shutterstock_609503609

お風呂ダイエットの効果的な方法は?お腹・足痩せ、小顔効果も!

お風呂ダイエットなら、お風呂に入るだけでダイエットができ、痩せやすい体質を作ることができます。ただし、注意点を守らないと危険な可能性も。今回は、お風呂ダイエットの効果的な方法、効果を高めるバスグッズ、必ず守りたい注意点などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂でダイエットができる?

いつも何気なく入っているお風呂ですが、実はしっかり入浴するだけで痩せることができると言われています。

運動や食事制限は辛くてなかなか続きませんが、お風呂に入るだけなら楽にできて続きそうですよね。

また、お風呂ダイエットでは、カロリーを消費するだけでなく、代謝を上げて痩せやすい体を作ることもできると言われています。

ただし、正しい方法でやらないと、逆効果になったり、肌が荒れてしまったり、体調を崩したりしてしまう場合もあるでしょう。

今回は、楽に痩せたい人のために、お風呂ダイエットの正しい方法、お風呂ダイエットの効果を格段にアップさせるバスグッズ、必ず注意してほしいこと、などを紹介していきます。

お風呂ダイエットは、簡単にできて、痩せ体質になれる方法なので、ぜひチェックしてみてください。

特にお風呂ダイエットがおすすめな人

  • 普段シャワーで済ませている人
  • お湯に浸かっても普通に入るだけの人
  • 代謝が悪いと感じている人
  • 冷え性な人
  • 楽に痩せたいと思っている人

このような人は、特に向いているダイエット法と言えます。

お風呂ダイエットは、コツさえつかめば、1ヶ月で5キロなど大幅ダイエットをしていくことも可能と言われているので、ぜひチャレンジしてみてください。

お風呂がダイエットに効果的と言われている理由

お風呂ダイエットには、美容面に嬉しい効果がたくさんあります。

まずはお風呂ダイエットの効果について5つ紹介していくので、しっかりチェックしてください。

1、代謝を上げることができる

お風呂ダイエットは、代謝が上がるのでダイエットに効果的と言われています。

お風呂にしっかり入ることで、体の深部の体温を上げることができて、代謝が10~20%程上がると言われているからです。

代謝は何もしていないときに消費するカロリーなので、代謝が上がるとそれだけで痩せやすくなり、さらにそこでストレッチなどやっていくとダイエット効果のアップが見込めるでしょう。

2、老廃物を排出できる

お風呂ダイエットは汗をかくことでデトックス効果があり、老廃物をスムーズに排出できるので、痩せていくと言われています。

また人間の老廃物は便からも出ると言われているので、体を温め血流を良くすることで、便通も良くなり、老廃物をより良く排出できるようになるでしょう。

老廃物が体にたまってしまっていると、消化吸収のリズムが悪くなり、肥満の原因になるなど、ダイエットにとってあまり良くありません。

3、ストレスを発散できる

しっかり入浴をしていくことで、副交感神経が優位になり、ストレスを発散できると言われています。

ストレスを溜めることで、食欲が増してしまったり、血流が悪くなってしまうので、ダイエットにも悪い影響を与えてしまうでしょう。

普段の仕事のストレスなどもダイエットには悪い影響を与えてしまうので、ストレスを解消していけるのはダイエットにとって良いことです。

4、血流が良くなり冷え性、むくみなどを解消できる

お風呂ダイエットにより、血流が良くなるので、冷え性やむくみの改善効果が期待できます。

冷え性はスムーズに老廃物が排出されなくなったり、代謝を落としてしまったりしますし、むくみは放置しているとセルライトになってしまうので、どんどん太くなっていってしまうでしょう。

また、お風呂ダイエットで血流が良くなると、筋肉もほぐれるので、筋肉太り解消の効果も期待できます。

お風呂ダイエットでは血流を良くしていくことで、体質改善ができ痩せやすくなるでしょう。

5、カロリーを消費できる

お風呂に入るだけでカロリーを消費すると言われています。

入り方や体質にもよりますが、お風呂ダイエットでは200~300kcal消費すると言われているので、ダイエットに効果的でしょう。

通常であれば、200kcalを消費していくには、おにぎり一個分を我慢するか、30分ほどのランニングが必要になってきます。

痩せるためにはカロリーを消費していくか、カロリー摂取を控えなくてはならないので、お風呂ダイエットは簡単にカロリー消費できるので、良いダイエット法とも言えるでしょう。

ダイエットに効果的なお風呂の入り方(基本編)

