わない

ふくらはぎや足のサイズなどは、女性よりも男性の方がしっかりしているので、女性用の着圧ソックスは、男性にとって少しキツく感じるでしょう。

特に足のサイズが合わない場合が多く、平均的に男性の足のサイズは「25.5cm」とされていますが、女性用だと大きくても「24~25cm」に作られているものがほとんどです。

着圧ソックスは自分の足のサイズに合っていないと、足痩せのダイエット効果は現れないので、女性用の着圧ソックスは使用せず、男女兼用か男性用のものを選びましょう。

着圧ソックスをつけて寝ない

着圧ソックスの中には、寝る時につける種類もあり、昼間に使うものよりも圧力が低くなるように作られています。

今回紹介したメンズ着圧ソックスは、全て昼間に使う用になっているので、つけたまま寝ないようにしてください。

寝ている時は血圧が下がる時間帯で、昼用のメンズ着圧ソックスをつけて寝ると睡眠の質が悪くなってしまい、足痩せには逆効果になります。

また、昼にメンズ着圧ソックスをつけた場合、夜は何もつけないで寝る方が良いでしょう。

足に圧力をかけない時間を作ることも大切で、足を圧迫し続けると筋肉が落ちて、代謝も下がってしまい、痩せにくい体質になってしまいます。

正しい位置で使う

着圧ソックスの多くが、部分ごとに圧力を計算して作られていて、正しい位置で使わないと足痩せできません。

特に運動中は注意が必要で、着圧ソックスの位置がずれると血流が悪くなる原因になり、さらにむくんでしまうこともあるでしょう。

足の部分ごとの圧力は、一般的に足首「20~30hPa」、ふくらはぎ「10~20hPa」、太もも「5~15hPa」が良いとされています(※)。

今回紹介した中で、ロイのメンズ着圧ソックスだけ圧力が表記されていなかったのですが、スリムウォークとメディキュットは、この数値の範囲内でしたので安心してください。

※「hPa」は圧力を表す国際単位です。

メンズ着圧ソックスの脚やせ効果を高める方法

足がむくんだり、太く見えたりする理由は、長時間同じ姿勢を取っていることだけでなく、食生活の乱れも考えられます。

この場合はメンズの着圧ソックスを履くだけでなく、食生活の改善を一緒に行うことで、足痩せ効果を高めましょう。

普段食べるものとしては、ほうれん草など「カリウム」を多く含むんでいる野菜や、コーヒーなど「ポリフェノール」を多く含んでいるものが良いと思います。

またお茶を積極的に飲むようにすると、利尿効果を促すことができるので、よりむくみの解消を期待できるのです。

もし、食生活を改善することが難しいようでしたら、むくみ解消サプリと合わせることもオススメします。

女性向けに紹介されているものが多いかもしれませんが、男性でも飲むことができるので安心してください。

男性もメンズ着圧ソックスを履いて、カッコいいスタイルを手に入れましょう!

今回は、男性用の着圧ソックスについてまとめてみました。

足のむくみや見た目に悩んでいる男性は多いので、「着圧ソックスは女性のもの」というイメージを、少しでも変えることができれば嬉しいです。

今回の記事では、3つのメンズ着圧ソックスを紹介しましたが、ビジネス用なら「ロイ」、スポーツ用なら「スリムウォーク」、夏なら「メディキュット」をオススメします。

メンズ着圧ソックスは、ドラッグストアでも購入することができ、女性用の着圧ソックスと一緒に陳列されているので、自分の足に合ったものを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集