ここからお風呂ダイエットの効果的な入り方を紹介していきます。

まずお風呂ダイエットの基本的な方法を紹介していき、その後具体的な入浴法を紹介していくので、順番に見ていってください。

入浴前にコップ一杯水を飲む

入浴前にコップ一杯は最低でも水を飲みましょう。

入浴中も少しずつ飲むのがベストですが、もしお風呂に飲み物を持ち込むのが面倒というのであれば、前後に水分補給をしっかりすることで、水分不足は解決していくことができます。

水分不足は健康面でもダイエット面でも悪影響が出てくるので、しっかり対策をして、起こらないようにしていきましょう。

また、できればマグネシウムが入った硬水の方が、ダイエット面で言うとおすすめです。

お風呂の温度は38~40度

温度も入浴法や体質などによって変わってきますが、「ダイエットにお風呂がよさそう!やってみようかな!」というレベルでは、お風呂の温度は38~40度にしていくのが無難です。

ぬるめの温度にしっかりと入ることによって、体の深部まで温められるようになりますし、体に負担をかけにくいので、38~40度が良いでしょう。

まずは、やりやすく立ち眩みなどしない温度を探していくと、より効果を上げていくことができます。

早く終わらせたいからと温度を43度などかなり高くして、時間を短くしようとしても体の深部まで温まっていない可能性があるので、気をつけましょう。

軽く汗をかく程度は入る

時間も体質によって変わってきますが、体の深部を温める必要があるので、しっかり入ることが大切です。

そして入りすぎも良くないと言われています。

たくさん入れば入るほど体重は減りますが、それは体の水分がなくなっていっているだけなので、あまり意味がないのです。

お風呂ダイエットはあくまで血流を良くしたり、老廃物を流れやすくして痩せていく方法なので、一定時間以上入ると効果は薄くなります。

水分も少なくすればいいということではないので、目安として20分程度、軽く汗をかくくらいにおさめましょう。

ダイエットに効果的な3つの入浴法

ここからは具体的な入浴法について紹介していきます。

お風呂ダイエット初心者は先ほど紹介した基本のやり方だけでも良いのですが、より効果的にお風呂ダイエットをしていきたいという方は、是非試してみてください。

高温反復浴

高温反復浴とは、熱めのお湯に休み休み入ることで、かなりカロリーの消費効果が期待できます。

高温反復浴のやり方

  • 1、ぬるめのシャワーを足からかけ体をお湯に慣らす
  • 2、2.3分シャワーをかけたら42度のお湯に胸のあたりまで1分浸かる
  • 3、慣れてきたら肩まで3分浸かる
  • 4、一度湯船から出て体や髪を洗う
  • 5、再び入浴し方まで3分浸かる
  • 6、また一度湯船から出て休憩をする
  • 7、また肩まで3分浸かる
  • 8、最後に軽くぬるめの水をかけて出る

高温反復浴は、かなりの量の汗をかくことになり、紹介する入浴法の中でカロリーを多く消費できますが、お湯の温度が高く体への負担もあるので、慣れていない人にはおすすめできません。

時間は目安なので、ある程度汗をかくくらい入っていけば、お風呂ダイエットの効果は期待できます。

温冷交代浴

温冷交代浴とは、熱いお湯に入ってすぐに冷たい水を浴びるといったことを繰り返していく入浴法で、より代謝アップ効果が見込めると言われています。

温冷交代浴のやり方

  • 1、ぬるめのシャワーを足からかけ体をお湯に慣らす
  • 2、42度のお湯にゆっくり肩まで2.3分浸かる
  • 3、一度湯船から出て、冷たいシャワーを1.2分浴びる
  • 4、再び42度のお湯に肩まで2.3分浸かる
  • 5、最後に冷たいシャワーを1.2分浴びてお風呂から上がる

熱いお湯と冷たい水を交互に浴びることで、自律神経を刺激し、代謝が良くなっていくのと、最後に冷たい水を浴びることで、熱を体の外に逃がしにくくなると言われています。

熱を逃がしにくくなると、血流が良い状態が続きお風呂ダイエットを効果的にしてくれるでしょう。

ただ紹介している入浴法の中では、体に負担が一番かかるものなので、体調があまり優れないときなどはやめておいた方が良いです。

3、中温半身浴

中温半身浴は、紹介している入浴法の中で一番体に負担がかからない方法なので、普段シャワーで済ませていた人にもおすすめのお風呂ダイエットです。

中温半身浴のやり方

  • 1、ぬるめのシャワーを足からかけて体を慣らす
  • 2、39度のお湯でみぞおちのあたりまで浸かる
  • 3、20~30分ほど浸かってじんわり汗をかいたら出る

お湯がぬるい分時間はかかりますが、体に負担がほぼなく、しっかり体の深部まで温めることができます。

まずお風呂ダイエットをしていくには、「中温半身浴」から始めていくのが良いでしょう。

お風呂ダイエットの効果を高めるグッズ

お風呂ダイエットの効果を高めてくれるグッズもあります。

ここではより良くお風呂ダイエットをしていくために、効果を高めるグッズを紹介していきます。

お風呂で使える着圧レギンス

お風呂ダイエットの効果を上げていくために、着圧レギンスを履いて入るといった方法もおすすめです。

着圧レギンスとは形は普通の靴下のようなもので、圧があるので、足を刺激し細くしていってくれるものとなっています。

やったことない人は違和感を覚えるかもしれませんが、履いてお風呂に入るだけなので、脚やせを重点的にしていきたい人に非常におすすめなグッズです。

レギンスを使った場合、「中温半身浴」が一番おすすめで、脚を引き締めるのはもちろん、脚を圧迫する分全身の血流が良くなっていくでしょう。

短期間やせをしたい人は、ぜひレギンスも取り入れてお風呂ダイエットをしていってください。

サウナスーツ

レギンスは足につけるものですが、サウナスーツは全身を覆うものになっていて、お風呂ダイエットの効果をかなり高めてくれるでしょう。

サウナスーツを着てお風呂ダイエットをしていくと熱を外に逃がしにくくなり、より痩せやすくなると言われています。

サウナスーツ内の温度が高く保たれることで、より良く汗をかくことができ、老廃物を排出していく効果が期待できるでしょう。

特にお風呂ダイエットにおすすめなサウナスーツもこちらで紹介しているので、効果を高めて短期間で痩せていきたい方はぜひチェックしていってください。

発汗作用のある入浴剤

入浴剤でもお風呂ダイエットの効果を高めていくことができます。

入浴剤は肌を滑らかにしたり、いい匂いのリラックス効果だけでなく、発汗作用があるものもあるので、お風呂ダイエットの効果を高めていってくれるでしょう。

お風呂ダイエットでは、汗をかくということが大切なので、発汗作用のある入浴剤を使うことで、よりデトックスが進んでいき痩せていけます。

「効果的にお風呂ダイエットしていきたいけど、何か身に着けてお風呂に入るのは気持ち悪い」という人は発汗作用のある入浴剤がおすすめです。

美肌効果を期待できるものもあるので、綺麗に痩せていくためにぜひ試してみてください。

お風呂ダイエットに効果的なマッサージ

お風呂ダイエットの効果を高める方法と言えば、マッサージです。

お風呂で筋肉がほぐれていて、老廃物が流れやすくなっている時はマッサージの効果が上がるので、ぜひやっていってください。

脚痩せマッサージ

脚は立ちっぱなし座りっぱなしで、普段血液や水分が溜まりやすいので、お風呂ダイエットでマッサージしていくと、より効果をアップさせていくことができます。

脚やせに効果があるマッサージ

  • 1、脚の付け根の衝門という部分を5秒押して5秒離す
  • 2、足首から脚の付け根にかけてさするようにリンパを流す
  • 3、手を軽く指を曲げた状態にして太ももを軽くたたく

膝の後ろと脚の付け根にリンパがあるので、そこに向かってマッサージしていくことで、脚やせをしていくことができます。

入浴中でもお風呂上りでもいいので、マッサージをしていくことで、お風呂ダイエットをより良いものにしていけるでしょう。

小顔マッサージ

血流が良くなっているので顔も痩せやすく、小顔マッサージをすることで顔を小さくしていきやすいでしょう。

美顔器などを使ってもいいですが、今回はクリームなどがあればできる方法を紹介していきます。

小顔マッサージのやり方

  • 1、顔にクリームを塗る
  • 2、指3本でおでこから顔の横を通り鎖骨のリンパまでさする
  • 3、目の周りを指一本で軽く1周させ鎖骨のリンパに流す

小顔マッサージは、細かく色々な方法があるので、動画を参考にしてやってみてください。

鎖骨のリンパが数あるリンパの中でも最終出口と言われていて、しっかり流していくと、老廃物を排出しやすくなるので、しっかりやっていきましょう。

お腹マッサージ

お腹もマッサージしていくことで、くびれができたり、下腹のぽっこりとした脂肪を解消していくことができます。

お腹周りが痩せられれば、かなりスタイルが良く見えるようになるので、ぜひ試してみてください。

お腹マッサージのやり方

  • 1、立った状態で体と顔は正面を向いたままどちらかに上半身をひねる
  • 2、両手を脇腹に置き絞るようにさする
  • 3、次に体勢を戻し両手をお腹の下に置く
  • 4、円を描くようにお腹をさする
  • 5、最後に両手の手のひらでお腹全体を軽くたたく

お風呂上がりにおすすめのダイエットストレッチ

体が硬いと痩せにくくなってしまいますし、お風呂上がりは体が柔らかくなっているので、ストレッチに最適です。

ここではよりお風呂ダイエットの効果を高めるためのお風呂上りのストレッチを紹介していきます。

開脚ストレッチ

体が柔らかくなると、筋肉もがほぐれやすくなったり、血流も良くなりやすく痩せやすい体になっていくことができます。

開脚ストレッチは、体の色々な部分に効いてくるので、まず開脚ストレッチからやってみてください。

開脚ストレッチは基本的に座って脚を伸ばした状態で開き、前や横に倒れていく形になります。

体が硬くてもお風呂上がりにしっかり続けていけば柔らかくなっていきますが、どうしても柔らかくならないという人は上の動画も参考にしてみてください。

足パカ運動

足パカ運動は寝ている状態で足をパカパカさせることで、主に太もも痩せの効果が期待できます。

ちょっとキツイですが、続けていくと脚やせにかなり効果を期待できるので、頑張って続けてみてください。

足パカ運動のやり方

  • 1、仰向けに横になり足を上半身と90度になるように上げる
  • 2、足を伸ばしたまま開けるところまで開き5秒キープ
  • 3、足をゆっくり閉じる

足を上げることでより血流を良くしていくことができるので、お風呂上りに最適でしょう。

サイクリング運動

サイクリング運動は、横になって自転車を漕ぐような動きをしていくことで、お腹周りをすっきりさせていけるエクササイズです。

サイクリング運動のやり方

  • 1、仰向けに横になる
  • 2、足を伸ばしたまま45度くらいまであげる
  • 3、自転車を漕ぐように足をぐるぐる回す

毎日1分ほどやっていけばかなりお腹周りがすっきりして、お風呂ダイエットの効果を高めていってくれるでしょう。

余裕が出てきたら上半身もちょっと浮かしてやっていくようにすると、より効果を上げることができます。

お風呂ダイエットの注意点

お風呂ダイエットは、食事制限や運動をせずに楽痩せしていけるので良いダイエット法ですが、注意点もあります。

ここではお風呂ダイエットの注意点を紹介していくので、始める前にしっかりチェックしてください。

まずは慣れることが大切

お風呂ダイエットは急にやると、めまいなどを起こす可能性が非常に高いです。

普段シャワーなのに、急に高温反復法などをやるとのぼせてしまうでしょう。

普段あまり入浴していない人は、38度くらいの温度でじっくり入るところから始めていくと、お風呂ダイエットをより良く進めていくことができます。

また慣れていても、体質によって体調を崩す可能性はあるので、ちょっとでも異変を感じたらやめるようにしましょう。

水分補給は前後でしっかり

お風呂ダイエットは、水分補給をしっかりしていく必要があります。

水分補給をしないと脱水症状になる可能性もありますし、血液がドロドロになってしまい、老廃物も流れにくくなってしまうでしょう。

お風呂ダイエットはしっかり入浴することで200~300ml汗をかくと言われているので、ちゃんと水分補給していくことは大切です。

冷たい水は体に負担がかかってしまうので、常温の水を少なくとも前後でコップ1杯ずつ飲んでいくのがいいでしょう。

立ち上がる際はゆっくり

お風呂ダイエット最中に急に動くと、立ち眩みが起こったり、倒れてしまうということもあります。

休憩しながら入ったり、出たり入ったりをする際に危ないので、時間を測っていたりしたら、「終わったー!」とすぐに立ち上がりがちですが、動作はゆっくりにしていきましょう。

ケガをしてしまっては体を動かせなくなり、ダイエットをできない状態にもなってしまうので、痛いだけでなく、太っていってもしまいます。

継続的にダイエットしていくためにも、ケガに気を付けてお風呂ダイエットをしていきましょう。

空腹時や食後は避ける

空腹時は血糖値が低くなりがちなので、空腹時に入浴をすると、めまいや立ち眩みなどが起こりやすくなります。

めまいなどを起こすと、入浴を中止しなくてはいけなくなるので、お風呂ダイエットの効果が薄くなってしまいますし、倒れるなどといった場合もあります。

また食後だと、本来胃に集中するはずの血液が分散してしまい、消化不良を起こすため、脂肪としてたまりやすくなってしまいます。

空腹時であれば、せめてアメでもいいので、ちょっとでも何かを口にし、食後にお風呂ダイエットをする際1時間は空けるようにしましょう。

シャワーだけじゃもったいないお風呂ダイエットで楽痩せ!

今回は、お風呂ダイエットの効果的な方法について紹介しました。

お風呂ダイエットは、食事制限も運動もせずに痩せていけるので、比較的簡単に続けていくことができます。

ただ無理をすると、逆効果になったり体調を崩したりしてしまう可能性があるので、正しい方法でやっていってくださいね。

今回紹介したお風呂ダイエットをぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集